登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
三条の湯泊で雲取山 天平尾根を登り鴨沢へ下山 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん

この登山記録の行程

【1日目】
親川(10:40)・・・丹波天平(12:05)[休憩 20分]・・・サオラ峠(13:20)[休憩 10分]・・・三条ノ湯(15:20)

【2日目】
三条ノ湯(06:00)・・・三条ダルミ(07:55)[休憩 15分]・・・雲取山(08:40)[休憩 30分]・・・小雲取山・・・雲取奥多摩小屋(09:45)・・・ブナ坂(10:05)・・・七ツ石山(10:20)[休憩 20分]・・・七ツ石小屋(11:05)・・・堂所(11:30)[休憩 10分]・・・小袖乗越(12:50)[休憩 10分]・・・鴨沢(13:20)

総距離 約26.4km 累積標高差 上り:約3,015m
下り:約3,035m
コースタイム 標準:11時間40分
自己:10時間5分
コースタイム倍率 0.86
 2017年にやっぱり2017メートルの雲取山は欠かせない。初めての天平(デンデロ)尾根を登り、三条の湯につかってから雲取というコースを歩いた。晴天に恵まれ、展望最高、紅葉もきれいで満足の山行だった。
 登りに利用した天平尾根は、ヤマタイムの地図では親川から真っ直ぐ尾根を登っているが、実際の登山道はすぐ左に入り、つづら折りをこえた廃屋の先で北斜面に回り込み、丹波天平の約1.5キロ手前まで尾根筋の北側を迂回している。道標はしっかりしているので安心だが、一部落ち葉で道が不明瞭になっているところがあった。赤いテープの目印を見落とさないように注意してたどった。
 尾根に出てから電波塔のある丹波天平、そしてサオラ峠までは気持ちのいい尾根道。紅葉の中を、落ち葉を踏みながら歩く気持ちのいいコースだった。このコースは歩く人が少ない。10人ほどのパーティーと会ったが、静かな山歩きが楽しめた。
 三条の湯に泊まったのは20年以上前以来。小屋も増設され、きれいになっていた。やっぱり温泉につかると疲れがとれる。山小屋で温泉に入れるのは贅沢である。この日はツアーの団体が入っていたとのことでほぼいっぱいのようだった。
 朝食は5時15分から。道が見えるようになった午前6時に出発した。
 雲取山頂は雲一つない晴天、大展望を満喫した。富士の左手に南アルプスが雲海の上に浮かび、西から北にかけては北奥千丈岳や甲武信岳そして浅間山が。白く輝く北アルプスも望めた。
 下山の鴨沢は雲取で最もポピュラーなコース。この日も多くの登山者とすれ違った。久しぶりにブナ坂から七ツ石山を経由した。途中丹波山村によって地名の案内板が立てられていた。六ツ石山の近くに「将門馬場」というところがあるが、「同所」、「小袖」という地名が将門伝説による地名ということを初めて知った。親切な案内である。

登山中の画像
  • 親川バス停手前の天平尾根登山口。サヲウラ峠入口とある
  • 廃屋の前を登っていく
  • 要所要所に道標あり
  • 深い落ち葉を踏んでゆく。道がわかりづらいところあり
  • 電波塔のたつ丹波天平
  • カラマツの紅葉が美しい尾根道
  • サオラ峠。小さな祠が立つ
  • 三条の湯へ下る道。紅葉が西日に映える
  • 紅葉の染まる飛龍
  • 三条の湯
  • 早朝の三条の湯。みんな出発準備
  • 白い月が飛龍にかかっていた
  • 富士が見えると三条ダルミは近い
  • 三条ダルミからの眺望
  • 山梨の雲取山頂から
  • 雲取山頂
  • 浅間山
  • 南アルプス
  • 石尾根縦走路。七ツ石山の右に大岳山、御前山
  • ブナ坂までは富士と二人連れ
  • ブナ坂。直登すると七ツ石山。右は巻道
  • 七ツ石山山頂。雲取が正面に
  • 七ツ石小屋
  • 紅葉の下山道
  • 丹波山村によって建てられた案内板
  • 小袖乗越の登山者用駐車場。きれいなトイレあり
  • 鴨沢バス停
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山荘周辺では10cmほどの積雪あり。曇りから雪に変わり、更に積もる可能性あり
    19年02月19日(火)
    七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    昨日は少し降雪がありましたが、ほとんど積もりませんでした。温かい気温となっています
    19年02月07日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!