登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
2018_大日三山、剣岳、立山連峰 大日岳、中大日岳、奥大日岳、剣岳、別山、富士の折立、大汝山、雄山、浄土山(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

jimzim さん

この登山記録の行程

【1日目】
称名滝(06:48)・・・大日岳登山口(07:38)・・・牛ノ首(08:36)・・・大日平山荘(09:45)[休憩 30分]・・・大日小屋(13:01)[休憩 45分]・・・大日岳(14:00)[休憩 10分]・・・大日小屋(14:25)

【2日目】
大日小屋(06:05)・・・七福園(06:34)・・・奥大日岳(07:45)[休憩 15分]・・・新室堂乗越(09:32)[休憩 10分]・・・別山乗越(10:40)[休憩 20分]・・・剱澤小屋(11:58)・・・剣山荘(12:22)

【3日目】
剣山荘(04:05)・・・一服剱(04:32)[休憩 5分]・・・前剱(05:23)[休憩 10分]・・・平蔵のコル(06:16)[休憩 15分]・・・剱岳(07:00)[休憩 20分]・・・平蔵のコル(07:39)[休憩 10分]・・・前剱(08:35)[休憩 10分]・・・一服剱(09:30)[休憩 5分]・・・剣山荘(09:50)[休憩 40分]・・・剱澤小屋(11:02)[休憩 18分]・・・別山乗越(12:15)[休憩 30分]・・・南峰(13:20)・・・内蔵助山荘(14:19)

【4日目】
内蔵助山荘(05:45)・・・真砂岳(05:58)・・・大走り分岐(06:12)・・・富士ノ折立(06:38)[休憩 5分]・・・大汝山(06:51)[休憩 10分]・・・雄山神社(07:18)[休憩 35分]・・・一ノ越(08:25)[休憩 10分]・・・南峰(09:04)[休憩 10分]・・・北峰(09:20)・・・立山室堂(10:09)・・・ミクリガ池(10:30)[休憩 60分]・・・室堂ターミナル(11:45)

総距離 約31.8km 累積標高差 上り:約4,591m
下り:約3,143m
コースタイム 標準:26時間26分
自己:23時間5分
コースタイム倍率 0.87
三泊四日で巡った大日三山、剣岳、立山連峰です。通常は逆ルートでしょうけれど、剣岳を登った後に大日小屋まで移動、さらに翌日1,500mの急登を下ることを考えれば、こちらのルートのほうが個人的には余裕をもって歩けたと思います。

※ヤマタイムではルートがありませんでしたが、桂台で降りて称名滝までは約40分の道のりです。アブが多いので長袖、長ズボンと虫よけ必須です(半袖短パンで4か所も刺されました・・・)

剣岳は剣山荘に近づくにつれ「こんな山登れるんかいな」とビビりましたが、ゆっくりかつ落石等させないように慎重に行動してクリアできて感無量です。ただやはり下りは苦手のため、前剣からの下りは非常に苦労しました。

