登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
十二ヶ岳 十二ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

登登路 さん
  • 日程

    2018年3月17日(土)

  • パーティ

    2人 (登登路 さん 、けんじ さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大石峠登山口駐車場(無料)
    駐車場と言うよりは、河川敷の駐車スペースです。
    駐車スペースに設備は何もありません。

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2018年03月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

スタート(06:13)・・・(07:34)大石峠(07:44)・・・(08:16)金堀山・・・(08:53)節刀ヶ岳分岐・・・(08:56)節刀ヶ岳(09:19)・・・(09:23)節刀ヶ岳分岐・・・(09:33)金山・・・(10:08)十二ヶ岳(10:21)・・・(10:49)十二ヶ岳吊橋(10:50)・・・(11:45)一ヶ岳・・・(11:48)毛無山(11:50)・・・(13:17)ゴール


総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,300m
下り:約1,301m
2018年最初の登山へようやく行けました。天候が合わない日が多く、この日の気温は-3℃で、風が7m~3mほどの予報でしたが、実際山行中の風は終日1m~3mほどしか無かったと思います。
十二ヶ岳は鎖場が多いと、どこかのサイトで見たので行って見たいと思ったのが始まりで、一ヶ岳から順々に十二ヶ岳へ向かうコースでも良かったのですが、どうせなら他の山も一緒に回ろうと思い、大石峠から十二ヶ岳を経て毛無山へ向かう時計と反対周りで進む周回コースを選択しました。


10:00ころまでは天気もよく、富士山がよく見えました。何故か富士山が見えるとテンションが上がるのですよね。高い山であろうが低い山であろうが、大体ヘトヘトになるのです。そして、このシーズン最大の問題は花粉症。目が痒く、鼻水は出る、くしゃみ、のどが痛痒いと言ったコンディションの中、久しぶりの登山でもあったので
行ってきました。案の定、体調はボロボロでしたけど。
前日が雨だったので、登山道のぬかるみを気にしていましたが、そこは全く問題なかったです。ドライな登山道でした。


節刀ヶ岳はとても良かったです。眺望も良くて風もなく温かい感じで穏やか。ほんわか気分でしばらく休憩した後、十二ヶ岳へ。
十二ヶ岳そのものはそれほど感動もなかったですが、そこから十一ヶ岳へのルートが意外とハードで楽しかったです。体調良ければもっと良かったのですが。
そこからは淡々と十ヶ岳→一ヶ岳と登場し、ゼロが毛無山なんですかね?
毛無山はなんで毛無山?イメージ的には毛はあるんだけどナ。
アップダウンは繰り返しありまますが、稜線を進む感じですので、それほど大変では無かったです。


毛無山からは未整備登山道のような、獣道風な登山道を経て、ゴールなんですが、このルートが秩父の両神山にある天理岳ルートを思わせる感じ。登山道っぽくない道なんで怖い。この時の失敗は登山道迷いが原因だったのです。
そして、今回失敗したのですが、通常スマホのGPSを使って登山マップを利用しているためモバイルバッテリーを持参しているのですが、充電するためのケーブルを忘れてしまいました。GPSとマップだけは動かしたかったので、機内モードにして余計な電池の消耗しないようGPS+マップだけ動かしたところ、7時間は持ちました。スタートした時にはすでに70%しか充電がなかったので、100%あればもっと充電はもちましたね。ゴールした時には14%ほどになっていたので、もう少しは動いたかもしれませんが、もっと長い山行だと危なかったです。ここが電子機器の危険なところですね。無事下山できたので良かったです。ゴールまでに7組くらいの方々に会いました。

帰りはもちろんお・ん・せ・ん!
湯につかり、汗+花粉を流し、スッキリ。(アレルギーは治らない)
食事は道の駅の食堂にしましたが、ビスケット天ぷらってメニューに興味を惹かれ、これとおすすめ定食ってのを頼みました。ビスケットをてんぷらにしたのがビスケット天ぷらです。そのまんまですね。味はイモの天ぷらに似ています。以外とイケてました。おすすめ定食は、何の定食だかわからないまま頼みましたが、出てきたのはワカサギの天ぷらとご飯、お味噌汁、辛い支那竹、お新香って組合せです。これがとても満足感満載でした。美味しかった。こう言うメニューって自ら進んでオーダーすること無いので、聞かないでおすすめを頼んだのは正解でした。
登山に温泉にグルメ、今年もあちこち行ってみようと思います。

登山中の画像
登山画像
駐車スペースからこの道を進むと大石峠登山口と…
登山画像
ここが登山口最初の分岐。大石峠へ向かいました。
登山画像
大石峠です。あたりは開けていて天気がよければ…
登山画像
今回は節刀ヶ岳へ向かいました。
登山画像
金堀山へ到着。言われなければ気づけなかったで…
登山画像
節刀ヶ岳山頂です。午前中は雲の流れが速かった…
登山画像
じゃーん。富士山です。まだまだ雪を被ってます…
登山画像
雲海すごいでしょ。これが怒涛の如く押し寄せて…
登山画像
雲海が山にぶつかっている様子
登山画像
この分岐を経て十二ヶ岳へ
登山画像
ロープ多い。結局どれも使いませんでいたけど。
登山画像
西湖が見えました。良い眺望です。
登山画像
だんだんと雲に襲われだしましたが、何とか富士…
登山画像
十二ヶ岳へ到着しました。
登山画像
イキナリ十二ヶ岳からスタートになります。
登山画像
お賽銭をお願いします。
登山画像
毛無山へ向かいますが、この間に12から1までのヶ…
登山画像
十二ヶ岳~十一ヶ岳の間にはいくつか鎖場やロー…
登山画像
十二ヶ岳と言えばこの有名な吊り橋。片側が少し…
登山画像
十一ヶ岳
登山画像
十ヶ岳
登山画像
八ヶ岳ん?九ヶ岳は??うっかりスルーしてしま…
登山画像
七ヶ岳もう壊れすぎてパズルのピースみたいな形…
登山画像
六ヶ岳
登山画像
五ヶ岳
登山画像
四ヶ岳
登山画像
三ヶ岳ここからカウントダウン
登山画像
二ヶ岳
登山画像
一ヶ岳
登山画像
毛無山へ到着大分曇ってきてしまいました。もう…
登山画像
毛無山から淵坂峠へ向かいここが到着した分岐地…
登山画像
登山後の帰りは「ゆらり」さんでくつろぎタイム。
登山画像
料金表です。タオルとバスタオル付でした。
登山画像
これ道の駅の食堂にあったのですが、何かわかり…
登山画像
ずばり、おすすめ定食ってメニューをオーダーし…
登山画像
帰りの談合坂PAでケバブを食べました。以前、食…
登山画像
チーズ増しのケバブ(小)です。美味しかったです…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登登路さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    ここ数日雨や曇で例年より涼しく感じます。本日快晴で夏復活ですが、朝夕は長袖必要です
    19年08月29日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

登登路 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...