登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
春の突貫三連発 ①養老山フルナイトハイク 養老山 小倉山 三方山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

鋸太郎 さん

この登山記録の行程

養老公園1910……1930養老の滝1935……2040三方山2045……2100小倉山2105……2120養老山2125……2135小倉山2135……2135小倉山山頂園地2140……2148三方山分岐2148……2300養老公園


総距離 約10.1km 累積標高差 上り:約1,266m
下り:約1,268m
三連発第一弾は養老山のフルナイトハイクです。
夜中から登り始めて山頂で御来光という登山はよく行いますが、考えてみれば夜間に下山したことはありません。
今回はその経験を積んで置きたかったことと、濃尾平野の夜景が見たくて企画しました。
  
養老公園の駐車場では引く程の強風でしたが、耐風姿勢が必要な夜間登山も一応は経験していますので、必要があればセルフビレイを取りながら何とかしましょうと結論付けました。
結局はお山の中では微風に変わったのですけどね。
胸を撫でおろしました。
  
天気は快晴、頭上には満月が煌々と輝いていました。
月齢を読んでの夜間登山など一度もしたことがないのですが、よっぽど危なっかしいのか、夜行の度に照らして貰っています。
今回も稜線以上ではヘッドライトが不要に思えるほどでした。
  
養老の滝を眺め、三方山や小倉山を経て無事養老山頂を踏んで下山しましたが、ヘッドライトでの下りは、想像通り登り以上に注意が必要でした。
登りはとりあえず次の一歩を照らせば良いですが、下りはもう少し広く見なくてはいけませんし、角度の分だけ照射距離が伸びて、照明も微妙に暗くなります。
  
今回は満月フォローがありましたが、曇天や雨天下、或いは強風時などでの夜間下山は、やはりよっぽどの非常事態でない限り、避けた方が賢明の様ですね。
ただもう2、3度経験して置く必要も感じました。
  
山行中は完全な単独行でした。
養老山、良いお山でした。年間10000人は伊達ではないですね。
  
23時過ぎには駐車場を出発しましたが、今宵のお山はこれだけではありません。
次のお山、伊吹山に向かいます。
続きはコチラ。
■春の突貫三連発 ②おはよういぶき
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=122541
■春の突貫三連発 ③愛知のてっぺん!茶臼山
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=122580
です。

登山中の画像
  • すっかり日の落ちた養老公園からスタートです。 やめよっかな……と思いたくなる程の風。
  • とは言え耐風姿勢が必要なほどでもないです。 それじゃ行きましょう。
  • 夜桜が綺麗でした。 ひょうたん持ってこなかった! 手持ちに日本酒があったらザック下ろしてましたね。
  • 標識の後ろには桜。 木の向こうからはお月さまが覗き込んでいます。
  • 養老公園の守備範囲は養老の滝までの様です。
  • 石畳を歩いて行きます。
  • 滝につきました。
  • 養老の滝は特にライトアップしている訳でもないので、フラッシュを焚いても水しぶきしか写りません。
  • ただ、満月に照らされて滝を見ることはできました。 こんな感じです。
  • それではお山に取り付きます。
  • なんかチェーンが張ってますが、まあ車止でしょう。 古く言えば下馬?
  • 途中ヤラれた標識。 第一看板と称しましょうか。
  • どうみてもここの事だと思うじゃないですかぁ!
  • まあ昼間なら、すぐこちらの第二看板に気付くのかも知れませんね。
  • まとめるとこうでございます……。
  • 少し進んだ先に「言いたかった分岐」が現れます。
  • 渡渉箇所。らったったと渡れます。 まあすぐ先が30m級の滝ですからね。
  • だが「おもてなし」もここまでだ!
  • 九十九折でガンガン登らせられます。
  • 700m地点のベンチ。 ここまで来ればひと息つけます。
  • 三方山分岐に着きました。
  • 着いたー!
  • 何かお墓が2つありますが、良いところに建ててもらいましたね。
  • 三方山からの夜景です。
  • それでは小倉山を目指しましょう。
  • 馬酔木が咲き誇っていました。 お馬さんを連れてこなくてよかった……。
  • 小倉山頂、到着!
  • テーブルとベンチがありました。
  • お月さま煌々です。 ヘッドライトなしでも看板の文字まで読めました。
  • そして着いた養老山!
  • 堂々の一等三角点「養老山」です。
  • 確かに山頂に眺望はありませんが、小庭の様に小奇麗で、登る価値はあります。
  • 小倉山まで戻りました。 本当に山行中、夜景独り占めでした。
  • 小倉山頂園地のあずまやです。
  • これはシーズン中、みんなお弁当広げるんだろうなあ。
  • 帰りは三方山には寄りませんでした。
  • さあ今回のハイライト。 「夜間下山」です。九十九折の間、ずっと緊張しっぱなしでしたよ。
  • 養老公園の石畳まで降りてきました。
  • リフトはご隠居さんと化してしました。
  • 駐車場まで下山して山行終了です。 お疲れ様でした!
  • が、すぐに第二弾に向かいます。 途中のコンビニで「あまおう苺ソフト」を食べました。 お山はまだまだ続きます。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
【その他】 予備ヘッドライト、モバイルバッテリー、2バンドラジオ、風速計
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

鋸太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

鋸太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました