登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
六甲山(鬼ヶ島) 鬼ヶ島(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん
  • 日程

    2016年11月26日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ロープウェー駐車場(¥620/1日)

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

ロープウェー駐車場(9:00)…有馬口登山口(9:30)…鬼ヶ島(10:00)…高尾山(10:35)…シュラインロード登山口(11:40)…極楽茶屋(13:00)…ロープウェー駐車場(15:00)


総距離 約17.7km 累積標高差 上り:約1,335m
下り:約1,299m
鬼ヶ島があるというならば、行ってみたいと思うのが男の子だろう。なんてことが言えるのは昭和世代ぐらいでしょうか。この多様化の時代、男らしさなんてのは時代錯誤もいいところ。女々しいなんて言葉は女性軽視の一端です。
そこに山があるから登る。それでいいのです。

とにかく、鬼ヶ島という名前に惹かれて登ることにしました。山の中なのに鬼ヶ島。なかなか謎めく地名です。鬼とは何か。おそらく、排他的社会性生物ヒトの敵となりうるもの、つまり別社会のヒトなのでしょう。山賊の類いや敵対集団、あるいはその地域から追放された者。
悲しき歴史が秘められているのかもしれません。

さて、登山口はいつもの有馬温泉駅ではなく、一つ隣の有馬口駅付近。仕方ない。歩きますか。帰路を考慮して、車を停めたロープウェーの駐車場から歩きます。思いの外、遠いじゃないですか。30分かかりましたよ。しかも検討をつけていた高速道路入口付近の登山道入口は、道が道ではなくなっていました。自然に戻っておられて…。輝く朝日の中、自然の治癒力を目の当たりにしました。

結局有馬口まで行き、そこからいざ行かん、鬼ヶ島。登山道に構えられたゲートが何かを物語るようです。すっと通り抜け、鬼ヶ島への分岐へ。お手製の標識やらテープやら目印盛り沢山です。で、いきなり道のような道でないような。全てを埋め尽くす落ち葉がさらにルートをわかりにくくしています。登山道も何もない山を登っている感覚です。そういえば子供の頃の裏山はこんな感じだったような気がしますが、記憶もあてになりません。

しばらく登ると第一登山者発見。おじさま曰く、道がわからなくてしばらくウロウロしていたそう。たしかに。それでもその後、道に落ち葉もとどまれないほどに急坂になりだしてからは迷うこともありません。

鬼ヶ島の前にマザーツリーと呼ばれる立派な大木があるそうです。どんなものかワクワクしていると、それらしき木が。でも、それほど大したことない。こんなものかとスルーしていくと、今見た木とは比べ物にならないほど威容を誇る大樹が。さっきの木、間違えて申し訳ない。まだまだこれからなのですね。ちーままツリーと名付けよう。

マザーツリーに敬意を払い、そそくさとそのそばをすり抜けてしばらくいくと、そこはもう鬼ヶ島。岩山のてっぺんで、子供たちの隠れ家のような感じでしょうか。大きな鬼は住めそうにありません。
ここで今日の目的はすんなり達成です。あとは周回コースを回って帰りましょう。ここからが8割ぐらいあるのですが。

鬼ヶ島を下りそして上り、今度はさらに狭い岩山のてっぺん。水無山の表記が。岩の上に松が生えています。そんなとこに水はなさそうですが、何処か岩の割れ目にでも根を張っているのでしょう。Viva, 自然の生命力。
空が綺麗な写真はこの水無山からのもの。外界の山々が美しい…、自然破壊の跡がなければ。

そして次の山は、高尾山。山系メディアではよくお見かけする山の名前。ですが、ここは裏六甲。同じような名前の山はよくありますね。とりあえず、高尾山は登ったことあると言いふらしておきましょう。

ここからは谷に沿ってひたすら下ります。泣く子も黙る仏谷。アプリの地図上ではルートが途切れています。大丈夫なのか…。もしや引き返さなくてはならないのかと、ドキドキしながら笹薮に分け入っていきます。熊も猪も出ないでね。

問題の箇所は一見すると通れません。倒木やら落石やら。マジか…、と思いつつ、近づいてみると、何ということでしょう。目印テープが張ってあるではありませんか。すり抜けるようにして木や草や岩の間を通っていきます。

仏谷はかなり荒れ模様でした。数年前の台風の影響でしょうか。土砂崩れのあとも。倒木を乗り越えたりくぐったり。アクロバティックな動きが要求されます。ちょっと楽しいかもと調子に乗っていると瓦礫で滑って尻餅をつきました。倒木をくぐり抜けたと思ったら、帽子のつばで見えていなかったもう一本の倒木で頭を打ちました。しゃがんだつもりが足りずに、ザックが倒木に引っかかりました。皆様ご用心を。

下山の有馬三山はやはりけっこうハードです。下りが長すぎて腿に来ました。かと思うと、湯槽谷山への上りはなかなかのものがあります。コイツはまたトライしなければと思う今日この頃です。でもそれはまた今度。

登山中の画像
登山画像
仏谷の苔
登山画像
鬼ヶ島付近
登山画像
マザーツリー(鬼ヶ島付近)
登山画像
水無山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、メモ帳・筆記用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...