登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
三頭山 メタボ分隊、紅葉を求めてハイキング メタボ登山2018 三頭山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

都民の森(07:40)・・・森林館(07:43)・・・鞘口峠(08:04)[休憩 5分]・・・三頭山西峰(10:03)[休憩 10分]・・・三頭山避難小屋(10:32)[休憩 35分]・・・分岐(11:40)[休憩 5分]・・・大滝休憩小屋(12:45)[休憩 20分]・・・森林館(13:26)・・・都民の森(13:30)

総距離 約6.2km 累積標高差 上り:約794m
下り:約794m
コースタイム 標準:3時間30分
自己:4時間35分
コースタイム倍率 1.31
全国メタボ隊ファン十万4名の皆様、お元気ですか! 毒気が抜け元気になりました。
ありがとうございました! 感謝、感謝、大感謝。

今回は何故か「3」シリーズが続いて「三頭山 紅葉を求めて」となりました。今回は介護の若者が居ないので、メタボ分隊(メタボ本隊ともいう)での61歳2人山行となりました。前回と同じ都民の森までは車で行きましが、今回は浅間嶺バス停のトイレ休憩なしでした(笑)。7時5分に着いて(チェーンソーの音が轟いていました)しまい駐車場は8時から、どうしようかと迷っているうちに係の人が20分くらいに開けてくれました(優しい~!)。トイレを借りて、靴ひもを締めて準備完了! メタボ分隊、発進!

【 都民の森駐車場から鞘口峠 】
 舗装された道は、山から吹き下ろす風が冷たくいきなりの低温に不安。鞘口峠下の休憩所は6℃で最初の汗も出ないうちに鞘口峠に着きました。木々の中で日差しが無いのがメタボ分隊には良かった?でも体が冷えた。

【 鞘口峠から見晴小屋 】
 鞘口峠から「ブナの路下道標」までがメタボ分隊には一番キツイ登り。でも、二回目だと休憩もほとんどなく到着出来ました。昨年は休み休み登ったのに。
 木漏れ日のなか迷いなく「ブナの路上道標」。登山道へ行く先行者に「ブナ路が良いですよ」と声掛け。チョッとお節介だったかな(小さな親切、大きなお世話!)。
 「見晴小屋」へ到着。御前山や大岳山がキレイに見渡せる展望。紅葉の時期?なのに紅葉や黄葉が見当たらない。白樺の木は完全落葉状態、台風のせいで他の紅葉する葉達は地面を飾っているようです。この頃は青空が多かったのですが、遠雷も少し聞こえました。

【 見晴小屋から東峰見晴台 】
 見晴小屋から道は少し下り。そして登りの途中に「潰れたベイマックス」「UFOか二枚貝の化石」の目立つ石。「東峰まで0.4kmの道標」に着くと北側の山並が少し見え易くなる(落葉時期限定)。天目山に負けない木のコブ「りんご」を今回発見しました「梨」かな。
 「東峰の見晴台の全容」が今回はよく見えました。ここからの眺めは「見晴小屋」より良く・・・昨年は見えたのですが落葉している分、全く同じでした御前&大岳から南?がよく見えます。

【 東峰見晴台から東峰&中央峰 】 ・・・東峰1527.5m。中央峰1531m??
 東峰見晴台も混んできたので東峰へと発進。ほとんど平行移動&あっと言う間に「東峰」に到着。そして下るイメージのまま、最高峰の「中央峰」へ到着。前回も今回も「登る」イメージ無しで到着してしまいました。本当に中央峰が三頭山で一番なの???

【 中央峰から西峰 】
 中央峰から下り「御堂峠(ヌカザス尾根への分岐)」へ。ここから「西峰」へ最終アタックの直登!今年は息切れも無くすぐに到着。「あれ?山頂碑が!」雲取や石尾根の山々や大岳山と同じだ。

【 西峰にて 】
 山頂碑が「石」になったのは山行記録で読んでいたけど。木々に囲まれた西峰では、チョッと場違いな気もしました。北側の眺めが良く「雲取から鷹ノ巣の石尾根の山並。向こう側のミツドッケ」も良く見えました。
 ここに来ても紅色に染まった「紅葉」は見られません。時期が少し早いのか、台風で葉が揉まれて色づきが悪いのか。もしかしたら月末から11月が良いのかも・・・と思い。10時に着いたので昼食には早すぎると20分休憩に変更、昼食は大沢山を予定。少し雲が出てきた。

【 西峰からムシカリ峠経由の避難小屋 】
 西峰から降下開始。目立つ「カクカク折れた木」を過ぎると、メタボ分隊の苦手な「木製土止めの長い階段」。ここではポールが欲しかった。「次回からは使わなくても持ってこい」と同行の友に言われました(石尾根の最後のどろ道対策として、初めての時は持って行ったのだけど使わず)。
 そうこうするうちに「ムシカリ峠」に到着。今回は避難小屋の見学も兼ねて「大沢山」経由で大滝&駐車場へ戻るルートを選択。
 「三頭山避難小屋」は峠からすぐに着き、部屋はとてもきれいで整頓されていました。トイレを借りた感想は「目に染みる(ライトも必要)」ようです。

【 避難小屋から大沢山 】
 ヌカザス尾根、三頭山(西峰)、西原峠の山行だとメタボ隊では日帰りが出来ないので、何時か緊急で使う時が来るかも知れないので下見をしました。でも無いと思う。
 避難小屋から大沢山までは意外と早く着き「昼食」。久々にコンロを使い暖かいスープ。夏は熱くても今の時期は暖かさに安心します。
 大沢山からは南側?が少し見えていますが富士山も見えるのかな?何時の間にか中層雲?が全天に広がっていました。ここからは降下のみ!早く下山しなければ。

