登山記録詳細

雪山登山
参考になった 6
蠑螺ヶ岳から西方ヶ岳の縦走_先輩登山家を囲んで 蠑螺ヶ岳、西方ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年3月26日(日)

  • パーティ

    8人 (Yamakaeru さん 、ほか7名)

  • 登山口へのアクセス


    その他:06:50、常宮神社に車を停める。西方ヶ岳に登る場合はここがスタートとなる。
    今回は、蠑螺(さざえ)ヶ岳から西方ヶ岳への縦走なので、バスに乗り換えて蠑螺ヶ岳の登山口、浦底へ向かう。バスは常宮神社前に7:20。200円(大人、H29.03.26現在)

  • 天候

    曇天
    [2017年03月26日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浦底バス停(‏‎7:40)・・・浦底登山口・・・長命水(08:34)・・・蠑螺ヶ岳山頂(09:32)・・・カモシカ台分岐・・・カモシカ台(10:23)・・・カモシカ台分岐・・・西方ヶ岳・山頂(11:05)(昼食~12:31)・・・オウム岩(13:00)・・・銀命水(13:11)・・・奥の院展望所(13:35)・・・常宮神社‏‎(14:00)


総距離 約9.9km 累積標高差 上り:約1,103m
下り:約1,149m
今日はお世話になった先輩登山家が地元に帰られるとのことで、その方を囲んで山仲間と記念登山を行ってきました。
せっかくなので楽しい登山と宴会を楽しみたいということで、①景観がいいところ、②縦走が楽しめるところ、③天候が崩れた場合でも宴会ができる山小屋があるところ、の条件から、敦賀三山のひとつ西方ヶ岳を蠑螺(さざえ)ヶ岳から縦走するコースとした。

常宮神社に車を停めて、立石行のバスで浦底まで移動。縦走する彩はこのバスが一番便利だ。
登山口付近はすっかり雪も解けきっているものの、長命水まで来るとちらほらと残雪がでてきた。急な登坂を終え峰にたどり着く。ここから縦走。ここまで来ると登山道もほぼ雪の下になっていた。春らしく霞で遠くがぼんやりしているものの、敦賀湾内やその向こうに見える山々がとても綺麗だった。ここの縦走は敦賀湾内だけではなく、敦賀半島の先端や美浜の方までをぐるりと見渡せるビューポイントが沢山ある。特にお勧めしたいのはカモシカ台。遠くから見ると山小屋かと思うほど大きくテーブルの様な特徴的な岩。分岐からいったん下がって登らなければならないためつい通り過ぎてしまいがちだが、実際には数分でたどり着くのでぜひ立ち寄ることをお勧めしたい。

西方に入ると更に雪の量が増した。全面雪に変わり、積雪も30~50cm。でも、全行程を通して、わりとしまっていたので、終始、ワカンやアイゼンの必要性は感じなかった(降りはオウム岩手前まではしっかり残雪あり)。

真っ白な雪面に映える小さな黄色の花をつけた枝があった。マンサク。早春に咲くことから、「まず咲く」の東北弁「 まんずさく」が語源だと教えてもらった。

西方ヶ岳の山頂で、宴会を開始。思いおもいに持ってきた食材を使っての料理とメインは塩出汁ベースの鍋。また、本日の主役の方が、郷土料理として、焼いたお餅に納豆と鮭を添えた不思議なものを作ってくれた。想像しがたかったが、意外によく合って癖になる味だった。凍える体温を、笑い声がつなぐ会話と香り豊かなスープが身体の芯から温めてくれる。山飯はそれだけでも美味しいが、こうやって仲間で囲むと一層美味しさが増す。実に思い出に残る縦走と鍋パーティーでした。

去られる先輩登山家も、我々も山屋である以上、どこかの山でまた会えることでしょう。
その時はまた楽しく歩きたいものです。

登山中の画像
登山画像
穏やかな敦賀湾とその先の山々。
登山画像
栄螺の山頂。まだ残雪がしっかりと残っています。
登山画像
海と平行に延びる栄螺から西方への縦走路。カモ…
登山画像
カモシカ台。とても大きい。なんとなく象に見え…
登山画像
西方はさらに雪がぐっと深くなっていました。
登山画像
さて、宴会です。 :)味噌だれの鶏肉。これが…
登山画像
今日の主役の方の郷土料理?焼いたお餅を延ばし…
登山画像
塩ベースの鍋。あったたまるねー。そこへ蕎麦団…
登山画像
下山して常宮神社の道を駐車場へ。種類の異なる…
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    次は野坂岳までですね(◎^^◎)ありがとうございました♪

  • Yamakaeru さん
    美味しい鍋をありがとう。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?