このエントリーをはてなブックマークに追加

レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2018年09月14日

advertorial

 

2017年にリリースされ、透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0。そのラインナップに、保温力を強化したウォームモデルが加わった。

ティフォン5‌0‌0‌0‌0の一番の特徴は、5‌0‌0‌0‌0g/㎡/24‌hという驚くほど高い透湿性。これは通常のレインウェアの2~3倍に匹敵するもので、どんなアウトドアアクティビティでも汗ムレを感じることがほとんどない。しかも一般の防水透湿素材とくらべて、生地がしなやかでストレッチ性もあるため、着心地も抜群。ウェアが体の動きを妨げず、常に快適な山歩きが楽しめる。

秋冬モデルでは、裏地に起毛トリコットを採用。空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップした。それに加え、表生地の糸の太さを40‌Dから50‌Dに変更。寒暖差の激しい自然環境に対応すべく、耐久性と耐風性の向上も図られている。

また、レインウェアとは思えないほど柔らかな着用感は、山だけでなく街着としても使用可能。通勤・通学や旅行など、一着持っているだけで、フィールドでもタウンでもマルチに使いまわすことができる。

 

温かさをキープしてくれる起毛トリコット

ウォームモデルは、裏地に起毛トリコット(弾力・伸縮性のある生地)を採用。デッドエアをウェア内にキープすることで保温力を高め、寒さから体を守ってくれる。

 

 
■ User Comments

ティフォンの秋冬モデルは柔らかく軽い着心地で、裏地に起毛トリコットを使用しているのでとても温かいです。白馬という雪国で暮らす私にとって、このモデルは秋冬だけに限らず、ミドルレイヤーなどの組み合わせで半年以上活躍してくれる、信頼のアイテムです。

 
 

 

ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット

●価格:2万9000円+税
●重量(Mサイズ):490g
●サイズ:XS~XL
●カラー:ブラックノアール、ゴールドクミン、アスファルト、オーキッド、ダークブラウン

オフィシャルサイトで見る

 

なめらかな着用感と保温性が自慢のパンツ

ティフォン50000ウォーム ストレッチトレックパンツ

●価格:1万9000円+税
●重量(Mサイズ):320g
●サイズ:XS~XL
●カラー:ブラックノアール、
アスファルト、ダークブラウン

保温性・通気性・運動性に優れた素材を使った防水トレックパンツ。はいていてもゴワゴワすることがなく、足さばきもラクラク。防水仕様なのでアウターとしても使える。

オフィシャルサイトで見る

 

■お問合せ先
ラフマ・ミレー
TEL:03-6417-0492
https://www.millet.jp/

教えてくれた人

秋山 JOY 2018

鮮やかな紅葉の山を100%満喫するために、この秋もワンダーフォーゲル編集部から『秋山JOY』をお届けする。

特集 紅葉が美しい山 全国おすすめコースガイド
第2特集 ゴクラク! 温泉×紅葉トレッキング
第3特集 遅くまで楽しめる! 日帰り低山 紅葉ハイク

⇒秋山 JOY 2018はこちら

同じテーマの記事
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
「細かいところまで行き届いている!」 アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さんが、グレゴリーの最新バックパック「ZULU(ズール)」をチェック!
「チュンチュン」の愛称で親しまれる小雀陣二さん。あらゆる野外の遊びを知りつくした、登山・アウトドアの先達です。そんな小雀さんに、2019年モデルにアップデートされたグレゴリーのバックパック「ZULU(ズール)」について聞きました。
advertorial
すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験
自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介。
記事一覧 ≫