登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
大岳&上高岩山 今年の締めくくり山行 メタボ登山2018 大岳山 上高岩山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

御岳山駅07:45・・・御岳VC07:54・・・大鳥居08:05・・・08:15長尾平08:25・・・天狗の腰掛杉08:30・・・
ヤセ尾根09:42・・・岩石園分岐08:51・・・氷の花09:05・・・09:15あくば峠09:25・・・植林地帯脱出09:31・・・09:38滑落注意地帯・・・10:05大岳神社境内10:20・・・10:40大岳山頂11:05・・・11:20大岳神社・・・滑落注意終了11:50・・・12:07あくば峠・・・上高岩山頂12:22・・・12:27上高岩山展望台(昼食)13:10・・・
13:25あくば峠・・・13:43岩石園分岐・・・13:57奥の院下トイレ・・・天狗の腰掛杉14:10・・・14:15長尾平14:40・・・天空商店街15:00・・・御岳VC15:07・・・御岳山駅15:17


総距離 約10.3km 累積標高差 上り:約945m
下り:約941m
今年のメタボ隊の締めくくり山行。今回の山行テーマは「初心に戻り、注意深く登ろう」に決定。今夏「大岳~鋸山(奥多摩駅)コース」で「水切れ自己認定遭難」。「水」の大切さを再認識(この時だけ「お守りPET水」を持って行かなかった)。他にも反省点が多いメタボ隊です・・・(一番は、このメタボディー!)。

初冬年末山行は「大岳山と上高岩山展望台」と決めているので今年も行ってきました。今回も天候に恵まれ、一日中晴れていました(チョッと透明度が・・・)。寒さも山頂気温大体5℃くらいでした。朝も昼も夕方?も同じ温度に感じたのか、特に脱ぎ着することなく全行程を歩きました(結局、寒い一日ということ?)。それでは山行感想へ。

【 JR御嶽駅 ~ 滝本/御岳山駅 】 ・・・イチバス。 僕たちの失敗、でも。
 メタボ隊は歩みがカメなので、バスくらいはイチバス(時刻表の一番早いバス)で座って行きたいのですが。何故か電車は「奥多摩ダッシュ」の車両に乗り込んで仕舞いました(御嶽駅は最後尾車両!)。当然「御岳だっちゅーの(?)」になってしまいましたが、この寒い時期は行く人が少ないので「座って」行けました(チョッとラッキー!富士山見えるかも)。楽々バスに乗り込み、初冬の御嶽へ。ケーブル下BSからの一番キツイ坂を登り。イチブル(時刻表の一番ケーブルカー)へ。全員座れました。

【 御岳山駅/御岳平 ~ 大鳥居/長尾平 】 ・・・横から受ける朝日。
 御岳平の落葉樹は全て裸。ロウバイはつぼみの状態で、もう少しすると開花?透明度が少し悪く、東京天空樹はギリギリ見えるが筑波山は霞?のかなた。
 長尾平で何時もの行動食&水休憩し体調確認。第二目標の上高岩山展望台も確認。

【 長尾平 ~ あくば峠 】 ・・・沢筋の吹き下しの冷風。 氷の花。
 長尾平、天狗の腰掛杉(今日も天狗は不在)、奥の院下のバイオトイレ、岩石園合流点で何時もは休憩を取るのですが。沢筋の吹きおろしの風が予想通り冷たく東屋はパス!あくば峠途中の何時もの曲がり角で小休止。しばらく歩くと山側に「氷の花」を3カ所確認(昨年と大体同じ場所)、写真撮影。探しながら歩くと何時の間にかあくば峠に到着!休憩。

【 あくば峠 ~ 大岳神社境内 】 ・・・大岳小屋?復活の兆し?? 富士山!
 あくば峠、奥の院分岐、植林地帯を抜け、滑落注意地域、鉄階段&クサリ場、そして大岳神社境内へ。今年も滑落注意地帯は行き(足場が狭いように感じるのはメタボ隊だけ?)が怖かった!特に枯葉も無く昨年よりは歩き易かった。
 境内で大休憩。トイレのついでに富士山鑑賞、今年は良く見える!雲の掛り具合も○。今年は御行儀が良かったのでしょうか。大岳小屋は昨年より人手が入っているのか、キレイに整理整頓&時計が動いて?いました(時間が合ってた!)。

