登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
湖南アルプスでクリスマスを祝う 太神山、矢筈ヶ岳、笹間ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年12月17日(日)

  • パーティ

    5人 (Yamakaeru さん 、ほか4名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:天神川渓谷を目指す。「アルプス登山口」のバス停を過ぎてそのまま林道を登っていく。太神山の登山口手前に数台の駐車場があるが、今回は周遊のため、林道の中間地点にあったスペースに車を停める。迎不動のところにトイレあり。

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

林道のスペース駐車(08:27)・・・迎不動(08:43)・・・大岩(08:44)・・・太神山登山口(08:54)・・・泣不動(09:22)・・・二尊門(09:30)・・・不動寺(09:42)・・・太神山・奥の院(09:57)・・・矢筈ヶ岳への分岐(10:19)・・・矢筈ヶ岳(10:51)・・・大谷河原(11:49)・・・笹間ヶ岳(12:15)(昼食~13:04)・・・林道のスペース駐車(13:56)


総距離 約14.8km 累積標高差 上り:約1,063m
下り:約1,062m
夜通し鳴り響く雷と強風。北陸の冬到来。と言うことで悪天候を避けて、湖南アルプスにやってきた。
湖南アルプスは金勝アルプスのすぐ隣。ゴツゴツした特徴的な金勝アルプスの岩肌が間近によく見える。
太神山の登山口すぐ手前に5、6台の駐車場があるが、今日は周遊したいのでそこに停めると、降った後に延々と林道を登ってこなければいけないのでと、ちょうど中間くらいのところにあったスペースに停めさせてもらった。矢筈ヶ岳へ向かう登山口近くなので、太神山から矢筈ヶ岳を巡って降りる方にはちょうどいいかも。
北陸のどんよりした空が嘘のように綺麗な青空が澄み渡っている。準備を整えて林道を歩いていく。あまりアスファルトの道を歩くのは好きではないが、途中、途中、迎不動(むかえふどう)という見どころや川のせせらぎを聞きながら、紅葉時にはさぞ綺麗なんだろうと想像しながら歩いていたらあっという間に太神山の登山道入り口についた。
登山道は、綺麗に整備されていてとても歩きやすい。なだらかな道で登山というよりはハイキングといった感じ。金勝アルプスにも岩を削った仏像がいっぱいあったが、こちらにも立派な仏像があった。泣き不動とは名前も珍しい。
どんどん進むと、ふと、森の中に鳥居が見えた。木製の鳥居。へんに朱で彩っていない分、かえって趣がある。その鳥居の奥に参道を挟むように2つの石像があった。二尊像。手を合わせているのが矜羯羅童子。考える人みたいなのが、制多迦童子というらしい。とても愛嬌のあるお姿をしていて、一目見て気に入ってしまった。なぜこんな姿形をしているのか、由来とかぜひ、解説を置いておいて欲しいののだ。
先程、山道ではなく参道と表現したが、ここからはまさしく参道。歩いていくと太神山不動寺(たなかみさんふどうじ)にたどり着いた。その奥にはちょっとした広場があって赤い炎を背負った不動明王の像が立っていた。なんと力強いお姿か。あとで調べたら山伏が集まり護摩焚きも行われているとか。
その広場の左奥に石畳の階段があって、そこを登っていく。結構急な階段で、今日1番の急登?間違いなし。上の方に太神山不動寺の本堂がある。まるで京都の清水寺の舞台を模したように、細い柱が何本も組み重なって建物を支えている。よくみると大きな岩の上に柱が立っていたりと結構アンバランスな感じ。よく倒れないものだと感心する。
上にたどり着いてお参りする。明かりもなく真っ暗な部屋。なんとなく重苦しい感じがした。不動本尊が祀られている。本堂の隣に建物よりも高くせり出している大きな岩があった。なんとかよじ登ってみると、遠くの町が見渡せる絶景だった。でも、降りるのも一苦労。岩の下の方は胎内くぐりができるようになっている。ご利益?求めて2周してみた。
太神山(たなかみやま、標高599.7m)の三角点にタッチ。さらに奥に祠(奥の院)があるというのでお参りしてくる。
来た道を下り、途中の分岐から矢筈ヶ岳(やはずがたけ、標高562m)へと向かう。
今日は本当に水平方向の移動が多い。なだらかな登山道を軽快に進む。と思ったら矢筈ヶ岳の山頂手前はぐっと登りがあった。山頂はあまり眺望はない。まぁ通過点として再び降って、今度は枝という方向へ進む。最後まで行ってしまうと降り切ってしまうので途中で次の目的地、笹間ヶ岳を目指す。
御仏河原と呼ばれるポイントで分岐を見つけるが、バツ印が付いていて進むことができない。笹間ヶ岳への分岐はここに間違いないはずなのに?と思って、もう一度道を探すと、看板の手前に鋭角に左に折れた道があった。あまりの鋭角さと草木に覆われていたせいで見落としていた。少し進むと池が見えてきた。池を回り込むように進む。小さな池がいくつかあって、どれも水が物凄く済んでいた。大谷河原を通って、笹間ヶ岳(ささまがだけ、標高432.9m)へ。山頂にはひと際大きい岩があった。八畳岩だ。正面には鎖があって、よじ登ることもできるが、裏側から普通に登ることが出来る。上に登ると八畳岩の名の通り、イナバの物置ではないが、大勢が一度に登っても余裕の大きなスペースがあった。そこから眺める景色が実にいい。大津市方面が見渡せる。あまりの眺望に、つい足が一歩出てしまうが、八畳岩の真下は絶壁になっているので要注意。
岩の上で昼食を取りたかったが、それはあまりにもひんしゅくという事で岩の下で風を避けながら昼食をとる。ご飯を食べた後、山仲間と少し早いクリスマスという事で、ドイツのクリスマスケーキ「シュトーレン」と美味しいコーヒーでプチ忘年会も兼ねて団らんのひとときを過ごす。もともとはソロが多かったが、このメンバーとの登山がとても面白く、今年もたくさんの山を共にした。良き山仲間に感謝だ。
あとは一気に降るだけ。「上関」のバス停方面もあるが、車を停めた関係から「アルプス登山口」のバス停方面へと向かう。途中で林道と合流して、登山も終了。今歩いてきた山を眺め余韻を感じつつ、あとは車のところまでハイキング。思っていた以上に快晴で、クリスマスパーティー付きの楽しい思い出に残る登山だった。

