登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
雲取山日帰り縦走(三峰神社→鴨沢) 雲取山、白岩山、霧藻ヶ峰、三峰神社、石尾根(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年8月18日(土)

  • 利用した登山口

    三峯神社   鴨沢  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒5:08→山手線→池袋5:29~39→西武池袋線→飯能6:32~34→西武秩父7:19~8:30→西武秩父線→西武観光バス→三峰神社9:39

    復路:鴨沢15:58→西東京バス増発便→奥多摩16:37~54 →ホリデー快速おくたま6号→立川 17:56~18:05→南武線→武蔵小杉18:43~53→東急目黒線→武蔵小山19:03

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

三峰神社バス停1040m9:40→登山道入口9:48→妙法ヶ岳分岐9:56→地蔵峠10:31→霧藻ヶ峰1523.1m10:37→お清平10:43→前白岩の肩1580m11:06→前白岩1776m11:15→白岩小屋11:26→白岩山1921.2m11:40→芋ノ木ドッケ巻き道11:44→大ダワ12:06→雲取山荘12:20→雲取山2017.1m12:42~12:57→奥多摩小屋13:13→ブナ坂13:28→堂所14:00→水場14:09→登山道出口14:35→小袖乗越(駐車場)14:38→鴨沢バス停550m14:50

合計5時間10分

総距離 約20.7km 累積標高差 上り:約1,942m
下り:約2,448m
コースタイム 標準:9時間15分
自己:4時間55分
コースタイム倍率 0.53
8月18日(土)は、お盆休み明けで金曜日1日会社に行って、新たに計画立てるの面倒くさかったので、雲取山を三峰神社から鴨沢まで日帰り縦走して来ました!

2~3年前から西武秩父→三峰神社の急行バスに1時間早い8時30分発9時45分着の便が出来て、終バス気にせずに気軽に縦走できるようになったので、そのうちいつかやろうと思っていたんですよね。

でも2年前にまとめた地図とバスの時刻表を持って行ったら、見事に帰りのバスに乗り遅れたー!時刻表は面倒でも最新の物を検索し直した方が良いです。

まあともかく行きの8時30分のバスはちゃんとあったので、それに乗って三峰神社に向かいます。

そして到着予定時刻より6~7分早く、9時39分に降り立った三峰神社の駐車場は、標高が1000mあるってのもあるんだろうけど、完全に秋でした!週の半ばまであんなに暑かったのに、半ズボンじゃ肌寒いぐらいの気温でした!

でも昼になったら暑くなるんじゃないかと、熱中症予防に普段多くとも1Lしか持たない水を1.6~7L持ってきたので重いこと重いこと!

捨てるのもったいないので、その水を持ったまま三峰神社の駐車場から階段を上がり、土産物屋の前で標識を右折して舗装された細道を奥へ進むと、10分弱で鳥居のある登山道入口に着きます。

雲取山への登山道は、まず最初に妙法ヶ岳の道を左に分けると、しばらく平坦な道が続きます。その道が登り一辺倒になったら、登りきったところが地蔵峠です。お地蔵さんがいて、大血川へ下る道が分岐しています。

地蔵峠から軽く下って上り返したところが霧藻ヶ峰の三角点で、西北側に両神山が良く見えます。

三角点からもう一度下って、上り返した場所に、秩父宮夫妻のレリーフと霧藻ヶ峰の茶屋があります。休日のおじさんがいる時は、コーヒーが飲めます。

ここからお清平まで、本日最初の大きな下りが始まります。

雲取山の三峰神社コースは、お清平のアップダウンの他に、前白岩と白岩山の間のアップダウン、大ダワのアップダウンと3つの大きなアップダウンがあり、最初の標高が高い割りに、鴨沢コースと同じぐらいの時間と労力がかかります。

お清平は霧藻ヶ峰と前白岩の間の鞍部で、ここからも大血川への道が分岐しています。まあそっちは行かないからどうでもいいんですが、ここから前白岩の肩までの間がこのコースで一番岩っぽい場所で、鎖や階段などもあり、雨で濡れていたり、雪が積もっていたりすると、結構難儀します。

でも、乾いていたので問題なくよじ登り、前白岩の肩に到着。

前白岩の肩からは傾斜が緩むので多少楽になって、すぐ続いて前白岩に到着。ここや前白岩の肩は昔は西側が大展望のピークだったのですが、今は前白岩から木の上に和名倉山の一部が見えるのみ。

前白岩からさっき書いたように一旦下り、上り返すと白岩山に着く手前に無人の白岩小屋があります。裏の結構下った場所に水場もあります。

白岩小屋から、コメツガの若木の中を登って行くと、テーブルのある白岩山山頂に着きます。山頂標識は右手の奥に入った場所にあります。ここまでちょうど2時間!あと少しだ-!

