このエントリーをはてなブックマークに追加

着ると実感できる、 最強の汗冷え対策ウェア。ファイントラック「スキンメッシュ」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2018年09月14日

advertorial

 

秋は紅葉で山がいちばん映える季節だが、夏山とは違って気温の寒暖差が激しいのでウェア選びには注意が必要だ。特に汗をかいてベースレイヤーが濡れてしまうと、気化熱によってどんどん体温が奪われ、低体温症のリスクが非常に高くなる。

そんな自然環境の秋山で、絶大な効果を発揮するのが、ファイントラックのスキンメッシュだ。スキンメッシュは、肌に直接着用することで、登山中に汗や雨でずぶ濡れになっても、確実に肌をドライにキープし、濡れ冷えから体を守ってくれる。

実際に着てみるとわかるが、汗をかいてもスキンメッシュがすぐに汗を肌から遠ざけ、ベースレイヤーに移行してくれるため、濡れ感を覚えることなく快適に歩き続けることができるのだ。しかも汗が肌の表面に残らないので、細菌なども発生しにくく、ニオイケアにも大きな効果が期待できる。

ファイントラックというと、「エキスパート向けのブランドじゃない?」と思う人も多いかもしれないが、スキンメッシュのように、着るだけで山での安全性を大きく高めてくれるアイテムこそ、ビギナーから中級者にぜひ試してほしい。

 

独自の特許技術による驚異の撥水性

ポリプロピレンを使ったほかの疎水ウェアとは違い、表面に付着した水分がコロコロと転がっていく。この独自開発の耐久撥水技術こそ、肌をドライにキープする秘訣だ。

 

軽量・コンパクトなので非常用に携行可能

普段に着用するだけでなく、ベースレイヤーが雨などで濡れてしまったときの非常用ウェアとしても使用可能。軽量(46g)かつコンパクトなので、ザックのポケットにさっと収納できる。

 

スキンメッシュ

●価格:4200円+税
●重量(Mサイズ):46g
●サイズ:S~XXL
●カラー:ブラック、オリーブドラブ

オフィシャルサイトで見る

 

バストまわりの汗冷えにサヨナラ!

スキンメッシュフィットブラ(カップ付き)

●価格:4300円+税
●重量(Mサイズ):35g
●サイズ:S~XL
●カラー:ペイルグレー、ブラック

アウトドア女子のための製品開発に力を入れているファイントラック。なかでもこのブラは、独自の3層構造でバストの汗濡れや冷えを軽減し、女性に快適な登山を約束してくれる。

オフィシャルサイトで見る

 

■お問合せ先
ファイントラック
TEL:0120-080-375
https://www.finetrack.com/

教えてくれた人

秋山 JOY 2018

鮮やかな紅葉の山を100%満喫するために、この秋もワンダーフォーゲル編集部から『秋山JOY』をお届けする。

特集 紅葉が美しい山 全国おすすめコースガイド
第2特集 ゴクラク! 温泉×紅葉トレッキング
第3特集 遅くまで楽しめる! 日帰り低山 紅葉ハイク

⇒秋山 JOY 2018はこちら

同じテーマの記事
レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」
透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0に、保温力を強化したウォームモデルが登場。裏地に起毛トリコットを採用し、空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップ。
advertorial
アプローチから登頂まで一着で対応、通気性に優れた中綿ジャケット。コロンビア「サンタフェパークフーディー」
朝夕は寒さが厳しくなる秋山では、防寒着選びが悩みのタネだ。フリースでもなくダウンでもないチョイス、それがコロンビアのサンタフェパークフーディー。行動中も休憩中も、すべてに対応できる。
advertorial
ひと言でいえば「ひと通りの機能が揃ったオールマイティなザック」。山岳ガイド澤田実さんに聞く、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の実力
山岳ガイドとして活躍する澤田実さん。ご自身の経験を元に、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の使い勝手について教えてもらいました。
advertorial
50年前の涸沢は今と同様にテントの花が咲いていたが――、創刊999号の『山と溪谷』誌面で振り返る北アルプス
北アルプスが「登山」として注目されるようになってから130年ほどだという。1930年に創刊した『山と溪谷』は、北アルプス登山史の大半を誌面で紹介してきた。その一部をここに公開!
記事一覧 ≫