登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
白砂山 (堂岩山 → 白砂山 → 八間山) 白砂山(上信越)
img

記録したユーザー

O.Y. さん

この登山記録の行程

05:37 野反湖
05:58 池ノ峠
06:13 ハンノキ沢
06:41 地蔵峠
08:21 堂岩分岐
08:42 猟師ノ沢ノ頭
09:23~09:50 白砂山
10:30 猟師ノ沢ノ頭
10:48 堂岩分岐
11:23 中尾根ノ頭
12:11 黒渋ノ頭
12:53~13:40 八間山
15:06 池の峠駐車場
15:30 野反湖


総距離 約16.2km 累積標高差 上り:約1,439m
下り:約1,440m
【コース状況】
コース上に鎖場などの危険箇所はありませんが、雨で木の根や岩が滑りやすくなっていました。

【周辺情報】
国道292号線沿いの「道の駅六合」に併設の「応徳温泉・くつろぎの湯」にて入浴。
大人一人 ¥400でした。

【感想】
山行での風景写真撮影用にコンパクト三脚 (Velbon UTC-63)を購入したので、テスト使用も兼ねて白砂山へ行ってきました。
台風25号通過後の強風が懸念事項でしたが、天気はそこまで悪くはならないと期待しました。

計画のルートは白砂山登山口 → 堂岩山 → 白砂山 → 八間山 → 白砂山登山口です。

はじめにいきなり、登山口を間違えるという凡ミスを犯す始末・・・
駐車場の目と鼻の先にある白砂山登山口に気づかず、車道を歩いて池の峠駐車場(八間山登山口)に向かってしまいました。

気を取り直して予定時間よりも30分ほど遅れて白砂山へ向けて出発。登りはじめは晴れ間も覗いて天気も期待できるな!と気分も高まり、堂岩山山頂で遅れも殆ど取り戻していました。しかし、堂岩山分岐を過ぎて見えた白砂山方面は完全にガスにまかれてしまっていました。稜線からは素晴らしい景色を望めるはずでしたが、ガスで何も見えません。おまけに新潟側からの強風に混じって小雨も混じってきました。白砂山山頂で少し休憩を取り、堂岩山分岐に戻った頃には完全に雨に変わっていました。

レインウェアとザックカバーで完全装備とし、八間山にも向かってみましたが終始ガスにまかれてしまい結局三脚の出番は無し、雨中の歩荷訓練となってしまいました・・・
ただ、下山時は小雨交じりでも晴れ間が覗き初め紅葉も綺麗で、何はともあれそれなりに楽しめた山行だったと思います。

※帰りの道中、八間山方面に綺麗な虹がかかっていました。

登山中の画像
  • 間違えて池の峠駐車場(八間山登山口)へ向かってしまいました 下山時は此処に戻ってくる予定です
  • 間違いのおかげか池の峠の展望台から野反湖を一望することが出来ました
  • 綺麗な紅葉
  • ハンノキ沢の木橋を渡ります けっこう細いです
  • 小さな沢を渡る箇所がありました
  • 東京電力の観測所跡でしょうか?
  • 地蔵峠の指導標
  • 横の木に小さく標高も表示してありました
  • シラビソ尾根の指導標 群馬県境稜線トレイルの表示もしてありました
  • 近くに水場があるようです
  • 水場の指導標近くは小さな広場になっています 二張りほどテント泊をしている方がいました
  • 堂岩山への登り 深く掘られたV字のような地形を進みます
  • 堂岩山山頂
  • 堂岩山分岐の指導標
  • ガスにまかれる白砂山への稜線 写真ではわかりませんが風も強いです
  • 猟師ノ頭への登り
  • 笹薮のなかに猟師ノ頭の案内板
  • 白砂山山頂 ガスってしまい何も見えませんでした・・・
  • 稲包山への登山道 横に上級者向けの旨の但し書き有り
  • 山頂にて記念に一枚 すこしづつ雨が混じりはじめました・・・
  • 堂岩山分岐を八間山方面へ向かう 完全に雨が降ってきたため、レインウェアとザックカバーの出番となりました・・・
  • ナナカマドの実が雨に濡れて綺麗でした
  • 中尾根の頭への稜線
  • ガスが濃くなってきました・・・
  • ガスが少し晴れて明るくなってきました
  • 黒渋ノ頭の案内板
  • ガスが再び濃く・・・
  • 八間山への稜線
  • 八間山手前の指導標
  • 広い八間山山頂 半分埋まったドラム缶は何のため?
  • 八間山山頂にて一枚 このあと昼ご飯とコーヒータイムの為、50分ほど休憩しました
  • 朽ちた無人雨量計の小屋跡
  • 下山ルートは雨でドロドロ箇所が何カ所かあり、木の根も滑りやすくなっていました
  • 下山時は小雨交じりですが少しずつ晴れ間も出始めて明るくなってきました
  • 紅葉と笹の緑が綺麗です
  • 途中、背の高い木が並ぶ広い尾根に出ます 進行方向にピンクのテープが表示してありました
  • ちょうど紅葉が見頃だったのかもしれません
  • 茅の尾根の指導標 登山口までもう少しです
  • 八間山登山口に到着
  • 山は雲に包まれていました
  • 池の峠駐車場再び
  • 皇太子も白砂山に登頂していたんですね
  • 白砂山登山口の木段
  • 本当は今回の出発地点となるはずだった白砂山登山口 駐車場の目と鼻の先にあったとは・・・
  • 駐車場に無事到着 お疲れ様でした
  • 帰りの野反峠 第一駐車場から見えた綺麗な虹 山がご褒美をくれたんだと思いました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

O.Y.さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

O.Y. さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...