登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
蠑螺ヶ岳から西方ヶ岳の縦走_先輩登山家を囲んで 蠑螺ヶ岳、西方ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年3月26日(日)

  • パーティ

    8人 (Yamakaeru さん 、ほか7名)

  • 登山口へのアクセス


    その他:06:50、常宮神社に車を停める。西方ヶ岳に登る場合はここがスタートとなる。
    今回は、蠑螺(さざえ)ヶ岳から西方ヶ岳への縦走なので、バスに乗り換えて蠑螺ヶ岳の登山口、浦底へ向かう。バスは常宮神社前に7:20。200円(大人、H29.03.26現在)

  • 天候

    曇天
    [2017年03月26日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浦底バス停(‏‎7:40)・・・浦底登山口・・・長命水(08:34)・・・蠑螺ヶ岳山頂(09:32)・・・カモシカ台分岐・・・カモシカ台(10:23)・・・カモシカ台分岐・・・西方ヶ岳・山頂(11:05)(昼食~12:31)・・・オウム岩(13:00)・・・銀命水(13:11)・・・奥の院展望所(13:35)・・・常宮神社‏‎(14:00)


総距離 約9.9km 累積標高差 上り:約1,103m
下り:約1,149m
今日はお世話になった先輩登山家が地元に帰られるとのことで、その方を囲んで山仲間と記念登山を行ってきました。
せっかくなので楽しい登山と宴会を楽しみたいということで、①景観がいいところ、②縦走が楽しめるところ、③天候が崩れた場合でも宴会ができる山小屋があるところ、の条件から、敦賀三山のひとつ西方ヶ岳を蠑螺(さざえ)ヶ岳から縦走するコースとした。

常宮神社に車を停めて、立石行のバスで浦底まで移動。縦走する彩はこのバスが一番便利だ。
登山口付近はすっかり雪も解けきっているものの、長命水まで来るとちらほらと残雪がでてきた。急な登坂を終え峰にたどり着く。ここから縦走。ここまで来ると登山道もほぼ雪の下になっていた。春らしく霞で遠くがぼんやりしているものの、敦賀湾内やその向こうに見える山々がとても綺麗だった。ここの縦走は敦賀湾内だけではなく、敦賀半島の先端や美浜の方までをぐるりと見渡せるビューポイントが沢山ある。特にお勧めしたいのはカモシカ台。遠くから見ると山小屋かと思うほど大きくテーブルの様な特徴的な岩。分岐からいったん下がって登らなければならないためつい通り過ぎてしまいがちだが、実際には数分でたどり着くのでぜひ立ち寄ることをお勧めしたい。

西方に入ると更に雪の量が増した。全面雪に変わり、積雪も30~50cm。でも、全行程を通して、わりとしまっていたので、終始、ワカンやアイゼンの必要性は感じなかった(降りはオウム岩手前まではしっかり残雪あり)。

真っ白な雪面に映える小さな黄色の花をつけた枝があった。マンサク。早春に咲くことから、「まず咲く」の東北弁「 まんずさく」が語源だと教えてもらった。

西方ヶ岳の山頂で、宴会を開始。思いおもいに持ってきた食材を使っての料理とメインは塩出汁ベースの鍋。また、本日の主役の方が、郷土料理として、焼いたお餅に納豆と鮭を添えた不思議なものを作ってくれた。想像しがたかったが、意外によく合って癖になる味だった。凍える体温を、笑い声がつなぐ会話と香り豊かなスープが身体の芯から温めてくれる。山飯はそれだけでも美味しいが、こうやって仲間で囲むと一層美味しさが増す。実に思い出に残る縦走と鍋パーティーでした。

去られる先輩登山家も、我々も山屋である以上、どこかの山でまた会えることでしょう。
その時はまた楽しく歩きたいものです。

登山中の画像
登山画像
穏やかな敦賀湾とその先の山々。
登山画像
栄螺の山頂。まだ残雪がしっかりと残っています。
登山画像
海と平行に延びる栄螺から西方への縦走路。カモ…
登山画像
カモシカ台。とても大きい。なんとなく象に見え…
登山画像
西方はさらに雪がぐっと深くなっていました。
登山画像
さて、宴会です。 :)味噌だれの鶏肉。これが…
登山画像
今日の主役の方の郷土料理?焼いたお餅を延ばし…
登山画像
塩ベースの鍋。あったたまるねー。そこへ蕎麦団…
登山画像
下山して常宮神社の道を駐車場へ。種類の異なる…
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    次は野坂岳までですね(◎^^◎)ありがとうございました♪

  • Yamakaeru さん
    美味しい鍋をありがとう。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...