登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
稲包山スキー登山 稲包山(上信越)
img

記録したユーザー

1357 さん
  • 日程

    2017年4月15日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:苗場スキー場の奥へ入り、除雪終了地点に車を停めて眠る。

  • 天候

    晴後曇、山頂で休んでいると雨雲が迫り雨が降り始める。しばらく小雨模様になるが、2時間ほど経つと、次第に太陽が顔を出すようになる。
    [2017年04月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

左岸(915m、6:15)林道終点(1,155m、7:40)ゲレンデ(1,315、8:35)渡渉点(1,275m、8:40)国境稜線(1,455m、9:45~55)p1,550(10:30)小稲包山(1,575m、10:50)稲包山(1,598m、11:15~35)スキーデポ(1,455m、12:25~45)渡渉点(1,275m、13:05)ゲレンデ(1,315m、13:20~30)林道(1,155m、13:40)除雪終了点(915m、13:55)


総距離 約14.2km 累積標高差 上り:約856m
下り:約856m
 旧三国スキー場への国道353号線は70㎝程の雪に覆われ、スノーバイクのキャタの跡があり、車道終点の開けた所から細い林道に入ってもトレースが続いている。
 沢沿いに高度を上げると右手にゲレンデが現れ、大雪原で休憩してから渡渉点の標高目指して下り気味に山肌を巻いて行く。
 沢の出合の数m上流で雪面を右岸へ渡り、数m上がった岳樺の木に紅茶や不要な物をデポする。
 左俣沿いに高度を上げて標高が1,400mを超えた付近から右岸斜面に取付いてジグザグに高度を上げ、雪庇の切れた標高1,425m地点でp1,500の北尾根へ上がり、東面をトラバースして1,449m鞍部を目指す。
 分水嶺に出た所でスキーを脱いでデポし、壺足で稲包山頂を目指す。気温が高く雪は緩みがちで、夏道沿いには雪が潜って歩き難く、潜り難い雪(汚れている)を追って歩く。
 p1,550に登ると道標の立つ小稲包が望まれて、気力を振り絞って前進するが、稲包山頂へはもう1回下ってから登り直さなければならない。
 山頂への最後の30mに掛かるとアイゼンの跡(昨日の物だ!)が現れるが、30~40㎝も潜って残り少ない体力を消耗させられる。この単独者は、山頂北のp1,500から東へ伸びてムタコ沢二俣へ落ちる尾根をピストンしたものと思われる。取付点から早朝のクラスとした雪稜をアイゼンで登ったと想像し、「やるじゃない!」と感心する。
 疲労が大きく、山頂でゆっくりしたいと思うものの、北西方面から雨雲が迫って、雨が降っているのが見える。登りが幾らも無いのでずぶ濡れになっても生還できるとは思うが、「長居は無用だ」と数十年振りに接する上ノ間山~大黒山の眺めを写真に収めて、程々にして稲包山頂に別れを告げる。
 スキーデポに戻ってから斜滑降を楽しんで渡渉点へ降り、ゲレンデへ上がって大休止してシールを外していると、スノーモービルがけたたましいエンジン音を響かせて上がって来る。
 ゲレンデの滑降を楽しんで林道終点へ降り、SMのキャタの跡に乗って車道を滑降し、無手勝流で車まで戻る。(登り140分に対し下り25分)

登山中の画像
登山画像
筍山と苗場スキー場
登山画像
平標西尾根
登山画像
渡渉点
登山画像
分水嶺の国境稜線
登山画像
稜線の夏道
登山画像
p1,550から小稲包山
登山画像
稲包山への最後の登り
登山画像
稲包山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、サブザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、テーピングテープ、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、ピトン、ハーケン
【その他】 山スキー、シール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

1357さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    和田小屋は休業中。小屋前のヤナギランが咲き始めました。神楽ヶ峰付近の稜線沿いでは、ホソバコゴメグサが咲き群れています
    20年08月04日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

1357 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...