登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
シャクナゲとブナの新緑溢れる富士写ヶ岳(富士写ヶ岳~小倉谷山~火燈山周遊) 富士写ヶ岳、小倉谷山、火燈山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2018年5月5日(土)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:福井県坂井市からであればR364で我谷ダムを目指す。ダムのところを右折して直ぐにある赤いつり橋が登山口への道。駐車場はその少し先。路上駐車を含めて30台程度。ただし、直ぐにいっぱいになるため遅くとも7時代には到着していたい。トイレ無し。
    逆コース、もしくは大内コースで富士写ヶ岳を目指す場合は、R364で丸岡山中温泉トンネルを抜けて直ぐの道を右に入って進むと駐車場あり。同じく路駐含め30台程度。奥にはトイレあり。

  • 天候

    晴れ
    [2018年05月05日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

我谷ダム登山口駐車場(06:40)・・・我谷吊橋(06:42)・・・我谷コース登山口(06:46)・・・送電線鉄塔・・・枯淵コース合流点・・・前山(山恋の碑)(08:28)・・・・枯淵コース合流点(08:42)・・・富士写ヶ岳(08:44)・・・不惑新道・・・小倉谷山(10:10)・・・火燈山(10:31)(昼食~11:10)・・・火燈古道・・・送電線鉄塔(11:49)・・・大内峠(12:05)・・・火燈登山口・白山神社(12:09)・・・R364・・・我谷ダム登山口駐車場(13:09)


総距離 約14.3km 累積標高差 上り:約1,424m
下り:約1,427m
GW前半戦に行った雪山の興奮冷めやらぬ、という事でGW後半戦は白山に行こうと盛り上がったが、ギリギリでそれよりも春山がいいとの意見から急きょ行き先を変更。どうせ行くならこの時期ベストな花の山として、シャクナゲで有名な富士写ヶ岳を選んだ。ただ、心配なのは今年は例年より1、2週間、花の開花が早いので、もう終わりかけかもしれない。加えて、シャクナゲには表と裏の年があり、今年は残念ながら裏年にあたる。そういう意味では一層少ない可能性があるが、できれば初めて登る仲間にも、富士写ヶ岳の素晴らしいシャクナゲを堪能してもらいたいと望みをかけて山へ向かう。
まずは、我谷ダムにある登山口駐車場へ車を停める。我谷ダム登山口からのコースは、なんと言っても最初に赤い大きな吊り橋を渡って山に入っていく、その雰囲気が気に入っている。
登山口は、ダム湖を渡ってすぐのところにある。さぁ、登りますかと意気込んだ登山者に挑戦するかのような急な登山道が待ち構えている。富士写ヶ岳は、基本、どこから登っても急登が多く、粘土質で滑りやすい場所が多いので、人気は高いもののそれなりの心づもりをして登ることをお勧めする。ただ、その中でも我谷ダム登山口からは、登山道も比較的よく整備されていて、個人的には好きなルートだ。
登り始めると、淡いピンクのミツバツツジが出迎えてくれた。花が新緑によく映えている。
どんどん高度を上げていく。徐々に登山道脇にもシャクナゲの葉が見られるようになってきたが、いつもであれば標高の1/3くらい登れば花もチラホラ見えるはずなのに、今日は葉っぱが広がっているだけ。やはり花の時期はもう過ぎ去ってしまったのだろうか。不安になりながらも、高度を上げればまだ少しは咲いているのでは?と僅かな期待を残しつつ登っていく。
富士写ヶ岳は、シャクナゲだけではなく、ブナ林としても十分綺麗な山だと思う。今日は文字通りの五月晴れ。新緑のブナ林の中を爽やかな風が吹き抜けていく。急登でかいた汗もクールダウン出来て嬉しい。
ついに待ちにまった第一声が上がる。「あっ、あった!」。見ると、足元にピンクの可愛らしい花が咲いていた。シャクナゲ第一号だ。こんなに鮮やかなのに、声がなければ見落としていた。誰よりも早く見つけようと欲を出していたのがいけなかったのだろうか。心清く登らねばと反省。
一輪を見つけると、そこからはあちこちでシャクナゲの花が見られるようになってきた。淡いピンクや赤に近いもの。反対に真っ白なものまである。
山頂手前の分岐に出る。枯淵コース合流点となっていて、山頂へは右に進むが、ここは一旦、左の枯淵コースの方へと進む。実はこの富士写ヶ岳は、かの日本百名山で有名な深田久弥所縁の山で、左側に進んだ先にある前山には、深田直筆の句碑「山恋の碑」が設置されている。白山をバックに深田の句を目の前にすると、山をやる者としては感慨深いものがある。句碑まではそんなに遠くないため、ファンの人もそうでない人も是非一度は訪れて欲しいものだ。
さて、再び、分岐まで戻り今度は山頂を目指す。こちらも前山同様、距離はなく直ぐにたどり着く。人気の山だけあって、山頂では大勢の人が休憩していた。
昼食にはまだまだ早いので、次の山、小倉谷山を目指す。登山道が分かりづらいが、「不惑の道」(不惑新道コース)と書かれた看板を目印に進む。なぜ故に?不惑??。
不惑新道コースも実によいコースで、富士写ヶ岳から小倉谷山にかけて、これまで以上にシャクナゲが群生していて、例年シーズンともなれば、登山道の両脇が延々と花道になる素敵なコースだ。ただし、コルまでのギャップが大きく結構な勢いでアップ・ダウンを繰り返すため、それなりの体力と覚悟を以て挑んだほうがよい。
小倉谷山に到着。位置的にはあまり変わらないはずなのに、富士写ヶ岳よりも白山が大きく見えた。不思議だ。また、近くにはたけくらべの2つの頂きも見える。その手前の方の頂には小屋も小さく見てとれる。
続いて火燈山を目指す。ひともしやまとは、なんとも可愛らしい名前だ。なんでも山伏が修行で火をたいたことから由来するらしい。山頂へは、下りの道を15分程度で到着。ここで、ようやく昼食をとる。福井平野や海がよく見渡せる。
ここから先は火燈古道を使って一気に降る。途中、ロープが整備されているものの、滑りやすい箇所が多々あり、注意が必要。鉄塔を過ぎると右に巻くように進む。左下に車道が見えたら、もうゴールは近い。数分で大内峠。そこから斜面を降ると火燈登山口の起点となる白山神社へ到着する。こちら側は、大内コースの登山口も近くにあるため、道路脇へ溢れる程、結構な登山者が車を停めている。駐車場には綺麗な仮設トイレもあるので、女性には安心かも知れない。
さて、あとは延々、車道を歩き、車のところまで戻る。ダム湖に移った富士写ヶ岳を眺め、今日の行程を振り返る。シャクナゲは全盛ではなかったものの、十分、楽しめたよい登山だった。
ちなみに、登山後の温泉は、山中温泉にあるゆけむり健康村がおすすめ。

