ヤマケイオンライン ニュース

山の様子がよくわかる!地球環境研究センターが高山帯のモニタリング結果を配信中

2016年06月17日(金)

 国立環境研究所地球環境センターでは、高山帯における温暖化の影響を把握するため、2011年から国内の中部山岳地域を中心に定点撮影によるモニタリングを行ってきた。このたび、この高山帯モニタリングのモバイルサイトがオープン。

 山の現状や1時間おきに撮影された当日の画像をスマートフォンなどから簡単に見ることができるため、山での行動に役立つ情報が得られる。さらにPCサイトでは、見たい年月日や時間の画像をさかのぼって検索することも可能であり、年による融雪や紅葉の状況を見比べることもできる。このような記録は非常に貴重であり、今後の地球温暖化の影響を評価するツールとして期待されている。現段階では、利尻山と中部山岳地域が中心だが、今後観測エリアを増やしていく予定とのこと。

 

■地球環境研究センター高山帯モニタリングサイト

PCサイト: http://db.cger.nies.go.jp/gem/ja/mountain/
モバイルサイト: http://db.cger.nies.go.jp/gem/ja/mountain-mobile/


モバイルサイトトップ(左)と、実際にのモニタリングページ(右)
雪の状況などがよくわかるので、安全登山にも役立ちそうだ。

■お問い合わせ

国立研究開発法人 国立環境研究所
〒305-8506茨城県つくば市小野川16-2
http://www.cger.nies.go.jp/ja/

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?