登山中の画像
登山画像
林道のスペースに車を停めてスタート。
登山画像
迎不動。文字通りお出迎えって感じ。
登山画像
大岩。手前の川は子供とかも遊べる綺麗な河。
登山画像
まつぼっくり。
登山画像
整った道です。
登山画像
これって逆に松茸があるぞーって言っているよう…
登山画像
泣不動。なんで泣いてんだろう???
登山画像
二尊門です。結界だっ。
登山画像
手を合わせているのが矜羯羅童子。
登山画像
考える人みたいなのが、制多迦童子。
登山画像
太神山不動寺(たなかみさんふどうじ)の本堂。京…
登山画像
本堂の入り口。
登山画像
中は真っ暗。
登山画像
胎内くぐり。
登山画像
ここにもちっこい不動明王。でも破壊力?はあり…
登山画像
太神山(たなかみやま、標高599.7m)。
登山画像
奥の院。
登山画像
奥の院の横にある樹。岩にめり込みながら育って…
登山画像
赤い炎を背負った不動明王の像が立っていた。な…
登山画像
急な坂を上ると。。。矢筈ヶ岳(やはずがたけ、…
登山画像
あまりの寒さで池の表面が凍っている。
登山画像
綺麗な池が。。。。
登山画像
笹間ヶ岳(ささまがだけ、標高432.9m)。
登山画像
山頂にひと際大きい岩。これが八畳岩だ。
登山画像
八畳岩の上からの絶景。どひょー。(どっひゃー…
登山画像
さあ、クリスマスパーティー。コーヒーとドイツ…
登山画像
帰り道。犬???石のアートだ。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    100人乗っても大丈夫(●^^●)

  • Yamakaeru さん
    一度乗せたみたいね。(^ ^)

  • レオ さん
    良き山仲間になれて良かったです。

  • Yamakaeru さん
    いつもレオさんのおかげです。(^ ^)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2021年3月5日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。