立山連峰も比較的スムースでしたが、特に雄山から一の腰までの下りと浄土山から室堂への下りはやはり苦労しました。これは自分の力量に問題があると思いますけれど。

いずれにしても三泊四日で一連の山をめぐることができる非常によいコースだと思いました。

登山中の画像
  • 最初はなんと弘法で降りて称名滝へ行く予定でしたが、なんとか前日に桂台で降りる方がよいと分かって一人下車しました。
  • 称名滝で滝に打たれて身を清めてから出発です、ニンニン
  • 大日岳登山口。トータル1,500mの山登り開始。
  • 牛の首を越えると大日平。木道をテクテク歩きます。
  • 大日平小屋でこれから上る大日岳を眺めながら休憩。
  • 急登をヒイコラ登って振り返ると大日平小屋が見えます。だいぶ登ってきた。
  • ようやく大日小屋に到着。
  • 小屋から眺めた大日岳。
  • 大日岳山頂。小さな祠もありました。
  • 大日小屋到着時に見えなかった剱岳。夕方近くで顔を出してくれました! こんなかっこいい山に明後日登れると思うとこの時はワクワクしてました。
  • 翌朝二日目。今日も天気は良さそうです。
  • 朝6時、すでに温かく、半袖で出発しました。
  • 約1時間30強で奥大日岳到着。ここで剱剣岳と一緒。
  • しばらく進んで振り返って見た奥大日岳。
  • 新室堂乗越を上る途中に後ろを振り返る。
  • 剱御前小舎に到着。
  • ここからルートでは剣澤小屋としてますが、実は上のルートから剣山荘まで行きました。途中雪渓が3か所あります。ストックなしに私はビビりながら雪を踏みしめて進みました。
  • 近づく剱岳。この時はワクワクではなく、とんでもない山に登ろうとしているのでは…と不安になってます。
  • 到着してしまった。。。
  • 翌朝三日目。いよいよ剱岳に登ります。渋滞を回避するならやはり4時に出ないと、ということでヘッドライトを使いながら登ります。風が強く、半袖の上に雨具を着ました(下は短パンとランニングのゲイター)
  • 一服剣に到着しても山頂は雲の中。
  • 前剱を越えて、いよいよ平蔵の頭。平常心を保って進みます。
  • カニのたてばいは、大学生のチームが各人カラビナを用いたのでかなり渋滞しました。
  • 約3時間で剱岳山頂に到着!
  • キレイに晴れてくれました。私の頭みたいに。
  • 絶景です!
  • 帰りのカニのよこばい。前後に人がいたので足を下すことも安心してできました。
  • 帰りの平蔵の頭もこうやってみると怖いですが、実際に登れば意外と問題ないです(でも十分注意です)
  • 一番苦労したのは前剱から一服剱まで下る浮石のおおい急坂。下りは苦手だし、落石させないようにゆーっくり下りました。一服剣に登っている間、ここで2回ほど落石されている人がいました。
  • 一服剣まで戻れば剣山荘が見えてきてようやくホッとできました。
  • 剣山荘から剣澤小屋に移動したら、いつのまにか剱岳は雲の中。
  • 剱御前小舎から別山へ向かいます
  • 別山へ上る途中も青空が気持ちいい。
  • 別山山頂
  • 内蔵助山荘へ向かう途中、振り返って別山を眺めます
  • 真砂岳が近づいてきました。
  • 今日は内蔵助山荘へ向かいます。
  • 内蔵助山荘で三日目の夜を過ごします。
  • 翌朝四日目、後立山の鹿島槍ヶ岳からの朝日が美しかった。
  • 真砂岳を越えて、富士の折立へ向かいます。稜線がカッコイイ(この日は四日間の中で一番風が強くて寒かった!)
  • 富士の折立手前までやってきました。
  • 富士の折立から初日~二日目にかけて登った大日三山が一望できました(少し隠れちゃったけど)
  • 続いて大汝山近くまで。
  • 大汝山からは・・・
  • 昨年登った槍ヶ岳がキレイに見えました!
  • 更にはうっすら八ヶ岳と富士山も!
  • さらに進むと今度は社が見えてきました。
  • 雄山神社に到着。
  • お参りもして写真をパチリ。
  • こんな鈴ももらえますが、風が強いとうるさいだけですのですぐに外してしまいました。
  • 下りが苦手な私は、一ノ腰へ下る坂も急でイヤでした。
  • 続いて最後の山、浄土山へ向かいます。
  • 30分ほどあるくと
  • 山頂に到着。
  • 途中、こんなものがありましたがネットで調べてもよく分からなかったです。
  • あれあれ?周囲の山に雲が・・・
  • 浄土山登山口を下ったら曇りになりました。
  • 室堂への道のりも下りにくい。少し青空が見えますが、この日はこれが最後だったかな。
  • 室堂に到着です。
  • 霧に包まれるとなんだか死後の世界みたい。
  • みくりが池温泉で約4日ぶりに身体を洗いました。きもちいいー。
  • 温泉から上がったら、ご褒美。体調も崩さず、けがもせず本当によかったです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

jimzimさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    アルペンルートは6/18まで運休。山荘も休業。周辺小屋の営業日に例年と異なる場合あり利用注意
    20年06月02日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

jimzim さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年6月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?