登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
2017年の山、雲取山へ 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

opiro772 さん
  • 日程

    2017年11月20日(月)~2017年11月21日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・自宅出発は5:30 、村営小袖駐車場まで85km程で約2時間
    ・村営小袖駐車場のトイレは11月末まで使用可能です

  • 天候

    11/20(月) 曇り、石尾根では北西の冷たい風(雲取山避難小屋の気温計で0℃)、11/21(火) 快晴、ブナ坂まで北西の冷たい風(雲取山避難小屋の気温計で-3℃)
    [2017年11月20日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

[1日目]
8:00 村営小袖駐車場 - 9:10 堂所(休:10) - 10:02 七ツ石小屋(休:16) - 10:40 七ッ石山 - 10:58 ブナ坂(ブナダワ) - 11:30 奥多摩小屋(昼休:20) 11:50 - 12:40 雲取山 - 13:10 雲取山荘
[2日目]
6:42 雲取山荘 - 7:06 雲取山 - 7:40 奥多摩小屋 - 8:14 ブナ坂(ブナダワ) - 9:10 堂所 - 10:16 村営小袖駐車場

総距離 約20.9km 累積標高差 上り:約2,097m
下り:約2,097m
コースタイム 標準:8時間55分
自己:8時間55分
コースタイム倍率 1.00
【コース状況】
・鴨沢コースは整備された登山道です
・これからの時期は降雪もあると思いますので軽アイゼン等のご準備を

【感想】
やっと時間が取れたので久しぶりに山を歩いてきました。

向かったのは2017年の山、標高2017mの雲取山です。
もう何度も足を運んでいますが、今年度中には歩いておきたかった山でもあります。何時もなら日帰りで歩く山ですが2017年の山記念と言うことで、雲取山荘にも初宿泊させていただきました!

鴨沢コースは何度も歩いているので特にこれと言ったことはありませんでしたが、先週末からの寒気で七ツ石山からは北西の冷たい風はすでに冬山の様相でした。
何時もは気持ち良い石尾根の稜線ですが休むと一気に冷えるので、殆ど休むことなく雲取山山頂を越えて雲取山荘まで歩いちゃいました。

しか~し、13:00過ぎに着いたらなんと受付は14:00から。
仕方ないので山荘前のベンチでコーヒーを飲みながら待っていたけど、風花も舞ってきたので身体も全然暖まりませんでした...
14:00過ぎに受付し、部屋に行ったら「コタツ」があるんです!
外で1時間ほど待っていたので「コタツ」の暖かさが身に染みました、結局夕食時間までコタツでマッタリしちゃいました。
そして夕食後は山で泊まったときの定番である星景写真、やはりこの時期の寒さは堪えます。撮影時間は1時間が限界でした(^^;)。

翌朝も快晴、山荘前でご来光を見て、雲取山へ登り返して下山です。
雲取山山頂では前日拝めなかった富士山も出迎えてくれました、西に目を向けると真っ白になった南アルプスの山並み、南に視線を移せばキラキラ光った東京湾まで見渡せる大展望でした。
下山時も右手に視線を移せば常に富士山を見ながらの下山路です、七ツ石小屋下位まで今日は沢山の富士山の写真を撮りながらの下山でした。

計画では別の山を予定していましたが年初から行きたかった雲取山、そして星景写真、ご来光に雲取山山頂からの大展望と大満足な2日間の山歩きを満喫してきました。


【下山後の日帰り温泉】
・ 丹波山温泉 のめこい湯
山梨県北都留郡丹波山村778-2
0428-88-0026
・奥多摩温泉 もえぎの湯
東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
0428-82-7770
上記2つが近いです

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

opiro772さんの登山記録についてコメントする
  • モーちゃん さん
    opiro772さん、はじめまして。
    私も友人と登る予定でしたが、天候による体調の悪化が心配になり見合わせました。やはり寒かったのですね。でもそのお蔭で、強い寒気が汚れた空気を押し流し、眺望が良くなったのでしょう。富士山に南アルプス、そしてキラキラ輝いた東京湾。星空に日の出もいいですね。ブナ坂のダンシングツリー(くね松)が健在で安心しました。私達は行けなかったけれども楽しませていただきました。詳細な登山記録と66枚の写真、ありがとうございました。

  • opiro772 さん
    モーちゃんさん、こんばんは。
    早々にコメントいただきありがとうございます。

    1日目は曇りがちでしたが18:00過ぎから雲が切れ、山荘前では満点の星となり、2日目は雲一つない快晴でご来光も見ることが出来、雲取山荘に宿泊して良かったです。

    私の中では「距離の雲取山」「標高差の男体山」、雲取山は普段なら間違いなく日帰り(トレーニング)の対象の山ですが、こうしてゆっくり歩いて見るのも良いなと改めて思いました。

    モーちゃんさんも頻繁に山を歩かれているんですね、体調には留意しながら無理せず登山を楽しまれてくださいね。

関連する現地最新情報

  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    積雪はありません。今日は小雨ですが、雪に変わるかもしれません。
    19年12月10日(火)
    七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    降雪にはならず、周辺は積雪・凍結ともにありません。チェーンスパイクを携行しましょう
    19年12月10日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

opiro772 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?