登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
雨の日の八ヶ岳 八ヶ岳(硫黄岳~横岳~赤岳)(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

登登路 さん
  • 日程

    2018年9月8日(土)~2018年9月9日(日)

  • パーティ

    3人 (登登路 さん 、ケンジ さん 、ノブユキ さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:やまのこ村駐車場
    ※事前予約ができました!予約方法はやまのこ村HPで確認してください。
    ※美濃戸口からやまのこ村までの道を車で行く場合、路面と車体の離
     れた車での進入おすすめします。
     路面の凸凹が激しく車のお腹を擦ったりぶつけたりしますので、
     車の故障原因を作ってしまう可能性があります。気をつけてくだ
     さい。

  • 天候


    [2018年09月08日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目
やまのこ村06:24・・・06:31美濃戸山荘・・・07:27堰堤広場・・・08:19赤岳鉱泉10:26・・・10:30大同心沢(大同心ルンゼ)分岐・・・10:37ジョウゴ沢10:42・・・11:45赤岩の頭11:57・・・12:22硫黄岳・・・12:40硫黄岳山荘12:42・・・13:15台座ノ頭13:16・・・13:41奥ノ院(横岳)・・・13:48横岳・・・13:57三叉峰(横岳)・・・14:07石尊峰14:09・・・14:11鉾岳14:15・・・14:18日ノ岳14:20・・・14:32二十三夜峰14:33・・・14:42地蔵の頭14:44・・・14:48赤岳天望荘・・・15:25赤岳頂上山荘泊

2日目
赤岳頂上山荘06:25・・・06:25赤岳頂上山荘06:26・・・06:33赤岳06:34・・・06:51文三郎尾根分岐・・・07:33阿弥陀岳分岐・・・07:41行者小屋07:58・・・09:01中ノ行者小屋跡09:03・・・10:03美濃戸山荘10:08・・・赤岳山荘10:11ゴール地点G


総距離 約18.9km 累積標高差 上り:約2,270m
下り:約2,270m
八ヶ岳(赤岳周辺)への登山は今回が2回目で、初回は赤岳⇒横岳⇒硫黄岳へ行くスケジュールだったのですが、行者小屋を過ぎて赤岳へ向かう途中に足の痛みと腹痛に見舞われ、赤岳へは登頂したものの、その時は下山。そのため今回は硫黄岳~横岳~赤岳へ向かうスケジュールとしました。

この日の天気予報では、終日曇りで風は10m、気温は9℃ほど。単なる曇り空の山行をイメージしていました。が、それは大きな誤算でした。赤岳鉱泉へ到着するなり風雨に見舞われ、風雨が少し落ち着くタイミングを見計らい硫黄岳へ思い切って行ってはみたものの、やはり風雨がすごい。雨は降っていると言うよりは、すでに雨雲の中なので、雨が舞っていると言った具合です。風は横から殴るような風力で、前に一歩足を出すと横に流され踏ん張るようなくらいの風力。かなり風は強かったです。しかも景色は何も見えなく、十数メートル先はガスっちゃってて何も見えないと言った始末。
曇り空・・・確かに麓から見れば曇り空なのかもしれませんが、山頂付近はどこも雲の中でした。
引き返す分けにも行かないので、横岳へ向かい、そこから赤岳へ。
その途中、どうやら風でザックカバーが飛ばされたらしく、気が付いた時にはどこにもありませんでした。それくらい風が強かったのです。

赤岳頂上山荘へ到着し1泊。前日に予約だけ入れておきました。
この日の山荘は全部で16人ほど。部屋は広々としており、滞在時間はかなり快適でした。スタッフの方々も親切ですし、山荘内はとてもキレイ。ご飯も美味しく、満足しました。これで景色が見えればサイコーだったのですが。
今回、初めて知ったのは、山小屋の消灯って、非常灯以外は全部の電気が消えるのですね。アルプスの山荘ではロビー付近の電気やストープはついていた気がしたので、完全消灯は初めての経験でした。ただ、疲れてもいたので8:00過ぎにはグッスリでしたので、完全消灯と言うのも良いものでした。

