このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチから登頂まで一着で対応、通気性に優れた中綿ジャケット。コロンビア「サンタフェパークフーディー」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2018年09月14日

advertorial

 

夏にくらべて、朝夕は寒さが厳しくなる秋山。だからこそ、防寒着選びが悩みのタネだ。フリースは軽いけど、風が吹くと温かい空気が逃げてしまう。ダウンは汗をかくと保温力が落ちてしまい行動中は着れない…。

そんな人におすすめなのが、コロンビアのサンタフェパークフーディーだ。これ一着あれば、行動中も休憩中も、すべてに対応できるのでウェア選びに悩む必要がない。

機能面を紹介すると、中綿にはストレッチ性と確かな保温性を持たせた3‌D構造の化繊素材を封入。それでいてウェア内の熱気が程よく抜けていく通気性の高さも併せ持ち、汗ムレを心配する必要がない。さらにダウンとは違って、化繊素材なので濡れても保温力が低下しにくい。

表地には耐久撥水加工も施されており、小雨ならアウターとしての使用も可能。しかも、表地と裏地、中綿、縫製糸に至るまでストレッチ素材で着心地も軽快。激しい体の動きでも、ウェアが追従してくれるのでストレスを感じないのだ。  もし秋山での防寒着選びに迷っているなら、あらゆるシーンや天候に対応するサンタフェパークフーディーを選ぶと、心強いだろう。

 

体の動きを妨げないストレッチ素材の生地

ウェアの表地・裏地・中綿・縫製糸に至るまですべてにストレッチ素材を使用することで、ストレスフリーな着心地を実現。ニット素材の表&裏地は通気性にも優れ、ムレ知らずだ。

 

裏地には保温性に優れた独自素材を使用

外気温が低くても体の熱を効果的に蓄える、独自保温素材「オムニヒートストレッチ」を裏地に採用。この素材は、通気性とストレッチ性にも優れているので、ウェア内はいつでも快適だ。

 

サンタフェパークフーディー

●価格:2万2000円+税
●重量(Mサイズ):510g
●サイズ:S~XL
●カラー:インクリング、ブラック、エメラルドシー

オフィシャルサイトで見る

 

なめらかな着用感と保温性が自慢のパンツ

オレータフォレストⅡパンツ

●価格:1万3500円+税
●サイズ:S~XXL
●カラー:カレッジエイトネイビー、ブラック、アイスグレー

保温性・通気性・運動性に優れた素材を使った化繊中綿パンツ。はいていてもゴワゴワすることがないので、足さばきもラクラク。撥水生地なのでアウターとしても使える。

オフィシャルサイトで見る

 

■お問合せ先
コロンビアスポーツウェアジャパン
TEL:0120-193-803
http://www.columbiasports.co.jp/

教えてくれた人

秋山 JOY 2018

鮮やかな紅葉の山を100%満喫するために、この秋もワンダーフォーゲル編集部から『秋山JOY』をお届けする。

特集 紅葉が美しい山 全国おすすめコースガイド
第2特集 ゴクラク! 温泉×紅葉トレッキング
第3特集 遅くまで楽しめる! 日帰り低山 紅葉ハイク

⇒秋山 JOY 2018はこちら

同じテーマの記事
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
雪山の難度を左右する4大要素に注目! リスクを把握して、冬季登山を安全に楽しもう
初めて雪山にトライする場合「初心者向けの山」となる。しかし、雪山の場合は夏山での難易度と同じように格付けをできるとは限らない。難易度を決める4つの要素について解説する。
年末年始は八ヶ岳で過ごしました。赤岳鉱泉・行者小屋、年越しイベントレポート
2017年の年越しを山小屋で過ごすことに決めたライターの小野泰子さん。「雪上技術は初心者に毛が生えた程度」という彼女が選んだ山小屋は──。白熱のビンゴ大会あり、まったり読書あり、八ヶ岳で体験した小野さんの年越し山行記録を紹介する。
再発見・東京周辺の山、「山と溪谷」編集部・イトーの一押しの山は抜群の展望の奥多摩・天目山
行きたい山・好きな山と言えば剱岳や槍ヶ岳だが、「行ける山・よく行く山域」となると、アクセスの良い近郊の山々となるのが現実だ。しかし侮るなかれ、近くにも素晴らしい山はたくさんある。
記事一覧 ≫