登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
以東岳(大鳥池) 2017 以東岳(東北)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2017年9月17日(日)

  • 利用した登山口

    泡滝ダム  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:柏崎(19:00)~R116,R7~笹川流れ~R7~温海温泉IC~鶴岡西IC(無料区間)~R112~県道44,349~泡滝ダム下駐車場(0:50)・・・30台ぐらい停められる。

  • 天候

    曇、山頂ガスで暴風
    [2017年09月17日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

泡滝ダム(05:17)・・・七ツ滝沢吊橋(06:20)・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)(07:06)[休憩 10分]・・・東沢出合(07:33)・・・以東岳(09:00)[休憩 8分]・・・オツボ峰・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)(10:40)[休憩 5分]・・・七ツ滝沢吊橋(11:19)・・・泡滝ダム(12:13)

総距離 約22.6km 累積標高差 上り:約2,412m
下り:約2,412m
コースタイム 標準:11時間35分
自己:6時間33分
コースタイム倍率 0.57
せっかくの三連休、土曜日が仕事で日曜日から月曜日にかけて大型の台風18号がやってくる。
影響が無いうちにピークハントをしようと土曜の仕事が終わった後に向かった。
真夜中に着いた泡滝ダム下駐車場には15台ほどの駐車。晩酌後に車中泊。
5:00の目覚ましで飛び起き直ぐに着替えて出発し、100m程で泡滝ダムへ。水力発電所への取水ダムのよう。
直ぐに登山口、ここから沢沿いにしばらく行く。支流を数ヶ所渡り吊り橋2ヶ所目が七滝沢。
少し横移動の後クネクネ路を登る。結構な人達とすれ違った。皆山小屋泊で天気が悪くなる前に下山する賢明な行程だ。道は水平部が多いので疲れない。登りきり少し平坦路を行くと大鳥池が木の隙間から見え出しタキタロウ山荘に到着。
漫画の釣りキチ三平で見たシーンを思い出して何だか懐かしい。
水門を渡り直ぐに分岐地点、直登コースへ進み東沢出合まで湖面ギリギリの道を行くが、池は深そうだが水際は底部が見え、すり鉢状ではないので引き込まれる様な気持ち悪さはない。
腰まで浸かって釣りをしている人もいた。
直登コースはその名の通りだが適度な段差がステップになり登りにくさはなく、振り返ると大鳥池とその背後の山々が良い景観。しかし正面に見えるはずの以東岳はガスの中。
まあ台風が近づいているので、今日は登ることが出来れば良しと言ったレベルの登山なので、気落ちはせずに山頂を目指した。
また途中ですれ違った下山者が山頂付近の強風を教えてくれたため、身構えて行った。
突然山頂避難小屋がガスの中に現れる位のガスの濃さ、改修中なので利用ができず通過し程なく山頂へ、大朝日岳方面への分岐点から数十m先の丈の低いゴツゴツ岩が集まったところに三角点があった。誰も居らず、風も強い、近くのドウダンの紅葉が始まっていたのが判った。
低木しか無いので、晴れていればかなりの眺めでは無いかと思う。
帰りはオツボ峰方面に回ったが、尾根上は山頂より更に強い東からの強風で飛ばされそう。粒混じりのガスで水滴が眼鏡に付いて前が見辛い。しばらく行くと砂礫帯が時折あり、まだまだ多くの花が咲いていた。
樹林下になると体に当たる風も弱まり快適。道には長く石畳があり、良く整備されて歩きやすいが、大鳥池が近付くに連れてブナの根の急坂が現れ、登りに使うには直登コースよりも厳しいのではないかと思う位の傾斜と路面状況だった。
大鳥池から駐車場まで沢沿いの往路と同じ道を延々と歩き無事に着いた。

コース全体の距離や急登は有るものの、半分は沢沿いの歩きやすい道なので、距離ほどの負荷は感じずに歩けると思う。
中腹の草原や山頂付近の紅葉が始まっていて、山や谷間の見頃は二週間後位では無かろうか。
その頃や新緑の頃にも来てみたい山のひとつと思った。

帰りにR112から少し入った所にあった、かたくり温泉ぼんぼで汗を流して帰って来た。430円也。
肌がスベスベになり、味はショッパイ。





参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?