登山記録詳細

トレイルランニング
参考になった 4
半原から仏果山、三峰山、大山経由で秦野駅まで 仏果山、辺室山、三峰山、大山、高取山、弘法山(関東)
img

記録したユーザー

モリゾー さん
  • 日程

    2019年1月13日(日)

  • 利用した登山口

    土山峠  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:愛川ふれあいの村第二駐車場利用、戻りは秦野駅から小田急小田原線にて本厚木駅まで移動し、神奈中バスの半原行き乗車

  • 天候

    曇りのち晴れ
    [2019年01月13日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

愛川ふれあいの村センター前(06:25)・・・高取山(07:10)・・・宮ヶ瀬越(07:16)・・・仏果山(07:30)・・・分岐(08:00)・・・旧土山峠(08:10)・・・土山峠(08:14)・・・辺室山(08:53)・・・分岐(09:15)・・・物見峠(09:20)・・・三峰山南峰(10:17)[休憩 5分]・・・分岐(10:35)・・・唐沢峠(11:04)[休憩 10分]・・・唐沢峠分岐(11:44)・・・大山(11:55)[休憩 13分]・・・16丁目(12:26)・・・蓑毛越(12:43)・・・浅間山(12:45)・・・不動越(13:06)・・・鶴丸分岐(13:14)・・・高取山(13:19)[休憩 13分]・・・念仏山(13:51)・・・善波峠(14:01)・・・弘法山(14:13)・・・権現山(14:22)・・・弘法山公園入口(14:38)・・・秦野駅(14:51)

総距離 約28.7km 累積標高差 上り:約3,106m
下り:約3,184m
コースタイム 標準:15時間40分
自己:7時間45分
コースタイム倍率 0.49
 延期になっていた大山への縦走を本年最初のトレイルランとして行ってきました。実家から行く予定だったので電車で行く筈だったのですが、流石に栃木から電車で行こうとするとゴール時間には真っ暗になっちゃいそうな微妙な時間帯になりそうだったので車で行くことにしました。ただ都内に近い山々では駐車場の確保が面倒なので正直そこまで乗り気がしなかったのですが、山と高原地図を頼りに愛川ふれあいの村にあると思われる駐車場を利用できそうだったので今回の計画としました。

 今回一番心配だったのが先日の雪の影響。計画自体は延期を決めたときから練り直していたのでスムーズでしたが雪が降るとは考えていなかったのでドギマギしていました。予報ではそこまでの積雪はなさそうな感じでしたが、念のため軽アイゼンを持って行こうと準備を進めていたのですが、現地についてやっちゃっていることに気付きました。入れたと思っていた軽アイゼンが入っていない…。(ノ∀`)アチャーと思いつつ、取り敢えず仏果山まで行って様子を探るかと登ることとしました。結果としてやはり大した積雪ではなかったので事なきを得ましたが、大いに反省するべく失態だったと思っております。