【 大岳神社 ~ 大岳山頂 】 ・・・石スライム! お男の子!
 鳥居から数歩でストーンスライム発見!手持ちのゴールドが無く、賽銭は上げられなかった残念。後ろには岩男君?ここは・・・アレフガルドの一部だったのか!?(写真)
 大岳神社の右側獅子?は「男の子」と判明。今まで気が付かなかった!量産型エバ5~13号機に似ているとは思っていたのですが。
 地味にツライ坂、岩場登り(ストック収納)、そして山頂へ、富士山が見えた!

【 大岳山頂にて 】 ・・・2年連続の富士山!こんにちは!!
 寒いからか、師走の忙しい時期だからか、メタボ隊にしては早い時間(10:41)の登頂だからか。人出が意外に少ない!山頂碑や富士山を撮影して、早々と下山開始!次の目標は「関東平野を見おろしながらの昼食!」。今日は晴れているから昼食も楽しみ!!

【 大岳山 ~ 上高岩山 】 ・・・やっぱ上高岩山は上高岩山。
 大岳山頂、岩場、大岳神社、滑落注意地帯、植林地帯、あくば峠、そして上高岩山。大岳山域の岩場&滑落地帯を無事下山、今回の「初心に戻り・・・」を一応クリア。まだ上高岩山から展望台の間の岩場のヤセ尾根に危険個所あり。
 上高岩山の楽しいのは道標で「左へ数歩」の表記には、いつも笑顔になり疲れが一瞬飛ぶ。一瞬だけなのが・・メタボ隊。でもここはこの表記を含め「ざ・上高岩山」だと思う。

【 上高岩山 ~ 展望台/昼食 】 ・・・晴れは、関東平野一望!曇ると最悪!
 山頂から少し下り「展望台」へ。 途中に、岩場のヤセ尾根があり注意が必要。
 展望台からは「富士山は一切見えませんが大岳山はよく見えます!」。丁度、東側を見る形になり「真西から御嶽神社」を拝観する形になります(日の出山は真東)。写真では上手く表現出来ないので、時間に余裕が有ったら寄ってみる事をお勧めします(ただし空気の澄んでいる時期限定です)。昼食は関東平野を「おかず」にどうぞ(チョッとPM2.5が隠し味ですが・・)。

【 上高岩山 ~ 撤収! 】 ・・・反省会ダッシュ!
 2018年メタボ登山の終了。下界での反省会へ。この戻り時間はメタボ隊最速記録達成(心の中だけでした)。
 展望台、上高岩山、あくば峠、岩石園分岐、奥の院バイオトイレで少し休憩。天狗の腰掛杉、長尾平、天空商店街で「黒ゴマあめ」購入(家族ブーム)。御嶽VC、途中のほろ酔いじじばば軍団にもめげず、御岳山駅へ到着。 楽しかった!やっぱ御嶽山域は最高!

【 そして反省会へ  】 ・・・やっぱ大岳~鋸山ルートは大反省!
 何時ものように、登山前より体重が増えてしまう反省会に突入!
 2018年メタボ隊の反省点は、
①「大岳から鋸山ルート」は水切れ自己認定遭難。水と尾根を軽く見ていた。
②「鷹ノ巣から六つ石山ルート」は長すぎた。想定内最長時間の山行。
 2018年ベスト山行は、
  ①「天目山ミツドッケの紅葉」。メタボ本隊2名だったのが残念。
  ②「無事下山出来た」。大きなけがもなく、全部の山行が出来たこと。
    野良個人として「大塚山分岐の春と秋」大好き。

 メタボ隊ファンクラブ十万四人の皆様に、感謝、 感謝! 大感謝!
暮れまして、お忙し! 新年が良い年になりますように! いつか山頂で逢いましょう! 

