ヤマケイオンライン ニュース

大雨による主要登山道に対する影響まとめ、2018年7月9日現在

2018年07月09日(月)

2018年6月下旬に接近した台風7号および、その後に続いている集中豪雨により、登山道に関する影響が一部で発生している。

現時点で確認されているのは以下の通り。以下の山域以外でも、入山の際は確認のこと。

 

■御嶽山(岐阜県側)

6月27日夜からの集中豪雨により県道441号は路肩崩壊などが発生しているため通行止め、現時点では復旧のめどはたっていない。濁河温泉へは県道435号(高山市久々野町から濁河温泉口)を利用して行くことは可能。観光宿泊者への影響はない。

ただし、豪雨により登山道の仙人橋が崩壊、濁河温泉登山口から五の池小屋までは通行止め。安全が確保されるまでは通行止めの予定。

⇒詳細は岐阜県下呂市のホームページで

 

■南アルプス塩見岳

南アルプス塩見岳への登山口、長野県下伊那郡大鹿村の以下の箇所では大雨による土砂崩れで一部ルートが通行止めとなっている。

鳥倉ルート・・・鳥倉林道にて土砂流出のため通行不可

塩川ルート・・・塩川小屋手前の村道にて崩落のため通行不可

⇒詳細は長野県下伊那郡大鹿村のホームページで


南アルプス塩見岳の入山口はいずれも通行止め(7/9現在)

 

■中央アルプス空木岳・池山尾根

駒ヶ根から空木岳への登山道、池山尾根登山道へ通じる林道古城線が、豪雨により落石が多数発生し、また路面もかなり荒れており、危険な状況のため8月10日まで通行止め。林道起点(古城公園)から林道終点(終点駐車場まで)までが通行止め。

⇒詳細は長野県駒ヶ根市のホームページで

 

 

 

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!