登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
南八ヶ岳5座縦走(美濃戸口から) 硫黄岳 横岳 赤岳 中岳 阿弥陀岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

KHSACOB さん

この登山記録の行程

美濃戸口(01:28)・・・美濃戸(02:13)[休憩 8分]・・・堰堤広場(03:00)・・・赤岳鉱泉(03:52)[休憩 51分]・・・赤岩ノ頭(06:35)[休憩 17分]・・・硫黄岳(07:17)[休憩 29分]・・・大ダルミ(07:59)・・・横岳(08:58)[休憩 5分]・・・赤岳天望荘(10:05)[休憩 8分]・・・赤岳(10:46)[休憩 74分]・・・中岳のコル(12:35)・・・阿弥陀岳(13:17)[休憩 52分]・・・不動清水(14:28)[休憩 7分]・・・御小屋山(御柱山)(15:15)・・・御小屋尾根登山道入口(15:45)・・・美濃戸口(16:13)

総距離 約19.5km 累積標高差 上り:約2,181m
下り:約2,181m
コースタイム 標準:13時間10分
自己:10時間34分
コースタイム倍率 0.80
21日から22日にかけて季節外れの積雪があり雪を楽しみに23日に行きましたがラッセル地獄で前に進めず、土日で登山者も入ったことと思い晴天の今日南八ヶ岳を堪能しに行ってきました。
やはりこの時期午後は雪が緩みます、アイゼンも効きが悪くなり下りは雪と一緒に落ちていくってな感じです。
下山は転倒、滑落に要注意!
快晴・無風ですべてが見渡せる大展望でした!

登山中の画像
  • 積雪状況が分からないので雪が緩む前に下山しようと早めに出発します。
  • 赤岳鉱泉に向かいます。
  • 赤岳鉱泉の氷の壁
  • 硫黄岳に行くはずが、なぜか大同心方面に進んでました。ヤバイ
  • 大同心の写真を撮ってすぐに引き返します。
  • 本日の最終目的阿弥陀岳に朝日が
  • 本日の予定 硫黄岳⇒横岳⇒赤岳⇒中岳⇒阿弥陀岳
  • 赤岩の頭山頂 左から中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳
  • まずは硫黄岳を目指します!
  • 赤岩の頭から御嶽山と乗鞍岳を
  • 硫黄岳から横岳⇒赤岳⇒阿弥陀岳を
  • 硫黄岳山頂をロックオン!
  • 硫黄岳山頂、爆裂火口見学に
  • 山頂から横岳⇒赤岳を
  • 爆裂火口
  • 浅間山
  • これから向かう峰々
  • 硫黄岳山荘は雪の下
  • 次は横岳を目指します!
  • 山頂をロックオン!
  • 赤岳に向かってトラバース、雪もゆるゆる!
  • 歩いてきた横岳、硫黄岳を振り返る。
  • 目指せ赤岳
  • 地蔵の頭
  • これから50分かけて登ります。
  • 赤岳北峰をロックオン!
  • 赤岳南峰
  • 本日のメイン!阿弥陀岳
  • まずは中岳を超えます。
  • これから20分かけて登ります!
  • 思わず立ち止まって、富士山、権現岳、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を1枚に
  • 阿弥陀岳の梯子、23日は雪の下でした。
  • 急登を振り返ってみる。
  • 本日の目標 阿弥陀岳
  • 中央アルプスから北アルプスまで全て見えます!
  • 北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山
  • 中央アルプス
  • 御嶽山
  • 乗鞍岳
  • 穂高連峰
  • 北アルプスを順番に撮影してみました。
  • 蓼科山
  • 北横岳
  • 硫黄岳と後ろに浅間山
  • 横岳
  • 赤岳
  • 尾小屋尾根を下ります。
  • 赤岳、阿弥陀岳を振り返る。
  • かなりの急勾配
  • 最後に南アルプスを
  • ひたすら樹林帯の中を下ります。
  • 嫌な予感
  • 最後に舗装路歩きはつらい。
  • 無事15時間の山旅から帰還しました!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、マット(個人用)、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

KHSACOBさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    日中の気温が上がり、23℃ほど。登山道に支障はありませんが、熱中症にご注意を
    18年07月20日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    今週から晴れる日が多くなってきそうなので夏らしい山歩きができるようになるかもしれません。
    18年07月09日(月)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    クロユリが見頃です。例年より多く咲いています。長雨が続いていますので、登る際は足元に注意
    18年07月06日(金)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    オーレン小屋周辺では、ヒメイチゲ、シロバナヘビイチゴ、オサバグサ、タケシマラン、キバナノコマノツメ等が開花しています
    18年06月16日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

KHSACOB さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。