登山中の画像
登山画像
0651 御岳ダッシュ失敗。乗る車両を間違えた!
登山画像
0655 銀杏も寒そう
登山画像
0656 イチバス御岳ダッシュ失敗でも。全員座れ…
登山画像
0727 滝本駅の標高は407m。大銀杏も落葉してま…
登山画像
0737 御岳平
登山画像
0739 寒いのに透明度はイマイチ
登山画像
0740 ススキは雪が降るまでこんな感じ?
登山画像
0741 日の出山の日の出。
登山画像
0742 ロウバイはこんな感じ。ピント合わず(涙)
登山画像
0747 行ってきまーす!
登山画像
0748 横からの日差しも楽しい。
登山画像
0754 今日の指名手配・・・ない?氷の花は手配…
登山画像
0804 何時もより早く着いた?
登山画像
0814 長尾平。体調確認の行動食摂取。今日も好…
登山画像
0814-1 今日の第二目標「上高岩山展望台」。外…
登山画像
0830 天狗の腰掛杉。今日も天狗は居ない。
登山画像
0833 奥の院が見えない。何処に在るのお社は。
登山画像
0844 楽しい山道。
登山画像
0850 岩石園合流点。上からの谷風が超冷たい!…
登山画像
0857 もう少しで休憩する曲がり角。
登山画像
0904 第一「氷の花」発見。
登山画像
0905 第二「氷の花(左上)?とカマキリの卵(…
登山画像
0905-1 第三「氷の花」
登山画像
0917 あくば峠に到着。水休憩。
登山画像
0925 植林地帯も朝方は陽が入り易いのか?
登山画像
0928 奥の院への分岐
登山画像
0931 植林地帯との境
登山画像
0932 大岳さ~ん!おはよ~!!
登山画像
0940 滑落注意!
登山画像
0958 細い人も、太い人も。この間を通る。
登山画像
1004 大岳神社境内に到着。
登山画像
1008 トイレのついでに富士山パチリ。今日は見…
登山画像
1012 大岳小屋?なんかだんだん復活してきてる?
登山画像
1013 二年前と比べるとキレイになってる。時計…
登山画像
1020 メタボ隊発進!
登山画像
1021 ストーンスライム発見!!しかしゴールド…
登山画像
1022 今日もショボイ感じが・・・
登山画像
1023 なんとなく量産型エバ5-13号機?
登山画像
1023-1 あ!男だったんだ。今まで気が付かなか…
登山画像
1027 意外に登れた(休んでませんよ・・三本な…
登山画像
1030 岩登りの前にストック仕舞う。
登山画像
1032 ハードロック園!
登山画像
1041 わー山頂だ!
登山画像
1041-1 山頂5℃位。でも直射が暖かい。
登山画像
1042 無機質な山頂碑と富士山。
登山画像
1044 北風?2年連続で富士山見えました。 
登山画像
1046 今年は三頭山だけ。新年は御前山に行きた…
登山画像
1103 地味に下山。
登山画像
1109 岩場もあります。
登山画像
1148 今年最後の難関。滑落注意の危険地帯!
登山画像
1159 また来年も来ます。楽しかった!
登山画像
1206 あくば峠。上高岩山の展望台へGo!
登山画像
1211 巻道で行きます。だって展望が無いんだも…
登山画像
1220 上高岩山への道標。楽しい「左へ数歩」の…
登山画像
1222 確かに「数歩」で山頂です。
登山画像
1227 展望台?見晴台かな。関東平野が一望でき…
登山画像
1228 西側から「武蔵御嶽神社」。
登山画像
1240 東京都内を見ながら昼食。今日は晴れてよ…
登山画像
1324 グリーンフラッシュ?ゴーストか。緑は珍…
登山画像
1343 岩石園合流は谷風で寒いのでバイオトイレ…
登山画像
1346 初冬の木々。
登山画像
1349 陽だまりの坂。西日が暖かい。
登山画像
1352 バイオトイレ横の広場の木の赤い実。なに?
登山画像
1410 天狗の腰掛杉の構造がみられた?脇があま…
登山画像
1447 3時前なのに夜のにおいが・・・山は日が…
登山画像
1502 無言坂から筑波山。透明度が・・・
登山画像
1512 奥の院と太陽。
登山画像
1512-1 西日が当たる鳥居。
登山画像
1554 御嶽駅前。ラーメン屋が新装しました。セ…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!