登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
ビアマウントを楽しむ 高尾山(稲荷山)→城山→高尾山→ビアマウント 高尾山・城山(小仏城山)(関東)
img

記録したユーザー

みち さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(11:15)・・・稲荷山(11:50)・・・高尾山(12:30)[休憩 50分]・・・大垂水峠分岐・・・城山(小仏城山)(14:10)[休憩 160分]・・・大垂水峠分岐・・・高尾山(17:30)[休憩 15分]・・・高尾山駅(18:30)

総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約972m
下り:約690m
コースタイム 標準:4時間5分
自己:3時間30分
コースタイム倍率 0.86
高尾山のビアマウントと極楽湯へ行こうという話しがあり
登りたい人だけ、城山集合となった。

私は暑さに弱いし、ゆっくり登りたいから単独で先行。
稲荷山から高尾山山頂へ登り、かき氷を頼んだところで
救急車がお店の前へ入ってきて驚く。
消防隊(?)の方々は、そのまま城山へ向かう方向へ降りて行き
しばらくすると、担架で救助された方が救急車に乗せられていった…。
ちょっと動揺してしまったけれど、気を引き締めて出発。

城山までの道は、高尾山へ向かう方が多かった。
私が階段を休み休み登っていると、何人かの方が
「これから城山?大丈夫?」って声をかけて下さった。
友人と合流する事を説明したら、みなさん安心顔。
単独で登りたいのなら、体力をつけなければ。

城山へ到着すると、結構人がいたのでホッとする。
遅いお昼を食べてから、芝生でゴロゴロして待つ。
本を読んでいるうちに、うっかり昼寝してしまった。

メンバーが揃って、再度、高尾山山頂を目指す。
最後の階段は、やっぱり辛かったけれども
富士山も見られたし、夕日は綺麗だったし、大満足。
その後はビアマウントで賑やかに楽しんで、ケーブルカーで下山。
極楽湯で入浴後、更にお酒を飲んで楽しい一日が終わった。

でも今回、とても不安になった。
それは2組から道を聞かれたのと、救急車での救助を見た事。
最初は稲荷山から高尾山へ登る、笹が多い道で。
下って来た方から「こっちは何駅ですか?」と聞かれ
「高尾山口駅ですよ」と答えて通り過ぎた。
直後『あの靴や服じゃ厳しいかも?』と思い、振り返ったけれど
もういなかった。でも、まだ12時くらいで登って来る人も多いし
大丈夫かな。と先に進む。

2度目は城山から高尾山山頂へ戻る時に。
もう日が落ちて来ているのに、3つに分岐するところで
城山方向へ向かいながら「こっちが駅ですよね」と言われた。
靴はスニーカーで普段着。荷物もほとんど持っていない。
これはさすがに危ない!と思い、地図を見せながら
山頂を通らずにケーブルカー駅へ行く道を説明して
森の中は、すぐに暗くなるから急いで行くよう伝えた。

高尾山は何度も登って、いろいろなルートを試してみたから
道を説明する事もできたけれど、それでも別れた後で不安になる。
これが、私もはじめての山だったら、教えたくない。
地図を貸してあげるから、自分で見て下さいって思ってしまう。

私が一人で登っていると、大丈夫?どこへ行くの?って
声をかけて下さる方がいるけれど、改めて、ありがたいな。と思う。
事前準備は、初心を忘れずに慎重にやろう。
そして嫌だなーって思っていたトレーニング。
いつかテント泊したい!という目標があれば、頑張れる気がする。
まずは日常的に歩く距離を延ばして、気が向いたらスクワットをしてみよう。

登山中の画像
  • 稲荷山から
  • 高尾山山頂。今日も雲ばかり
  • 城山への階段。ここまで来ると、すごく嬉しい!
  • 約1週間ぶりの天狗さん
  • 城山から相模湖側。やはり雲ばかり
  • 美味しい!なめこ汁
  • ここだけ紅葉が。メンバーが集まるまで、ちょっとお昼寝
  • 遠くに富士山が!
  • 夕焼けがきれいだった
  • 夜景もきれいだったけど、うまく撮れず
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?