このエントリーをはてなブックマークに追加

着ると実感できる、 最強の汗冷え対策ウェア。ファイントラック「スキンメッシュ」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2018年09月14日

advertorial

 

秋は紅葉で山がいちばん映える季節だが、夏山とは違って気温の寒暖差が激しいのでウェア選びには注意が必要だ。特に汗をかいてベースレイヤーが濡れてしまうと、気化熱によってどんどん体温が奪われ、低体温症のリスクが非常に高くなる。

そんな自然環境の秋山で、絶大な効果を発揮するのが、ファイントラックのスキンメッシュだ。スキンメッシュは、肌に直接着用することで、登山中に汗や雨でずぶ濡れになっても、確実に肌をドライにキープし、濡れ冷えから体を守ってくれる。

実際に着てみるとわかるが、汗をかいてもスキンメッシュがすぐに汗を肌から遠ざけ、ベースレイヤーに移行してくれるため、濡れ感を覚えることなく快適に歩き続けることができるのだ。しかも汗が肌の表面に残らないので、細菌なども発生しにくく、ニオイケアにも大きな効果が期待できる。

ファイントラックというと、「エキスパート向けのブランドじゃない?」と思う人も多いかもしれないが、スキンメッシュのように、着るだけで山での安全性を大きく高めてくれるアイテムこそ、ビギナーから中級者にぜひ試してほしい。

 

独自の特許技術による驚異の撥水性

ポリプロピレンを使ったほかの疎水ウェアとは違い、表面に付着した水分がコロコロと転がっていく。この独自開発の耐久撥水技術こそ、肌をドライにキープする秘訣だ。

 

軽量・コンパクトなので非常用に携行可能

普段に着用するだけでなく、ベースレイヤーが雨などで濡れてしまったときの非常用ウェアとしても使用可能。軽量(46g)かつコンパクトなので、ザックのポケットにさっと収納できる。

 

スキンメッシュ

●価格:4200円+税
●重量(Mサイズ):46g
●サイズ:S~XXL
●カラー:ブラック、オリーブドラブ

オフィシャルサイトで見る

 

バストまわりの汗冷えにサヨナラ!

スキンメッシュフィットブラ(カップ付き)

●価格:4300円+税
●重量(Mサイズ):35g
●サイズ:S~XL
●カラー:ペイルグレー、ブラック

アウトドア女子のための製品開発に力を入れているファイントラック。なかでもこのブラは、独自の3層構造でバストの汗濡れや冷えを軽減し、女性に快適な登山を約束してくれる。

オフィシャルサイトで見る

 

■お問合せ先
ファイントラック
TEL:0120-080-375
https://www.finetrack.com/

教えてくれた人

秋山 JOY 2018

鮮やかな紅葉の山を100%満喫するために、この秋もワンダーフォーゲル編集部から『秋山JOY』をお届けする。

特集 紅葉が美しい山 全国おすすめコースガイド
第2特集 ゴクラク! 温泉×紅葉トレッキング
第3特集 遅くまで楽しめる! 日帰り低山 紅葉ハイク

⇒秋山 JOY 2018はこちら

同じテーマの記事
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
雪山の難度を左右する4大要素に注目! リスクを把握して、冬季登山を安全に楽しもう
初めて雪山にトライする場合「初心者向けの山」となる。しかし、雪山の場合は夏山での難易度と同じように格付けをできるとは限らない。難易度を決める4つの要素について解説する。
年末年始は八ヶ岳で過ごしました。赤岳鉱泉・行者小屋、年越しイベントレポート
2017年の年越しを山小屋で過ごすことに決めたライターの小野泰子さん。「雪上技術は初心者に毛が生えた程度」という彼女が選んだ山小屋は──。白熱のビンゴ大会あり、まったり読書あり、八ヶ岳で体験した小野さんの年越し山行記録を紹介する。
再発見・東京周辺の山、「山と溪谷」編集部・イトーの一押しの山は抜群の展望の奥多摩・天目山
行きたい山・好きな山と言えば剱岳や槍ヶ岳だが、「行ける山・よく行く山域」となると、アクセスの良い近郊の山々となるのが現実だ。しかし侮るなかれ、近くにも素晴らしい山はたくさんある。
記事一覧 ≫