翌日、阿弥陀岳へ行きたい想いはあったのですが、天候はやはり酷く下山しました。
すると、下山途中にはキレイに山が見えるところもあったのですが、おそらく雨風にやられたことでしょう。
これらのコースは間違いなく天気が良ければ最高のルートだと思います。
今回、天気は悪かったのですが、一応は前回のリベンジが果たせました。
次回はいつになるかわかりませんが、天気の良い時に、今回通った稜線にTRYしたと思います。

登山中の画像
登山画像
ここが「やまのこ村」さんです。美濃戸口からこ…
登山画像
やまこの村から数分で到着する美濃戸山荘!
登山画像
北沢へいくか南沢へ行くかの分岐点!今回は北沢…
登山画像
北沢も南沢もこう言った沢が多く、とても癒され…
登山画像
「赤岳鉱泉」さんへ到着。ここへ到着後すぐに雨…
登山画像
赤岳鉱泉さんの入口。ここに泊りたかったぁ~。
登山画像
なぁ~んも見えません。この日の天気は曇りだった…
登山画像
ようやく硫黄岳手前まで到着。雲の中で雨と風が…
登山画像
先が見えない。この状況は酷いですよね。
登山画像
天気が良ければ素敵な稜線もこのありさま。
登山画像
硫黄岳へ到着!雨はそれほどではないのですが、…
登山画像
見通しが悪いので、こう言うのがありがたいです…
登山画像
硫黄岳山荘へ到着!ここで少し休憩させていただ…
登山画像
暴風雨の中、横岳へ到着!
登山画像
ここから赤岳へ向かうのですが、一向に天気は変…
登山画像
何か鳥さんを発見。何か食べてたみたい。おなか…
登山画像
雲が流れているので、少しだけ先が見えました。
登山画像
でもすぐにあたり一面雲の中。
登山画像
雲の隙間から見えた景色がサイコー。
登山画像
景色がみえないとモチベーションもわかないです…
登山画像
晴れていれば素敵な景色が見れたんだろうなぁ~。
登山画像
地蔵ノ頭へ到着。
登山画像
ガチにお地蔵さんがいらっしゃいました!
登山画像
赤岳展望荘が見えました!
登山画像
赤岳展望荘へ到着。でもここでは休憩はせずスル…
登山画像
ようやく赤岳山頂です。苦労しました。
登山画像
「赤岳頂上山荘」さんへ宿泊させて頂きました!
登山画像
9月8日の山荘スケジュール!!
登山画像
山荘はとても良い感じです。この日の宿泊してい…
登山画像
夕食!おいしかった~多分、何食ってもうまい!!
登山画像
何も見えませんし・・・
登山画像
あらためまして、赤岳頂上山荘へ宿泊しました。
登山画像
朝食!私にとって十分な量でした。
登山画像
赤岳から下山します。
登山画像
この日の天気も変わらず・・・( ノД`)
登山画像
もう下山、下山です。
登山画像
ん?マムート?!至る所にマークが・・。
登山画像
下山中にようやく見えた景色。阿弥陀岳へも行き…
登山画像
昨日がこれくらいの天候であれば良かったのに・…
登山画像
行者小屋へ到着。下山は早いです。
登山画像
行者小屋からは落ち着いた雰囲気の登山道を通っ…
登山画像
天候に恵まれない登山でしたが、まぁそれはそれ…
登山画像
八ヶ岳SAで食べたブルーベリーソフト!!これす…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登登路さんの登山記録についてコメントする
  • ピンキラオヤジ さん
    登登路さん、雨風の中の赤岳登山お疲れさまでした。来週の20日と21日に登登路さんとほぼ同じコースを高齢男性2人と中年男性の3人パーティーでの赤岳登山を計画しています。宿泊は赤岳頂上山荘です。下山は阿弥陀岳経由で美濃戸口です。天気予報によれば両日とも曇りや雨のようで登登路さんの情報が参考になりそうです。ありがとうございました。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

登登路 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!