登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
シャクナゲに染まる富士写ヶ岳~小倉谷山~火燈山周遊 富士写ヶ岳、小倉谷山、火燈山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年5月7日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:福井県坂井市からであればR364で我谷ダムを目指す。ダムのところを右折して直ぐにある赤いつり橋が登山口への道。駐車場はその少し先。路上駐車を含めて30台程度。ただし、直ぐにいっぱいになるため遅くとも7時代には到着していたい。トイレ無し。
    逆コース、もしくは大内コースで富士写ヶ岳を目指す場合は、R364で丸岡山中温泉トンネルを抜けて直ぐの道を右に入って進むと駐車場あり。同じく路駐含め30台程度。奥にはトイレあり。

  • 天候

    快晴(黄砂で遠方は霞んでいた)

この登山記録の行程

我谷ダム登山口駐車場(07:57)・・・我谷吊橋(07:58)・・・我谷コース登山口(08:04)・・・送電線鉄塔(08:20)・・・枯淵コース合流点(09:16)・・・富士写ヶ岳(09:18)・・・不惑新道・・・小倉谷山(10:21)・・・火燈山(10:32)・・・火燈古道・・・送電線鉄塔(11:03)・・・大内峠(11:14)・・・火燈登山口(11:17)・・・R364・・・我谷ダム登山口駐車場(12:07)


総距離 約14.5km 累積標高差 上り:約1,514m
下り:約1,517m
以前、6月に登る山なら夜叉ヶ池を真っ先にあげると書いたことがある。
3月の福寿草のシーズンであれば、藤原岳というように季節に応じたお気に入りがある。
5月のとりわけGW中のお気に入りはここ富士写ヶ岳。
なぜお気に入りかというと、3つの理由がある。1つ目はこのシーズンに登る理由として、富士写ヶ岳はシャクナゲで有名な山田。GW前後になるとシャクナゲがそこらじゅうで綺麗に咲き誇る。個人的にここ以上にシャクナゲに染まる山を見たことがない。シャクナゲはタケノコのように隔年で当たり年の表年と裏年が交互にやってくる。今年のシャクナゲは特に見事なようだ。2つ目は深田久弥が最初に登った山として有名な山である。なにをもって最初の山というのかは知らないが、百名山に続く入り口の山として、もんじゅ山と同じ深田久弥にとって思い入れがある山と言える。そんな山を登らずして百名山は語れない。。。そんなことはないが。:)
最後に、3つ目は、とにかくバランスのとれた急登の山と個人的に評価している。あちこちにロープが張ってあって、粘土質の斜面は滑りやすく少々注意が必要だが、結構な頻度で急登が出現する。バランスがいいというのは、急登だけではなく、視界の開けた尾根の縦走ルートがあったりと変化に富んでいる。気持ちよく汗をかくには最高の山だ。

さて、今回は、我谷コースから富士写ヶ岳~小倉谷山~火燈山を巡るコースとした。
登山開始早々、ミツバツツジを見つける。ミツバツツジというと南木曽町のつつじ園を思い起こす。きっとこの時期、山一面に咲いていることだろう。大好きな春の花の一つだ。
鉄塔を過ぎてほどなくして、シャクナゲを見つける。写真をパシャパシャと撮り始めるが、その後、溢れんばかりのシャクナゲが続くので、まずはゆっくり愛でながら登ることにした。若干、後半になっているような気がするが、まだまだ見頃前回で、淡いピンクや、赤、そして純白と、少しづつ装いを変えたシャクナゲが山道を埋め尽くしている。先週末はまだ早かったそうだ。思っていた以上にナイスなタイミングを引き当てたのかも知れない。

富士写ヶ岳の山頂で、深田久弥に挨拶をして、小倉谷山、火燈山へ向かう。道中も富士写ヶ岳の登りに負けないくらいのシャクナゲが群生していた。新緑にタムシバの白。そしてシャクナゲの淡いピンク。爽やかな風も吹けば、足も軽やかです。
GW最後の日の過ごし方としては最高でした。

ちなみに今回の逆コースの方が、急登という意味ではしんどいと思います。一度挑戦してみてください。 :)

登山中の画像
登山画像
我谷ダムの駐車場です。すでにいっぱい。
登山画像
この橋を渡るのが好きでこっちのコースを選んで…
登山画像
さっそく綺麗なツツジ。
登山画像
線香花火みたい。
登山画像
あーもっと花の名前を覚えたい。
登山画像
椿もまだ綺麗な花が残っていました。
登山画像
淡いピンクのシャクナゲ。
登山画像
こちらは更に淡いピンク。
登山画像
純白。。。
登山画像
蕾もいっぱい。
登山画像
イワウチワが群生していました。花の絨毯。
登山画像
山頂に着きました。
登山画像
カッコいいモニュメントです。
登山画像
紫もいいですね。
登山画像
緑とよく映えます。
登山画像
道中、振り返って。シャクナゲと富士写ヶ岳。
登山画像
タムシバの白さがさらに際立っています。
登山画像
小倉谷山に着きました。
登山画像
一気に火燈山へ。
登山画像
ミツバツツジも綺麗ですね。
登山画像
古道の峠って感じです。ここまで来たら下山し板…
登山画像
火燈山登山口の駐車場です。路駐もいっぱいでし…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    いい山をご存じですね。

  • Yamakaeru さん
    内緒です。(^-^)
    嘘です。加賀三山の1つです。超有名。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2021年1月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...