立山室堂山荘からの現地情報 立山・大汝山周辺の情報

雪解けが進み急傾斜などでハイマツが出てきましたが、今年はまだスキーなどが楽しめます。登山は完全雪山装備必携。雪崩に注意。

立山室堂山荘

▲立山稜線(小屋裏4Kカメラにて定点撮影)(17.05.19 立山室堂山荘 )

富山の天気予報
明日

曇のち雨
- / -
明後日


28℃ / 18℃
(日本気象協会提供:2017年5月30日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

05/24(水) 15:50現在 曇 気温5℃ 西北西の風 平均風速1.2m

周辺状況

・雪解け進行中です。場所によっては溝ができており、少し滑りづらくなっているところがあります。
また、きつい斜面の日当たりの良い部分はハイマツや岩が出てきました。

・今年はここ数年に比べ雪が多く、スキー、スノーボード楽しめる状況です。
・ライチョウは夏毛が混じりだし首元付近マダラになっています。

・日中の気温は室堂平で5~15℃前後、朝晩は0~5℃程です。

・5/25の日の出は04:37頃、日の入りは19:00頃です。

登山道

・現在ターミナルから室堂平周辺は雪があります。
・稜線上は夏道出てますがルート全体的にはまだ雪がある状態で、融雪&凍結を繰り返していますのでアイゼン歩行時注意が必要です。

室堂山:状況によってはアイゼンが必要、トレース多数あり

浄土山:一ノ越経由は状況によってはアイゼンが必要、いくつかトレースあり、室堂山分岐経由は12本以上のアイゼン&ピッケルが必要

一ノ越まで:道は踏み固められており朝夕の時間帯はだいぶ固く、アイゼンが欲しくなる状況があると思われます。

一ノ越~雄山:現在のところ稜線上の雪はほとんど解けて夏道が露出しています。一部凍結箇所あり。

三山~別山縦走:12本爪以上のアイゼン&ピッケルが必要、雄山~大汝山で足場悪い箇所あり、状況次第では通行困難

※山に登る方はアイゼン、ピッケル必携です。

●スキー、スノーボード、登山の方へ
この時期の状況をよく理解している経験者、またはガイドとの同行をお勧めします。
雪崩などのリスクについて、周辺では特別ロープを張るなどの指示はしておりません。
各自が現場での見極めになります。

●立山一帯では、登山者及びスキーヤーは 入山届の提出と雪崩ビーコンの携帯が必要です。
詳細はこちら! http://toyamaken-sotaikyo.jp
http://chubu.env.go.jp/nagano/to_2015/post_11.html)

装備

立山室堂は完全に雪山です。
スキー、スノーボード、登山の方は冬期の装備が必要です。

・稜線上は体があおられるほど風が強いこともあり、立ち止まると一瞬で体が冷えます。ウェアは、雨・風雪にしっかり耐えられるレベルが必要。
・稜線歩きをする場合は、目出し帽と予備手袋は忘れずに。
・紫外線が強いのでサングラスと日焼け止めは通年必須。

・雪や寒さ、濡れに対処するため防寒具、雨具、防水の手袋や暖かい帽子、防水の靴(長靴)などは必須です。
・雪の照り返しから目を守るため、サングラスも絶対必要です。
・駅ターミナルから室堂山荘へは雪の上を歩きます。ターミナル前広場には看板がありますし、ルート上に竹ポールを刺してありますが、濃霧等天候によってはルートが不明瞭なこともあります。その際はお電話にてお問い合わせ下さい。徒歩でお迎えに上がります。

注意

・降雪も少なくなり雪の状態も落ち着いてきておりますが、雪崩の危険性を常に念頭に置いた行動を心がけて下さい。

その他のお知らせ

●室堂山荘HP
http://www.murodou.co.jp/

当山荘空室状況は立山室堂山荘ホームページに記載してありますのでご確認下さい。
現状5月~7月上旬は個室でご宿泊できる余裕がございます。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

立山室堂山荘周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 立山稜線(小屋裏4Kカメラにて定点撮影)
  • 今年は例年と比べて雪が多くスキーやスノーボードが充分楽しめます
  • スキーヤー
  • スキーヤー(撮影 Akira Suehiro 様 )
  • 二ノ越付近から室堂平を望む
  • 室堂平に舞い降りたヘリ
  • 山崎カール付近デブリ2本
  • 立山上空に糸を引く飛行機雲
  • 浄土北峰より富大のある南峰と竜王岳を望む
  • 手前右に雄山、左奥に剱岳の頭を望む
  • 晴ゆく雄山
  • 岩が露出している浄土山
立山室堂山荘

連絡先:076-463-1228  現地連絡先:076-463-1228
営業期間
4/17~11/23
関連山域

ユーザーからの立山・大汝山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2017年の営業は7月上旬~10月上旬の予定です。今年もよろしくお願い申し上げます。
    17年04月18日(火)
    太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    太郎平小屋は営業を終了しました。冬期は小屋の裏に冬期出入り口があり、トイレと自炊室のみ使用可能です
    16年10月31日(月)

関連のモデルコース

立山室堂山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2017年5月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 日本の雨に適したレインウェアをテスト
日本の雨に適したレインウェアをテスト 高橋庄太郎さんが気になるアイテムをフィールドテストする連載は、パタゴニアのレイン「クラウド・リッジ」をテスト!!
NEW 山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・
山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・ 山に便利なジップロックの使い方。今週は夏の山で冷たい「ぶっ掛けおろしそば」。食材の運び方、調理法にも注目!!
NEW 緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう
NEW ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート!
思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート! 1本あたり167.5gという驚きの軽さ! SWIXが新たに投入する、独自開発のカーボンを採用した「AT101-00 ソニ...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート! 約30gの軽量化を実現! 大人気シューズの新モデル、「XA プロ 3D ゴアテックス」の実力は…!?
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン 全天候型ストレッチレイン「ティフォン50000」シリーズ。高い透湿性、しなやかで肌触りよい生地を採用。詳しくはこちら
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」 新開発の背面システムで、軽さと背負い心地を両立させたライトウェイトモデル、その特徴は…!
新緑が美しい季節の高尾山
新緑が美しい季節の高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!