このエントリーをはてなブックマークに追加

節分に咲くのか? セツブンソウの不思議

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2019年02月14日

節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついた、というのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。

 

セツブンソウは節分の頃咲くから、というのが名前の由来なのだが、秩父など関東周辺の自生地では3月に入ってようやく開花する。節分の頃に咲くからセツブンソウという命名は間違いではないだろうか、と思っていたら、間違っていたのは私だった。

セツブンソウの群落。山梨の自生地では3月に咲く


旧暦は月の満ち欠けをひと月とし、現在使っている暦(太陽暦)とずれるので、旧暦から来ている多くの行事は今の暦とはずれていた。節分が新暦と旧暦とがずれて3月初旬が節分になったためではないかと思ったが、賢い人はいるもので、「節分は太陽の運行から決められているので旧暦とは関係ありません」と教えていただいた。

これはいけないと、関東中心の考えをやめて、日本全国の自生地の開花状況を調べてみた。するとわかったのは、確かに関東周辺の自生地では、3月上旬に咲くのだが、中国地方のセツブンソウ自生地や、中部地方の自生地では、実際に2月2日の節分の頃に咲くことがわかった。

特に中部地方のセツブンソウ自生地では開花が早くて、2019年1月にはもう咲き始めたようである。これでは節分の頃には花は終わってしまいそうな勢いである。

秩父の自生地。白色の花びら状のものは萼片


今、私は関東地方に住んでいるし、植物の情報も東京が中心になっていることが多い。しかしその考えにとらわれすぎていると、わからないこともたくさんある。日本の植物は当然ではあるが、日本全土に生えている。東京中心な考えだけではいけないのだ。

セツブンソウは、花そのものも、とても変わっている。花びらに見えるのは、萼であり、花弁はその内側にある雄しべのように見える黄色い棒状のもの。雄しべはその内側に沢山あり、雌しべはさらにその内側にある。花弁は黄色く、まるで蜜をたっぷり蓄えているように見えるもの。

黄色い棒状のものが花弁、先端は4つに分かれる。雌しべは雄しべの間にある紫色の棒状のもの

セツブンソウの蕾。これが上を向いて咲いてくる


セツブンソウがこんな早い時期に咲くのも、他に咲く花がほとんどないからだ。こんな寒い季節でも、アブやハエなどの昆虫は活動している。アブやハエは花粉を運んでいる。実際、飛んでいるのを観察したことがある。この時期に咲いている花が少ないため、小昆虫が少なくても、効率よく花粉を運ぶことができるのだ。

教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
沙羅双樹の花の色は? 野生のサラノキが咲くネパール・ヒマラヤで満開のシャクナゲと共に楽しむ
「沙羅双樹の花の色」という平家物語の冒頭の一節は有名だが、沙羅双樹はどんな木で、どんな花の色か知っているだろうか? 植物探検家の高橋修氏は、沙羅双樹すなわちサラノキ(シャラノキ)を見にネパール・ヒマラヤ山中に向かった。
「山歩きしながらの植物写真撮影」に向いた、オススメのカメラとレンズ
図鑑に載っている写真のように、植物を撮影するのは意外と難しい。うまく撮影するには、やはりカメラ機材にも気を使いたい。今回は、植物写真に向いたカメラについて説明する。
スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ
登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。
奄美大島の「へんな植物」たち、ユワンツチトリモチ・ヘツカリンドウ
九州のはるか南方海上に浮かぶ奄美大島は、国内では手付かずの大自然が残る場所として知られる。そこに生きる植物たちを確認すると、常識を超える「へんな」ものがたくさん見ることができる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...