白岩山を越えると、すぐに芋ノ木ドッケの巻き道に入ります。芋ノ木ドッケは山頂を通っても行けるのですが、倒木の多い藪で、しかも山頂から二軒小屋尾根へ下る踏み跡に引き込まれる危険もあるので、奥多摩のベテラン以外は行かない方が無難です。二軒小屋尾根に引き込まれると、大ダワ林道が廃道化してるので、マジ遭難の危険があります。

じゃあ芋ノ木ドッケの巻き道は安全な道かというと、急峻な岩がちな斜面をへつっているので、大雪の時とか、叩きつけるような雨の時には、滑落や落石の危険も出てくるので、無理して通らない方が良いかもしれません。

芋ノ木ドッケの巻き道を抜け、再び普通の道に戻るとほどなく大ダワです。かつて雲取山への一番楽な道であった大ダワ林道が通行可能だった時は、結構人が多かった場所なんですが、最近は休憩する人もあまり見ません。

大ダワから雲取山荘の間は、男坂と女坂が分かれます。男坂に余分な登りがあるだけなんで、女坂の方が効率がいいです。

という感じで12時20分、雲取山荘に到着しました!ここで水を補給する予定だったのですが、涼しくて500ccも飲んでいないので、水場で水を一口飲んでそのまま山頂に向かいます。

山頂までの最後の急坂は、途中に田部重治さんと鎌仙人こと富田治三郎さんのレリーフがあるので、写真を撮って行きます。

そして、12時42分、約3時間で雲取山山頂2017mに到着しました!久しぶりに登ったら、山頂標識が一新されて、日本百名山とか書かれていました!なんか俗っぽくなったな~。

ちなみに東京都最高地点が無いのは、山梨と埼玉の陰謀?

標識が替わっても展望は昔のままで、南西に大菩薩峠の山々と富士山、西に飛竜山、北西に奥秩父の甲武信ヶ岳から国師ヶ岳への山々、東は木の間から東京方面の街並みが見えます。

山頂で休憩して、避難小屋でまた休憩するのもあれなんで、避難小屋のところまで行って石尾根を見下ろしながら休憩。

13時ちょっと前まで休んだら、石尾根を鴨沢に向かって下り始めます。

ここで痛恨のミス!最初に書いたようにバスの時刻表が古いままだったので、13時台のバスの後は16時ちょうどぐらいまでバスが無いと思い込んでいたので、ここまで予定より30分早く来ているので、ダラダラ下りても、16時のバスに間に合うと思っていた!

でも実際は14時44分のバスがあったので、今から普通のスピードで下りれば十分間に合うはずだった!

でもそんなことは知らないから、せっかく来たんだしと思いながら、マルバタケブキ満開の石尾根の景色を楽しみながらゆっくりと下ります。途中、取り壊しの決まっている奥多摩小屋の写真も当然撮って行きます。

そしてブナ坂に着いて、ここからしばらく普段のスピードに戻すも時すでに遅し。ちなみにブナ坂の下の道は、上の水場も下の水場もしっかり水が出ていたので、軽量化したい人は最初に持つ水は500ccあれば十分です。

そして、ゆるい傾斜の下りやすい道をどんどん下り、14時35分登山道出口の小袖乗越に到着。天気の良い週末だけあって駐車場はほぼ満杯でした。

小袖乗越からもう一度軽く登山道を抜け、集落の中に出ると、鴨沢バス停はすぐ真下です。14時50分到着。お疲れ様でした。

さてあと1時間どうやって時間を潰そうかと思って、一応バスの時刻を確認すると、ガーン!今14時44分のバスが行ったばかりだった!ほんのちょっと頑張れば乗れたのに~!

何もかも、古い時刻表のままで、新しい時刻表を検索して来なかった自分が悪いのよ!

しょうがないんで、バス停の並びにある、以前から気になっていた「東部ふれあい館 木漏れ日」に入って「生ビール」を飲んで、「和風しょうゆラーメン」を食べました。バクチーが乗っている以外、極めて普通のラーメンでした。

インパクトに欠けるので、どうせなら次までに熊ラーメンとか猪ラーメンとか山女ラーメンとかも作って欲しいもんです。

そんな感じで1時間時間を潰し、5分ほど早く来た臨時便のバスで奥多摩駅に出て、後はホリデー快速で東京に帰りました。

西武秩父~三峰神社急行バス時刻表
http://www.seibubus.co.jp/mitsumine.pdf

ハイキング時刻表 - 西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/20160326_hiking_okutama.pdf