【 大沢山から西原峠分岐 】 ・・・深山の路。
 大沢山から西原峠分岐までは緩い下りで「深山の路1400m」なかなか高度が下がらず。
紅葉を楽しむならここも有りかな。台風で紅葉する葉が落ちたのか、これからなのか。

【 西原峠分岐から大滝へ、そして休憩小屋  】 ・・・三頭の滝へ。石山の路。
 大滝へ分岐すると「石山の路1300m」チョッとヤセ尾根で石が多くなった。スリップに注意すれば傾斜はキツクなるけど楽しい道。直角に曲がる大滝への道からは、沢の音が聞こえてくる。短いけど傾斜がキツクなるので注意。チョッと水休憩11℃。沢の音が大きくなるにつれ黄葉の木が現れはじめました。ムシカリ峠からのブナの路と合流すれば大滝休憩小屋です。

【 大滝休憩小屋から都民の森駐車場 】 ・・・三頭ノ大滝。
 休憩小屋はかなりの人出、前にあるベンチで休憩してから大滝の写真撮影へ。美浦トレセンの様なウッドチップ道を歩き、森林館を横目に見て駐車場へ。


 今回のメタボ分隊は、少し早く歩いたのか足の関節や筋肉が痛くなったり、攣りそうになったりして、やはり介護係の若者が同行しないと深い山では問題がありそうです。反省会は車なので「次回に持ち越し」決定。 
さて、次の「3」は何処に行きましょうか・・・これで「3」は終わりかな?・・・あそこがあった!!!(でも山を「さん」と読むと、何処の山もOK?)

登山中の画像
登山画像
0718 文字は「鈴木俊一都知事」の時です。平成2…
登山画像
0725 ナナカマドが紅かった。
登山画像
0726 午前中はよく晴れていたけど。
登山画像
0739 メタボ分隊出発!今日は介護の若者が居な…
登山画像
0740 台風でも落ちない葉が紅葉?黄葉?
登山画像
0743 森林館。バックは青空。
登山画像
0756 鞘口峠前の休憩所。メタボ隊は前回も休ん…
登山画像
0804 すぐに「鞘口峠」に着く。
登山画像
0804-1 鞘口峠の道標
登山画像
0820 峠から登りはメタボ隊にはキツイ!
登山画像
0824 ブナの路コースへ
登山画像
0834 曲がって捻じれてます
登山画像
0849 見晴小屋に行くには、ブナの路コースへ。…
登山画像
0853 見晴小屋。御前、大岳の眺めが良い。
登山画像
0857 紅葉する葉が台風で落葉してる?!
登山画像
0914 相変わらず潰れているベイマックス。二枚…
登山画像
0917 少し紅葉が見える。
登山画像
0922 落葉。紅葉してる!
登山画像
0922-1 見上げるとスカスカの紅葉。台風のせい…
登山画像
0925 東峰までまだですか!ヨイショ。
登山画像
0925-1 東峰まであと0.4km
登山画像
0925-2 北側の山並
登山画像
0930 天目山に負けない「りんご」発見!・・梨…
登山画像
0934 台風の倒木か。
登山画像
0939 見晴台と紅葉。
登山画像
0941 少し狭いけどお気に入りの場所。
登山画像
0942 見晴台より御前&大岳。
登山画像
0947 上を見ると。白樺は赤?黄?でも台風で全…
登山画像
0952 混んできたので退散。
登山画像
0953 平行移動で東峰に着。
登山画像
0956 更に下り気味で中央峰に着!一番高いのだ…
登山画像
1000 少し下ってヌカザス尾根からの合流地点。…
登山画像
1003 西峰に到着。
登山画像
1006 山頂碑が変わっている!木の方が好きだな。
登山画像
1009 雲取方面。今年も行きました。
登山画像
1009-1 鷹ノ巣山!下山で左足親指の爪が剥がれ…
登山画像
1009-2 左端のミツドッケは予定しているんだけ…
登山画像
1018 昼食は大沢山に決定。移動開始。
登山画像
1020 お転婆のお姉さんが跨ろうとして諦めた。
登山画像
1025 木製階段はアイゼンの痕だらけ。去年は新…
登山画像
1029 ムシカリ峠が見えた。
登山画像
1030 昨年はここから三頭の大滝へ降下。
登山画像
1031 今年は大沢山へ。
登山画像
1047 避難小屋。中はきれいでした。トイレは勇…
登山画像
1054 大沢山、初登頂!
登山画像
1055 ここで昼食。
登山画像
1057 南側の山並。全面雲で遠雷が聞こえる。
登山画像
1130 振返り大沢山。
登山画像
1134 意外に緩い下り。
登山画像
1137 台風の爪痕。
登山画像
1140 西原峠への分岐。大滝方面へ。
登山画像
1146 道は落葉でキレイ。ブナの葉?
登山画像
1155 稲村尾根にもあったよね。ここは稲村岩の…
登山画像
1204 なかなか高度が下がらない。
登山画像
1207 チョッと下がったけど。
登山画像
1219 ここから下りの始まり。真直ぐは進入禁止×…
登山画像
1233 沢の音が大きくなると降下終了。
登山画像
1243 大滝の上流。滝頭とか言うのかな?
登山画像
1244 今年は左側から。昨年は右側から。
登山画像
1245 休憩所と手前にトイレ。沢山人が居た。
登山画像
1252 大滝の滝壺。橋は揺れて怖いので行かない!
登山画像
1320 美浦トレセンの様なウッドチップ。
登山画像
1326 すっかり曇り空の森林館。
登山画像
1329 帰ってきたど~!介護なしでも帰還出来ま…
登山画像
1329-1 蝮草も色づいた。
登山画像
1345 出発点標高1000m
登山画像
1432 奥多摩VCは復活してた。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!