このエントリーをはてなブックマークに追加

レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2018年09月14日

advertorial

 

2017年にリリースされ、透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0。そのラインナップに、保温力を強化したウォームモデルが加わった。

ティフォン5‌0‌0‌0‌0の一番の特徴は、5‌0‌0‌0‌0g/㎡/24‌hという驚くほど高い透湿性。これは通常のレインウェアの2~3倍に匹敵するもので、どんなアウトドアアクティビティでも汗ムレを感じることがほとんどない。しかも一般の防水透湿素材とくらべて、生地がしなやかでストレッチ性もあるため、着心地も抜群。ウェアが体の動きを妨げず、常に快適な山歩きが楽しめる。

秋冬モデルでは、裏地に起毛トリコットを採用。空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップした。それに加え、表生地の糸の太さを40‌Dから50‌Dに変更。寒暖差の激しい自然環境に対応すべく、耐久性と耐風性の向上も図られている。

また、レインウェアとは思えないほど柔らかな着用感は、山だけでなく街着としても使用可能。通勤・通学や旅行など、一着持っているだけで、フィールドでもタウンでもマルチに使いまわすことができる。

 

温かさをキープしてくれる起毛トリコット

ウォームモデルは、裏地に起毛トリコット(弾力・伸縮性のある生地)を採用。デッドエアをウェア内にキープすることで保温力を高め、寒さから体を守ってくれる。

 

 
■ User Comments

ティフォンの秋冬モデルは柔らかく軽い着心地で、裏地に起毛トリコットを使用しているのでとても温かいです。白馬という雪国で暮らす私にとって、このモデルは秋冬だけに限らず、ミドルレイヤーなどの組み合わせで半年以上活躍してくれる、信頼のアイテムです。

 
 

 

ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット

●価格:2万9000円+税
●重量(Mサイズ):490g
●サイズ:XS~XL
●カラー:ブラックノアール、ゴールドクミン、アスファルト、オーキッド、ダークブラウン

オフィシャルサイトで見る

 

なめらかな着用感と保温性が自慢のパンツ

ティフォン50000ウォーム ストレッチトレックパンツ

●価格:1万9000円+税
●重量(Mサイズ):320g
●サイズ:XS~XL
●カラー:ブラックノアール、
アスファルト、ダークブラウン

保温性・通気性・運動性に優れた素材を使った防水トレックパンツ。はいていてもゴワゴワすることがなく、足さばきもラクラク。防水仕様なのでアウターとしても使える。

オフィシャルサイトで見る

 

■お問合せ先
ラフマ・ミレー
TEL:03-6417-0492
https://www.millet.jp/

教えてくれた人

秋山 JOY 2019

秋山・紅葉に特化したヤマケイの丸ごと1冊コースガイドブック。
秋は一年を通じて山がもっとも美しく彩られる季節。
鮮やかな紅葉の山を満喫するために、 ワンダーフォーゲル編集部が自信をもってお届けする秋山ガイドの決定版、それが『秋山JOY』!

特集 紅葉のアルプスへ
SPECIAL ISSUE 秋、涸沢
第2特集 全国紅葉名山

⇒秋山 JOY 2019はこちら

同じテーマの記事
「笛吹川を遡る」 ~日本に、世界に「沢登り」を誕生させた登山~
日本で独自に発展した山の楽しみ方、「沢登り」。その魅力を知る山岳ガイド「山の谷」を主宰する山田哲哉さんが、そもそもこの「沢登り」という楽しみ方がどうやって始まり、深まっていったのか、明治・大正期の偉大な登山者の足跡を追いながら紹介する。
「ザ・ノース・フェイス」のレインウェア2種。ギアライターによるフィールドインプレッション
「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」が今シーズンイチオシするレインウェア「FLスーパーヘイズジャケット」と「クライムライトジャケット」の2アイテムを、『山と溪谷』ほかでギアをチェックしてきたライターの佐藤慶典さんが、雨のフィールドでインプレッションした。
advertorial
今夏は特に注意して! コロナ禍における山岳地のテント場利用とテント泊山行について
年間100日近くテントで泊まって過ごすという山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さん。雑誌への執筆のほか、テント泊に関する著書も多数ある庄太郎さんが、コロナ禍の中でのこの夏のテント泊について、テント場の状況について、寄稿してくれた。
「いざ、テントを担いで山登り!」女性登山ガイドの菅野由起子さんがfinetrackの山岳用テント「カミナドーム2」をインプレッション
「withコロナ」の山登りとして、人との距離を保つことが求められ、山小屋での宿泊人数も限られて、テント泊を検討している人も多いのではないでしょうか。
シュラフで寝ることに憧れて山登りを始めたという菅野由起子さんは、妙高をベースに活動する女性登山ガイド。今回、「finetrack(ファイントラック)」の山岳テント「カミナドーム2」を、妙高山・火打山の麓、笹ヶ峰のキャンプ場でインプレッションしてもらいました。
advertorial
記事一覧 ≫