登山中の画像
登山画像
秋の気配の三峰神社バス停(三峰神社駐車場)か…
登山画像
駐車場から階段を上り、土産物屋の前のこの標識…
登山画像
雲取山登山道入口。鳥居が目印!
登山画像
まず妙法ヶ岳への道を分ける。
登山画像
地蔵峠到着!
登山画像
霧藻ヶ峰は3ビークになっていて、その中央峰に…
登山画像
三角点から両神山!
登山画像
三角点からもう一度下って上ると秩父宮夫妻のレ…
登山画像
レリーフのすぐ先にある霧藻ヶ峰の茶屋。おじさ…
登山画像
霧藻ヶ峰から下ってお清平!
登山画像
お清平から前白岩の肩までがこのコース一番の険…
登山画像
鎖場の先に階段もあります。
登山画像
前白岩の肩到着。ここから先は割となだらか。
登山画像
続いて前白岩到着。
登山画像
昔は前白岩の肩や前白岩は見晴らしが良かったん…
登山画像
一旦下って登り返し、白岩小屋到着。無人です。…
登山画像
白岩小屋からひと登りで白岩山到着。山頂にテー…
登山画像
テーブルのところから反対側に少し入ったところ…
登山画像
芋ノ木ドッケ山頂ではなく、ここから芋ノ木ドッ…
登山画像
シロヨメナがいっぱい咲いていた!
登山画像
芋ノ木ドッケの巻き道はこんな感じの急斜面につ…
登山画像
芋ノ木ドッケに登った場合、ここに下りてくる。…
登山画像
大ダワ到着。ここから雲取山荘へは男坂と女坂の…
登山画像
雲取山荘北側のテント場。すでに1張りテントが…
登山画像
雲取山荘到着!
登山画像
雲取山荘のベンチの奥にある水場。
登山画像
水場の脇にナヤギランが咲いていた!
登山画像
あと階段の下に季節外れのヤマオダマキ!
登山画像
雲取山荘から山頂へ行く間にある田部重治さんの…
登山画像
同じく、鎌仙人こと富田治三郎さんのレリーフ。…
登山画像
山頂手前のすき間から、白岩山と前白岩山!
登山画像
雲取山山頂到着!2年ぐらい来てなかったら、山…
登山画像
俗にまみれた日本百名山の標識まである!でも東…
登山画像
山頂は今こんな感じです。
登山画像
雲取山山頂の展望は、まず西に隣の飛竜山!
登山画像
飛竜山の肩のところを拡大すると南アルプスも見…
登山画像
そして頭だけ富士山!下の山は左が雁ヶ腹摺山で…
登山画像
奥秩父方面。左が国師ヶ岳とか北奥千丈ヶ岳あた…
登山画像
東側の展望。東京埼玉方面が見える。
登山画像
避難小屋方面に移動して休憩することにする。左…
登山画像
避難小屋前から丹沢方面!
登山画像
そして同じく石尾根の眺め。中央奥に見えるのが…
登山画像
取り壊し予定の奥多摩小屋を記念撮影!
登山画像
奥多摩小屋前のテント場!
登山画像
お約束のマルバタケブキのお花畑です!
登山画像
七ッ石山が見えて来ると石尾根の終わり近し。
登山画像
ブナ坂到着。鴨沢へは右に分岐する道を行く。な…
登山画像
七ッ石山の下の水場は水量豊富に流れていました!
登山画像
七ッ石山を経由するとここに出てくる。
登山画像
堂所。広場になっている。
登山画像
堂所の標識。すこし下に下ったところにある。
登山画像
下の方の水場も豊富に水が出ていました。水をく…
登山画像
廃屋が出て来ると登山道出口近し。
登山画像
小袖乗越の林道に出た!ここにも見知らぬ派手な…
登山画像
小袖乗越の駐車場。中央にちょっと空きがあるの…
登山画像
鴨沢バス停上から奥多摩湖の奥の方の眺め!
登山画像
鴨沢バス停塔着!時刻表古いままだったので、バ…
登山画像
しょうがないのでバス停並びの東部ふれあい館木…
登山画像
お約束のビール♪
登山画像
和風醤油ラーメン♪♪
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    目黒駅は品川区さん、こんばんは。

    いつもながらの長距離スピード山行に、只々敬服するばかりです。
    実は同じ日、約2時間後に霧藻ケ峰の山頂で両神山を眺めてきましたので、ちょっと驚きました。
    まるで秋のような気持のよい一日でしたね。

  • 目黒駅は品川区 さん
    コメントありがとうございます。霧藻ヶ峰まで行かれたんですね。久しぶりに行った三峰神社は、例の白いお守り効果なのか、いつもより観光客が多かったですね。
    この三峰-鴨沢の縦走路は、昔ケーブルのあった時代に2度ほど、ほぼ同時刻にスタートして普通に早足で行ったことがあって、2度共16:00〜17:00に鴨沢バス停に着いているので、余計な荷物を持たなければ普通に歩いて越えられます。

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    日没が早くなりました。16:30には薄暗くなります。登山日和が続きますが、余裕を持った計画を
    20年11月18日(水)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    紅葉は登山口周辺に残っていますがそろそろ終了です
    20年11月17日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...