このエントリーをはてなブックマークに追加
Yamakei Online Special Contents
特別インタビューやルポタージュなど、山と溪谷社からの特別コンテンツです。
すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験
自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介。
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
雪山の難度を左右する4大要素に注目! リスクを把握して、冬季登山を安全に楽しもう
初めて雪山にトライする場合「初心者向けの山」となる。しかし、雪山の場合は夏山での難易度と同じように格付けをできるとは限らない。難易度を決める4つの要素について解説する。
年末年始は八ヶ岳で過ごしました。赤岳鉱泉・行者小屋、年越しイベントレポート
2017年の年越しを山小屋で過ごすことに決めたライターの小野泰子さん。「雪上技術は初心者に毛が生えた程度」という彼女が選んだ山小屋は──。白熱のビンゴ大会あり、まったり読書あり、八ヶ岳で体験した小野さんの年越し山行記録を紹介する。
再発見・東京周辺の山、「山と溪谷」編集部・イトーの一押しの山は抜群の展望の奥多摩・天目山
行きたい山・好きな山と言えば剱岳や槍ヶ岳だが、「行ける山・よく行く山域」となると、アクセスの良い近郊の山々となるのが現実だ。しかし侮るなかれ、近くにも素晴らしい山はたくさんある。
レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」
透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0に、保温力を強化したウォームモデルが登場。裏地に起毛トリコットを採用し、空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップ。
advertorial
アプローチから登頂まで一着で対応、通気性に優れた中綿ジャケット。コロンビア「サンタフェパークフーディー」
朝夕は寒さが厳しくなる秋山では、防寒着選びが悩みのタネだ。フリースでもなくダウンでもないチョイス、それがコロンビアのサンタフェパークフーディー。行動中も休憩中も、すべてに対応できる。
advertorial
着ると実感できる、 最強の汗冷え対策ウェア。ファイントラック「スキンメッシュ」
秋の山は寒暖差が激しいのでウェア選びは重要。特に汗をかいてベースレイヤーが濡れてしまうと低体温症のリスク高まる。肌をドライにキープして濡れ冷えから体を守ってくれるのがファイントラック「スキンメッシュ」。
advertorial
ひと言でいえば「ひと通りの機能が揃ったオールマイティなザック」。山岳ガイド澤田実さんに聞く、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の実力
山岳ガイドとして活躍する澤田実さん。ご自身の経験を元に、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の使い勝手について教えてもらいました。
advertorial
50年前の涸沢は今と同様にテントの花が咲いていたが――、創刊999号の『山と溪谷』誌面で振り返る北アルプス
北アルプスが「登山」として注目されるようになってから130年ほどだという。1930年に創刊した『山と溪谷』は、北アルプス登山史の大半を誌面で紹介してきた。その一部をここに公開!
ライター根津貴央さんに聞いた、パタゴニアの最新ハイキングパンツの魅力
「ロングハイキング」の楽しみ方を、様々なメディアで発表しているライターの根津貴央さん。
独自の用具観を持つ根津さんに、今季のパタゴニアのハイキングパンツについて、その魅力を伺った。
advertorial
北アルプスって、ほかの山域となにが違う? 登山者憧れの北アルプスを形成した「岩」の秘密に迫る
穂高岳・槍ヶ岳・剱岳など名山の数々、素晴らしい景観、広大なスケール――、さまざまな魅力で登山者を誘ってきた北アルプス。日本の登山の源流であるこの地の真の姿を、さまざまな角度から探る。
長期山行のための大型バックパック選び。「グレートヒマラヤトレイル踏査プロジェクト」の写真家・飯坂大さんが考えたこと グレゴリー/バルトロ
ヒマラヤ山脈の南を東西に横切る、総延長は1700kmの「グレートヒマラヤトレイル(GHT)」を踏破するプロジェクトを、仲間とともに進める写真家の飯坂大さん。この壮大な山旅の中から、長期山行のための大型バックパックについて必要な要素についてお話を伺った。
advertorial
「歩行時間」「総距離」「累積標高差」から算出される指標『コース定数』で、登山コースの体力的難度を把握しよう
登山計画を行う際の難易度の目安として、「コースタイム」「標高差」「難所の有無」などさまざまな要因が考えられる。その1つの指標として、「コース定数」を取り入れてみてはいかがだろうか?
通過点にするにはもったいない! 登山者にはあまり知られていない上高地の姿を案内
毎シーズン、多くの登山者を迎える上高地。あなたにとって上高地はどんな場所でしょう? ただの通過点になってしまっていないませんか? 登山者が見落としがちな上高地の姿を案内します。
鳥の歌声が聞こえてくる季節、春。山でバードウォッチングをはじめよう!
登山中に聞こえてくる軽やかな鳥の歌声。「きれいな声! どんな鳥が鳴いているんだろう?」「今鳴いている鳥の名前を知りたい」そう思ったことのある人も多いのではないでしょうか。鳥を見ながらの山行は、登山にプラスアルファの楽しさをもたらしてくれます。
脚に負担のかからない登り方とは? トップトレイルランナーが教える、登山に効く体の使い方。
1回のレースで短くても10km、長ければ100kmを越える距離の登山道を駆け抜けるトレイルランニング。これだけの距離を走れるのは、体力・脚力のみならず、身体に負担のかからない方法があるからこそでもある。
ソーシャルネットワークを活用した経験学習の環境実現に向けて
日本大学工学部嶌田研究室で進めている、ソーシャルネットワークを活用しての自立した登山者の育成を支援するしくみづくり。そのための調査項目の意味を詳しく説明する。
「自立した登山者」育成に必要な、登山の主体的な学びを推進する学習環境構築のためにできること
山岳遭難事故を減らすために必要な対策の1つが「自立した登山者の育成」。現在の社会状況を考えると、従来の「山岳会・クラブ」による育成方法では困難な今、日本大学工学部・嶌田聡教授は、「主体的な学びの実現」を挙げる。
野菜乾燥機を使って、おでんドライ化大作戦!
弊社より刊行する山ごはんのレシピ本『げんさんとよーこさん山のごはん』では、山ごはん&おつまみの達人げんさんと、料理家でフードコーディネーターの蓮池陽子さんが、簡単でおいしい山ごはんレシピを85品紹介。本書で紹介しているレシピのなかから、げんさんが実践している、目からウロコの「乾燥」テクニックについて紹介。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?