このエントリーをはてなブックマークに追加

奄美大島の「へんな植物」たち、ユワンツチトリモチ・ヘツカリンドウ

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2018年11月29日

九州のはるか南方海上に浮かぶ奄美大島は、国内では手付かずの大自然が残る場所として知られる。そこに生きる植物たちを確認すると、常識を超える「へんな」ものがたくさん見ることができる。

 

晩秋の奄美大島に行ってきた。この時期の奄美大島は、まだ花がたくさん咲いているし、気温も暖かく体に優しいので、花を見るにはとてもいい時期と場所なのである。

奄美大島にはへんな植物が色々あって、その代表格が「ユワンツチトリモチ」だろう。奄美大島最高峰の湯湾岳で発見されたこの植物は、寄生植物なため葉緑素を持たず、植物全体がレンガ色をしていて、葉っぱも退化している。そのヘンテコな形と色は、初めて見た人の多くは恐らく、これを植物とは思わないで、赤いキノコか何かと思うだろう。

赤いキノコではなく、ユワンツチトリモチ

ユワンツチトリモチをアップで撮影、植物っぽさが見られない

遠目に見ると形はキノコのようだが、れっきとした植物である。そこに生えている木の根に寄生しているために、植物らしい姿を捨て去ってしまっているのだ。このため、エネルギーを貯めておく根茎と呼ばれる芋のようなものと、短い花茎に着いた鱗状の葉と、雌しべの先端部分であるレンガ色のラグビーボール形の雌しべの先端部分しかないシンプルさとなった。

あまりにシンプルに徹し過ぎたために、植物に見えなくなってしまったのだろう。繁殖方法も外見からは予想がつかない。

ユワンツチトリモチは奄美の山の中でひっそりと生えている。大きくなると落ち葉から頭を出すユワンツチトリモチも、小さいうちは落ち葉に隠れている。大きい個体の周りには大抵、小さい個体がある。

この小さいユワンツチトリモチを踏んでしまうと、枯れてしまって再び生えることはない。もし森でユワンツチトリモチを見かけても決して近寄ってはならない。なお 、寄生植物だから絶対に栽培することはできないし、奄美の山に生えている植物を採ったりすることは法律で規制されている。

もうひとつのへんな植物はヘツカリンドウ、九州の鹿児島県大隅半島辺塚(へつか)という場所で発見されたのが名前の由来だ。大隅半島のヘツカリンドウは花色が白色と緑色のものが多いが、奄美のヘツカリンドウは大型で花色も紫がかり、美しいものが多い。単なる地域差のようだが、まるで別種のようだ。

ヘツカリンドウの花は、蜜が花弁にあるへんな植物だ


ヘツカリンドウのへんなところが、花である。花をアップで見てみると、花弁に直径5mm程度の丸い模様がある。さらによく見てみると、なにやら水滴が付いている。実はこれはただの水滴ではなくて、花蜜なのである、多くの植物の花は、奥に蜜を隠しておくのだが、ヘツカリンドウは堂々と鼻蜜をさらしている。

スズメバチや大型のハナアブなどに花粉を媒介してもらうためだと思うが、まったく植物というのはいろいろなことをやってみるものである。

 

訪問中は奄美大島最高峰の湯湾岳にも登ってみた。車である程度の標高まで上がることができ、山歩きとしては軽いものなのだったものの、2018年の台風の影響で途中の林道が崩れている場所が多く、事前に確認の必要があった。

とても滑りやすかった湯湾岳の木道階段


あいにくの悪天だったものの、静かでいい山歩きだった。途中まで木道で木の階段が整備されているのだが、この木道、雨に濡れると恐ろしく滑りやすく、けっこう危険である。なんとか木道を抜け、お寺と神社の傍から山道に入る。

しばらく登っていくと、晩秋のこんな時期なのに屋久島純連が一輪だけ咲いていた。しばらくジャングルを歩くと、やはりジャングルに囲まれた湯湾岳の山頂に着いた。展望は全くない。
往路は滑らないように慎重に下った。雨降っていたためか静かな山歩きだった。

奄美大島最高峰の湯湾岳の山頂。ジャングルに囲まれて展望はない


※ユワンツチトリモチは、近年ヤクシマツチトリモチと同種であることがわかり、分類上ユワンツチトリモチとは言わず、正確には写真の種はヤクシマツチトリモチになります。

自然観察 日本の山
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『フィンデルン』

同じテーマの記事
「山歩きしながらの植物写真撮影」に向いた、オススメのカメラとレンズ
図鑑に載っている写真のように、植物を撮影するのは意外と難しい。うまく撮影するには、やはりカメラ機材にも気を使いたい。今回は、植物写真に向いたカメラについて説明する。
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議
節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついたというのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。
スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ
登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。
赤ではなく黄色に紅葉するヒトツバカエデ。心をつかんで離さない、ハート型の大型の葉
カエデの紅葉と聞けば、手のひらのように切れ込んだ形の葉が真っ赤に染まる姿を想像するはずだ。しかしカエデにもさまざまな種類がある。例えばヒトツバカエデの葉はハート型で、色は赤ではなく黄色に紅葉する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!