登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
仙ノ倉山は雪でした 仙ノ倉山(上信越)
img

記録したユーザー

登登路 さん

この登山記録の行程

平標登山口駐車場(07:00)・・・(07:05)平標登山口(07:06)・・・(08:07)松手山コース送電鉄塔(08:20)・・・(09:01)松手山(09:06)・・・(10:30)一ノ肩・・・(11:11)平標山(11:13)・・・(11:32)平仙鞍部(11:41)・・・(12:06)平標山・・・(12:36)平標山の家(13:17)・・・(13:59)平元新道登山口(14:09)・・・(15:00)平標登山口駐車場(15:01)ゴール地点G


総距離 約12.1km 累積標高差 上り:約1,258m
下り:約1,257m
仙ノ倉山ピストンする計画で、秋の紅葉を見ようかな!と言ったノリでいましたが、行ってみたら、なんと雪模様があり、まさかの雪道と化してました。
雪山は殆ど経験もなく、一度、那須岳へ行った時に途中から雪道に入ったところで、雪庇まがいに落ちたりと、それはとてもとても怖い経験で良い思い出がない。
また、雪山装備・・・アイゼンとかゲイターなどもないのでと思っていましたが、天気も良くこの日は登山日和です。躊躇なく進みましたね。

雪に足が取られて進みずらいと言うことはありましたが、滑落しそうと感じるところもなく、ただただ景色がサイコーに良かったです。AMは雲一つない晴れ模様!
山頂までは風も殆どなく汗だくになるほどです。平標山頂では流石に風速5~7mほどはあったと思います。とても寒かったです。
平標山頂には長いすることもなく、仙ノ倉山へ・・・

しかし、平標山から仙ノ倉山へいく稜線で雪が深く、先へ進めないこともないのですが、雪をかき分けていくような進み方となってしまい、平標山へ戻り下山ルートへ。
とても行きたかったのですが、それは雪のない時期にしようと思います。
この稜線はとても寒かったですし・・・

下山はあっと言う間です。実は思ったよりとても短いルートだったのです。
雪山の魅力に少し心惹かれた所もありましたが、私はまだまだ雪の無い山を登る方が合ってると思いました!
しかし、新潟と群馬を隔てる山間だけあって、眺めはホントにサイコーの山でした。

登山中の画像
登山画像
なんと雪が積もってました!
登山画像
一合目
登山画像
二合目
登山画像
三合目
登山画像
鉄塔へ到着!
登山画像
ここでしばし休憩
登山画像
四合目
登山画像
雲もなく雄大な眺めです。遠くに見えるのは、苗…
登山画像
五合目
登山画像
雪だらけ・・
登山画像
山のラインが素敵ですよね
登山画像
松手山へ到着!!
登山画像
雪を被った木々も素敵でした!
登山画像
七合目!六合目はどこ行った?
登山画像
このラインを歩くのが楽しみだけど、行けるかな…
登山画像
八合目
登山画像
九合目
登山画像
こう見えて、意外と雪が深めなんです。
登山画像
平標山頂へ到着!!!ここですでにパノラマ景色…
登山画像
この先が仙ノ倉山
登山画像
冬季はすでに稼働していませんが、平標山ノ家で…
登山画像
ここの脇で昼食を食べ休ませて頂きました。
登山画像
ここの脇で昼食を食べ休ませて頂きました。
登山画像
水場のある上信越自然歩道です。ここから駐車場…
登山画像
満点の星降るごとし登山小屋
登山画像
水場ってこれです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、GPS機器、ストーブ、燃料
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登登路さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

登登路 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。