登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
まるでロッククライミングな古光山 古光山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2018年11月23日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:往路:
    阪奈道路ー榛原~府道165→橿原~伊勢本街道(369号)→府道81→古光山登山口道路(路駐)

  • 天候

    君ロ位時々晴れ
    [2018年11月23日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

08:41 駐車場所出発
09:19 登山口
10:03 南峰
10:23 古光山
10:56 フカタワ
11:25 後古光山
11:36 昼休み
12:41 登山口
13:07 フカタワ分岐
14:04 駐車場所到着

距離を詰めるために、曽爾村役場ではなく、途中まで車で行って、路駐。
路駐地点からは車道を歩き、40分程で古光山登山口へ到着。

入るといきなり30度の斜面、まいったなぁと思いつつゆっくり登る。
この急斜面を登りきると、今後はロープ登り、これが延々と続く
最後は垂直登りでもうへとへと、酸欠で貧血になりそうだった。

アップダウンを繰り返しやっと上ったところが古光山だと思ったら南峰だった。
ここは景色が抜群にいい、360度のパノラマ
ひとしきり休憩して、さて、古光山と思ったら、超激下り

急登りを登り返して古光山到着

ここは景色があまり見えないが、へとへとなので、昼にしようかと思ったが風がきつくゆっくりできないので、後古光山を目指すことにした。

古光山の下りは崖下り、ほぼ垂直の下りで500mロープが一瞬も手放せないので超危険だ。
生きた心地がしない面持ちでフカタワに到着

今度はロッククライミングさながらの登り、ロープなくして登れません
時折、宙ぶらりんになりながら登っていくので、体力も限界。貧血になりそうだ
休み休み登って、後古光山に到着。景色はいいが、風が強くて寒い

休憩小屋まで下って昼にしようと、降りていく。

また激下りかとおもいきや、急階段が整備されている。

曽爾高原の登山客用かな?
助かったぁ

急階段を降りきると、平坦な道になる。林の途中で昼休憩して、下山する。

すぐに車道に出たので、出発地点までほぼ平坦な道を楽々進むと思っていたが、フカタワ分岐辺りからは、道標があるものの、道がわからなくなる場所が何か所かある。GPS頼りに道を探して進む

9.7Km 5時間25分 計画より30分程オーバー 険しい山だということは地形図からわかっていたが、これほどまでとは思わなかった。

登山中の画像
  • 路肩に駐車
  • 古光山登山口
  • いきなり急斜面、よっこいしょっと頑張って登る
  • ・・が一休みする間もなく、ロープ登りが続く
  • 最後は垂直登り・・・もうへとへと
  • 上り詰めると絶景が待っています。
  • 南峰到着
  • 古光山まで300m これが遠い
  • でも景色はいい
  • しばらくうっとりする
  • さて降りるか?・・・落ちるかって言った方が早い下りだ
  • もうしんどい・・・ やっと古光山到着
  • 曽爾高原が見える
  • さて、後古光山目指して・・・ フカタワまでの下り、まるでサーカスみたい、ほんと超危険です。
  • フカタワ到着
  • 御杖村菅野方面
  • フカタワ分岐に下る
  • 降りてきた道
  • さて、登るか・・・!? 崖?? ロープなかったら登れないや  まるでロッククライミングだ
  • ロープに中吊りになる場所もあり、心して登らないと、手を滑らせると、真っ逆さまに落ちる 斜面じゃなく、もう崖です。 後古光山到着
  • 風が強く、風よけがないので寒い 古光山を振り向く
  • 後古光山からの景色
  • 激落ちかとおもいきや、こちらは階段が整備されていたので、らくちん
  • 途中林の中で昼ご飯
  • 登山口に降り立つ
  • 車道を延々歩くと思っていたら
  • なんか怪しくなってきた
  • もう道ありません・・・
  • なんとかGPS頼りに歩いていると道がなくなった。少し迷って、明るい方に進むと道らしいものを見つけた。
  • 秋も見つけました。
  • ここを曲がると、もうすぐ路駐場所へ戻ります。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!