雲取山くもとりやま

百名山 花の百名山

雲取山

写真:小川裕司  2009年8月24日撮影
 三峰山の最高峰。山頂の一部には埼玉県も含まれていることを知る人は少ない。
 山頂からの展望は北を除いて非常によく、山並みのはるかかなたに富士山も眺められる。山頂直下にお花畑があり、山頂の避難小屋も利用しやすいように改築された。
 一般には三峰神社から尾根通しに白岩山を通って、雲取山荘に1泊して山頂に立つ。
 山頂を挟んで、奥多摩側にも山小屋がある。甲州側には三条ノ湯があり、温泉付の山小屋に人気が集中している。下山コースは石尾根を前方に奥多摩の雄、大岳山、三頭山を見ながら七ツ石山、六ツ石山、鷹ノ巣山を経て氷川へ下るのが豪快な山旅となる。七ッ石山から鴨沢へ下るエスケープコースもある。
 雲取山は東京都の最高峰、そして一等三角点のある山としても知られているが、三角点のかたわらにもう1つの三角点がある。大きな三角点には「明治十五年十二月内務省地理局原三角測点」と彫られてある。当時の地理局長塚本明毅、河田羆らの活躍の記念物である。
 三峰山口から約5時間で雲取山に達し、石尾根は下り8時間で氷川へ。七ツ石山から鴨沢には約6時間で下れる。

DATA

山域: 奥秩父
都道府県: 東京都 埼玉県 山梨県
標高: 2,017m
2万5千図: 雲取山・三峰・丹波・奥多摩湖

※ 雲取山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

雲取山に行くモデルコース

  • 東京都最高峰の山を鴨沢から往復
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間45分 日帰り
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・・雲取奥多摩小屋...
  • いで湯から登る東京都の最高峰
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 10時間 1泊2日
    お祭バス停・・・後山林道・・・三条の湯・・・三条ダルミ・・・雲取山山頂・・・奥多摩小屋・・・堂所・・...
  • 雲取山を目指す最も古くて長い上級コース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間55分 1泊2日
    三峯神社バス停・・・奥宮入口・・・霧藻ヶ峰・・・白岩小屋(閉鎖)・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲取...
  • 展望広がる東京都の最高峰へ、埼玉から登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 12時間55分 1泊2日
    三峰神社バス停・・・炭焼平・・・霧藻小屋・・・前白岩山・・・白岩山・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲...
  • 奥秩父東端の峻峰を結んで歩く
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 14時間 1泊2日
    お祭バス停・・・後山林道・・・三条の湯・・・三条ダルミ・・・雲取山・・・雲取山荘・・・雲取山・・・三...

雲取山周辺の最新情報

登山口情報

  • 鴨沢 
  • 東日原 
  • 日原鍾乳洞 
  • 三峰神社 
  • 三之瀬 
  • 水根 
  • 峰谷 
  • お祭・親川 
  • 深山橋 
  • 小河内神社 
  • 太陽寺入口 

  • 【鴨沢】
    雲取山などへ登る際に利用する登山口。鴨沢バス停のそばに公衆トイレがあり、トイレ横の電柱に雲取山方面を示す標識がある。
    民家の間を登っていくと、すぐに交番と登山届けのポストがある。
    マイカーの場合は小袖乗越の広場が丹波山村村営駐車場として整備され利用できるようになっている。

  • 【東日原】
    雲取山、鷹ノ巣山、酉谷山などへの登山口。
    天目山(三ツドッケ)へは東日原バス停から少し戻った左手に案内板がある。ちょっと分かりにくいので注意してほしい。
    バス停横に綺麗なトイレあり。

  • 【日原鍾乳洞】
    冨田新道経由での雲取山方面、天祖山方面などへの登山口。七跳尾根を経由して天目山や酉谷山方面へ行く場合、小川谷林道が通行止めになっていて利用できない(2015年10月現在)。
    日原鍾乳洞にはトイレ、駐車場あり。帰りに幻想的な鍾乳洞を見学するものおすすめ。

  • 【三峰神社】
    三峰とは妙法ヶ岳、白岩山、雲取山の三山を指すことから由来している。三峰神社から雲取山までは三峰雲取自然研究路となっており、奥秩父の自然が満喫できる。
    コースタイムが長く、アップダウンも激しい健脚向きルートだが、要所にベンチと標識が設置され、安心して歩くことができる。

  • 【三之瀬】
    唐松尾山、笠取山登山の基点となる登山口。とくに唐松尾山は多摩水源最高峰でありながらも、南の山腹につけられた歩道を歩く人が多いため、静寂を保つ穴場スポット。

  • 【水根】
    水根山、鷹ノ巣山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、約50台可能の水根駐車場、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車する。

  • 【峰谷】
    鷹ノ巣山、七ツ石山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しい登山口が多いため、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、目的の登山口へはバスを利用して出かけるといいだろう。

  • 【お祭・親川】
    雲取山方面、三条の湯方面に行く、後山林道への入口。天平尾根方面に行く場合は親川まで行く。
    後山林道は、車両通行止めのため徒歩となる。

  • 【深山橋】
    奥多摩湖の西端近くに位置する。奥多摩湖を渡る大きな橋の前が登山口となる。雲取山方面ほか、鹿倉山方面の入り口となる。

  • 【小河内神社】
    奥多摩湖にかかる、浮橋・麦山の浮橋(通称:ドラム缶橋)の入り口。ヌカザス尾根方面の登山口となる

  • 【太陽寺入口】
    雲取山方面への登山口として利用される。太陽寺は仏国国師が南北朝時代に開山した由緒ある古寺で、宿坊として利用したり、精進料理や座禅体験ができたりする。

周辺にある山小屋

  • 雲取山避難小屋 
  • 雲取山荘 
  • 雲取奥多摩小屋 
  • 白岩小屋 
  • 三条の湯 
  • 七ツ石小屋 

  • 【雲取山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 雲取山山頂南直下
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

  • 【雲取山荘】
    営業小屋
    場所: 雲取山北700m
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【雲取奥多摩小屋】
    営業小屋
    場所: 雲取山南方、五十人平
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【白岩小屋】
    営業小屋
    場所: 白岩山・前白岩山鞍部
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間:

  • 【三条の湯】
    営業小屋
    場所: 雲取山南西3km
    電話: 0428-88-0616
    営業期間: 通年

  • 【七ツ石小屋】
    営業小屋
    場所: 鴨沢バス停から約3時間 七ツ石山南約1km
    電話: 0428‐88‐0211
    FAX: 0428-88-0930
    営業期間: 通年

雲取山に関連する登山記録

もっと見る

雲取山の近くの山

雲取山に関連する登山ツアー

19年05月11日(土) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
雲取山縦走 霧藻ガ峰~山頂~七ツ石山/北から南へ、縦走コースで

関連するツアーを探す

雲取山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?