登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
180721乗鞍岳 乗鞍岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

にぽぽ さん
  • 日程

    2018年7月20日(金)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:新島々駅発5:18の始発バスは混雑なし。しかも乗鞍高原観光センターでの乗換えも不要でぐっすり睡眠を確保できました。

  • 天候

    晴れ!
    [2018年07月20日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

畳平(07:10)・・・富士見岳分岐・・・肩ノ小屋(07:45)・・・乗鞍岳(08:28)[休憩 15分]・・・肩ノ小屋(09:17)・・・富士見岳分岐・・・畳平(09:44)

総距離 約5.0km 累積標高差 上り:約438m
下り:約438m
コースタイム 標準:2時間55分
自己:2時間19分
コースタイム倍率 0.79
とにかくパーフェクトな天候!
新島々駅からの始発バスできたおかげで、人もまばら。
畳平からの周囲の眺望がもうすでにキレイ。
気温も暑すぎず寒すぎず、湿度も低くて最高!
ここは本当に日本?!
以前訪れた北欧の景色を彷彿とさせる美しさ。こんなきれいなところに来たことがなかったなんてもったいない。

さて、気を取り直して登ります。
高度がそれなりにあるので、しっかりとした呼吸を意識しながらいつもよりもゆっくり登ります。
というか、景色や高山植物に目を取られて自然とペースが落ちる。

最初はきれいに整備された砂利道。勾配もきつくないし、景色を楽しみながら登ります。
途中、山々に雲がかかる景色に見とれます。
あとは、本当に美しい谷間。あちらの遊歩道歩くのも気持ちよさそう。
途中、雪が残っているところではスキーヤーがちらほら。

肩の小屋を過ぎたら石や岩が多くなって、登山道って感じになってきますが、難しくは全然ない。
小さな子どもを連れた家族も多く見かけました。

山頂からの眺望も素晴らしい。
もうとにかくキレイという言葉しか出てこないくらい。

登山を始めて1年弱ですが、こんなにキレイな景色を楽しめるのは初めてで、登山やってよかった!としみじみ思いました。

下るころには結構人が増えてきて、ツアーの団体のパーティ4~5組くらいとすれ違う。
気楽に登るには早い時間で正解でした。

下山するとちょうどバスによい時刻。
もう少し周辺を歩いてみてもよかったのだけど、気分はすっかり温泉モード。
10:05発の帰りのバスは混雑することなく、席に余裕がある感じ。
乗鞍高原の湯けむり館で温泉を満喫。白濁していていい感じのお湯。
人もほとんどいなくて、すっかりリラックス。
乗鞍高原から新島々駅までのバスも席に余裕があったし、新島々駅から松本も余裕。
松本からはのんびり18きっぷで帰路につきました。

とにかく連日の酷暑をしばし忘れて、ゆったりとしてパーフェクトな週末を過ごせました。

登山中の画像
  • 深夜2時半に諏訪湖SAで途中休憩。
  • 朝4時の新島々駅。鉄道駅とバスターミナルが一体となっています。
  • 新島々駅では1時間ほどバスの待ち時間があるので、歩いて3分くらいのセブンイレブンで朝食を調達。
  • 待っている間に夜が明けてきました。
  • 朝7時の畳平バスターミナル。気持ちのよい青空!湿度も低くて最高。
  • さて行きます!
  • 雲が幻想的。
  • 後半戦はごつごつした岩場を登りますがきつくはないです。
  • 到着!
  • 山頂からの眺め。
  • 山頂からの眺め。
  • 山頂からの眺め。
  • 山頂からの眺め。
  • ハイマツ。森林限界を超えているのがよくわかります。
  • スキーヤーがいるのが見えますか?
  • 谷がきれい!おとぎばなしに出てくるみたい。
  • 乗鞍高原観光バスセンターすぐ横の温泉施設「ゆけむり館」。よいお湯でした。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

にぽぽさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

にぽぽ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年4月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
春、サクラの名所高尾山へ!
春、サクラの名所高尾山へ! 春になると一挙に華やぐ高尾山。サクラ、スミレをはじめとして、さまざまな春の花が彩ります。