登山中の画像
登山画像
このつり橋がいいんです。気分盛り上がりますね。
登山画像
登山口に到着。さあ、ここからが勝負!!
登山画像
オレンジの花って、春には珍しい色ですよね。
登山画像
白に。
登山画像
黄色。
登山画像
赤のアクセント。
登山画像
花は一杯あるのに、、、おーーーい、シャクナゲ…
登山画像
アダムとイブ?ここは経ヶ岳か?
登山画像
こちらのアダムとイブはサルスベリと合体ですね。
登山画像
あったー!!
登山画像
白い花も綺麗。
登山画像
シャクナゲだけではないんです。ブナ林としても…
登山画像
いっぱい写真を撮ります。
登山画像
でも、全盛期はこんなもんじゃないんです。
登山画像
タムシバの白い花が青空に際立ちますね。
登山画像
可愛いチゴユリ。
登山画像
深田久弥の句碑です。
登山画像
山頂にも記念碑が建てられています。
登山画像
見とれますね。
登山画像
もう一枚。
登山画像
この花なんだっけかなあ。
登山画像
おっ、車道が見えました。ゴールも近し。
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    やはり登り返しは出来なかったですかね・・・。

  • Yamakaeru さん
    あの車道を歩くことを考えたら登り返しが良かったかも知れないけどね。(^-^)

  • kuroneko さん
    新緑のブナ林と沢山の花綺麗です、
    最後の花はツクバネウツギかな?

  • Yamakaeru さん
    Kuronekoさん、有り難うございます。ツクバネウツギですね。あースッキリしました。北陸の山にもお越しください(^-^)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?