ヤマケイオンライン ニュース

大雨による主要登山道に対する影響まとめ、2018年7月9日現在

2018年07月09日(月)

2018年6月下旬に接近した台風7号および、その後に続いている集中豪雨により、登山道に関する影響が一部で発生している。

現時点で確認されているのは以下の通り。以下の山域以外でも、入山の際は確認のこと。

 

■御嶽山(岐阜県側)

6月27日夜からの集中豪雨により県道441号は路肩崩壊などが発生しているため通行止め、現時点では復旧のめどはたっていない。濁河温泉へは県道435号(高山市久々野町から濁河温泉口)を利用して行くことは可能。観光宿泊者への影響はない。

ただし、豪雨により登山道の仙人橋が崩壊、濁河温泉登山口から五の池小屋までは通行止め。安全が確保されるまでは通行止めの予定。

⇒詳細は岐阜県下呂市のホームページで

 

■南アルプス塩見岳

南アルプス塩見岳への登山口、長野県下伊那郡大鹿村の以下の箇所では大雨による土砂崩れで一部ルートが通行止めとなっている。

鳥倉ルート・・・鳥倉林道にて土砂流出のため通行不可

塩川ルート・・・塩川小屋手前の村道にて崩落のため通行不可

⇒詳細は長野県下伊那郡大鹿村のホームページで


南アルプス塩見岳の入山口はいずれも通行止め(7/9現在)

 

■中央アルプス空木岳・池山尾根

駒ヶ根から空木岳への登山道、池山尾根登山道へ通じる林道古城線が、豪雨により落石が多数発生し、また路面もかなり荒れており、危険な状況のため8月10日まで通行止め。林道起点(古城公園)から林道終点(終点駐車場まで)までが通行止め。

⇒詳細は長野県駒ヶ根市のホームページで

 

 

 

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2018年11月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!