ヤマケイオンライン ニュース

4月15日は「イリオモテヤマネコの日」。フットウェアブランド「KEEN」が新たな社会貢献活動をスタート!

2019年04月16日(火)

フットウェアブランドの「KEEN(キーン)」は、これまで、世界各地でさまざまな社会貢献活動、自然保護活動に尽力してきた。

今回、4月15日の「イリオモテヤマネコの日」を皮切りに、KEENが主体となって活動する西表島の自然と文化の保護活動「Us 4 IRIOMOTE(アス・フォー・イリオモテ)」が新たにスタートし、特設ウェブサイトを公開した。

「Us 4 IRIOMOTE(アス・フォー・イリオモテ)」の「Us」は、英語の「私たち」という意味と、日本語の「明日」という意味を含み、「4」は「For」の意味と、西表島の自然・文化を守るために実践したい「4つのこと」を表している。このプロジェクトでは「知ろう」「守ろう」「話そう」「残そう」の4つのキーワードを、西表島の明日のために私たちができる4つのこと、としている。

西表島の自然や、イリオモテヤマネコに象徴される独自の生態系、島に残っている伝統的な文化や生活について、「知る」ことからはじめ、アクションを起こして「守り」、その素晴らしさや魅力を「話し」、未来に「残す」ことを、プロジェクトで実践していく。

289km2と、東京23区の約半分の面積を持つ西表島は、その大部分が国立公園に指定されている。1965年に新種として発見されたイリオモテヤマネコはわずか100頭程度と見られ、絶滅の危機にひんしている。


記者発表にて。JTEFトラ・ゾウ保護基金理事長の戸川久美さん、シネマフォトグラファーの仲程長治さん、
KEEN JAPAN の竹田尚志GM、環境省 西表野生生物保護センターの竹中康進さん

4月12日の記者発表では、キーン・ジャパン合同会社の竹田尚志GMが登壇し、「昨今では、自然の奥深いところまで観光客が入っており、イリオモテヤマネコが車に轢かれて死ぬケースなど、『オーバーツーリズム』も懸念されている。また、海を渡って漂着するプラスティックゴミの問題や、500年以上も前から続く伝統的な暮らし、祭りなどの継承も課題となっており、これらのことを1つでも解消すべく、プロジェクトを立ち上げた」と語った。

イリオモテヤマネコの発見者、動物学者の戸川幸夫氏の次女で、JTEFトラ・ゾウ保護基金の戸川久美さんは、発見50周年となった2015年に「やまねこパトロール」を立ち上げた。会見では「2018年はこれまでで最悪、交通事故で9頭死んでしまった。本来は距離を置かなくてはならない野生のヤマネコが、人馴れしてきているかもしれないと危惧している。島を車で走るときは速度を40km/h以下に落として、気をつけて走ってほしい」と訴えた。

KEENではオープンエア・スニーカー「UNEEK」の新作「UNEEK EVO(ユニーク エヴォ)」でイリオモテヤマネコ柄を発売。その売り上げの10%が「Us 4 IRIOMOTE」プロジェクトに活用されるほか、イラストレーター長場 雄のイラストを採用した、ウォーターボトル(MiiR社製)、Tシャツなど、このプロジェクトのためのアイテムを用意し、売上の一部をプロジェクトに充てるという。

また、クラウドファンディング、各種協賛を集めて、「JTEFトラ・ゾウ保護基金」が行っている「やまねこパトロール」への支援、「NPO法人西表島エコツーリズム協会」のビーチクリーン活動への支援、全国での「エシカルツーリズム」の啓蒙活動などに充てて、最終的には、石垣島生まれで西表島と縁の深いシネマフォトグラファー仲程長治氏とともに、西表島の自然と文化をまとめたドキュメンタリー映画を2020年に公開すること、を目標にしている。

プロジェクトの詳細については下記のほか、4月15日に公開された「Us 4 IRIOMOTE」プロジェクトウェブサイトをチェックしよう。

 

■「Us 4 IRIOMOTE」プロジェクト概要

西表島の豊かな自然と文化を、
「明日」に継承していくために
「私たち」ひとりひとりができることを考え、
​行動していくプロジェクト

・「やまねこパトロール」の支援
・ビーチクリーン活動の支援
・エシカルツーリズムの啓蒙と
・ツーリストと創るエコアート活動の実施
・ドキュメンタリー映画の制作
などの活動を、「知ろう」「守ろう」「話そう」「残そう」の4つのキーワードを基に展開。
https://www.us4iriomote.org/

 

■「Us 4 IRIOMOTE」プロジェクトオリジナルアイテム

KEEN UNEEK EVO "IRIOMOTE"パック

価格:13,000円(税別)
サイズ:メンズ 25.0-28.0cm、29.0、30.0cm/ウィメンズ 22.5-25.0cm
カラー:3色


MiiR マイボトル

価格:4,500円(税別)
カラー:2色
 

オリジナルTシャツ

価格:3,500円(税別)
カラー:3色

※ボトル、Tシャツには、本プロジェクトのメインイメージである、イラストレーター長場 雄さんのイラストを採用
※UNEEK EVOについては売上の10%、ほかの商品については、売上の一部をプロジェクトの基金に充てる

 

■お問い合わせ

KEEN JAPAN
www.keenfootwear.com

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...