登山中の画像
  • 愛川ふれあいの村の駐車場からスタート
  • 黙々と進むと案内板が出てきます
  • まだ暗い中を登って行きます
  • 一度車道に出て
  • 薄暗い森の中を進みます
  • 昨日の雪が出てきました
  • 高取山(愛川)の山頂からの景色、横浜方面
  • 川崎、東京方面
  • 何とか筑波山を発見
  • 高取山(愛川)到着
  • 仏果山目指していきます
  • モリモリ登って
  • 仏果山到着
  • 積雪後の一番乗りの特典。たっぷり落書きしてみました。モリゾー参上の方が良かったかな…ヾ(*`∀´*)ノヘヘヘッ
  • モリモリと縦走していきます
  • 横浜駅周辺に陽の光が当たり妙に神々しくなっていました
  • 丹沢山、蛭ヶ岳方面はガスの中。もしかして雪降ってるのかな?
  • これから向かう大山、三峰山、辺室山方面。大山はガスッています
  • 仏果山から土山峠へ向かう道は激痩せ尾根。イメージとしては小鹿野の二子山みたいな感じだけど、木々が生えている分こちらの方が恐怖度は低いです
  • モリモリと下って
  • 革籠石山到着
  • 木々の間から宮ヶ瀬湖を望みます
  • 土山峠到着
  • 辺室山への登山道は先ほどの登山口からちょっと登ったところに有ります
  • ちょっと登ったところから宮ヶ瀬湖
  • 初っ端から結構な坂道
  • 所々に祠があり、昔の修験道であったんだろうなということを想起させてくれます
  • 結構な坂道をえっちらおっちら登ります
  • 途中振り返って仏果山方面を
  • なだらかな道に変わると
  • いよいよ辺室山到着
  • 横浜が近くなった希ガス
  • 再びモリモリと登ります
  • 物見峠へ下る途中で荒々しい三峰山と奥に大山が見えました
  • 物見峠までの下りは結構な痩せ尾根
  • 物見峠到着
  • 三峰山への登りは急登
  • 三峰山へ行く人向けの注意喚起案内板あり
  • 序盤は至って普通の登山道
  • 標高が上がるにつれ積雪が目立ってくる
  • 丹沢山、蛭ヶ岳方面は未だに晴れず
  • 大分白んできました
  • 三峰山へ本格的な登りが始まりました。しっかり積雪していたら多分アイゼンなしじゃ登れなかったかも
  • 痩せ尾根のオンパレード
  • 鎖もオンパレード
  • ここは真面目に怖かった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。アルミ板の階段がちょー滑るんですもの…。トップに足が滑った跡があると思いますが、ここから滑って落ちれば滑落が免れないと思います。積雪時は慎重に
  • 道がドライなら鎖場楽しーで行けるくらい感じです
  • こういう木の橋も積雪はちょー滑るので慎重に
  • 三峰山到着。アルミの階段と木の橋やら階段には肝を冷やしましたが、何とか無事にここまで来ました
  • 三峰山から北へ向かう際も幾らか鎖場がありますが、感覚的にはこちらの方が階段やら橋が少なく安心出来ました
  • 難所を抜けるとなだらかな尾根道になります
  • 大山方面(見切れてますが)は晴れてきてちょっといい感じの雪山雰囲気出してます
  • 山と高原地図上の破線ルートは確かに道が分かりにくい部分がありました。進むべき方角を見極めて慎重に行きましょう
  • 三峰山を振り返って
  • 一般ルートと合流しました。これにて今回の核心部は無事に通過出来ました
  • 雪道をモリモリと進んで
  • こういった場所を何か所か通過して
  • 陽気な登りを越えると
  • 目の前に大山ド━(゚Д゚)━ン!!山頂まであと少し
  • そこそこの木道をこなします
  • もうすっかり雪山
  • 雷ノ峰尾根と合流しました。そしてこれから向かう尾根道も見えます。ということは秦野駅はあの辺だなぁ
  • 再度木道をえっちらおっちらと登って
  • 大山到着
  • 山頂の標識を大分探しましたが灯台下暗しでしたね(∀`*ゞ)テヘッ
  • 大山からの見晴らし①。霞んでしまってちと残念
  • 大山からの見晴らし②。この辺に筑波山が見えるんだろうけどもう見えない
  • ここまで登ってきた高取山、仏果山、三峰山を望みます
  • ほいでは下っていきましょう。序盤は岩々した道を行きます
  • 三ノ塔方面だったかな
  • 分岐の16丁目到着
  • モリモリと進むと、女人禁制を示す標碑がありました
  • 実に走りやすいなだらかな道です
  • 首無し地蔵がありました。なんかちょっと怖い…
  • 蓑毛越到着
  • 浅間山を知らず知らず通過していることに後で知りました…多分この辺が浅間山
  • 走りやすい良い道
  • この尾根道は電波塔が盛り沢山でした
  • 登山道の一部は林道と合流しています
  • あの辺が高取山(秦野)でしょう
  • 高速道路建設中みたいですね
  • 一度車道に出ます。不動越はここだと思ってましたが、もう少し先でした
  • んで不動越到着
  • えっちらおっちら急登を登って
  • 高取山(秦野)到着。後ろに大山がド━(゚Д゚)━ン!!
  • NHKの電波塔もありました
  • 再びモリモリと下って
  • 念仏山到着
  • 一度ゲートを潜って
  • 善波峠に到着
  • ランランと進み
  • 弘法山到着。何だか賑やかな山頂ですね
  • もはや公園道を進みます
  • 高取山と大山が良く見えます
  • 塔ノ岳、三ノ塔方面。塔ノ岳はガスの中
  • えっちらおっちら坂道を登り
  • 市街地を眺めながら
  • 権現山到着
  • もう霞んじゃって遠方は見渡せない
  • よっこいせと下ると車道に出ます
  • えっちらおっちら走ると
  • 浅間山到着
  • 水仙が咲いていました
  • 階段を下っていくと
  • いよいよ市街地に出ました
  • んで本日の終着点秦野駅到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モリゾーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    11/28初雪。師走に入り真冬の様相です。万全の防寒で。日没早く時間にゆとりを持って
    19年12月10日(火)
    秦野ビジターセンター~表丹沢・塔ノ岳
    秦野ビジターセンター
    雪が降りました。塔ノ岳山頂では積雪2~3㎝です。週末の登山は念のため、軽アイゼンなどをお持ちください。
    19年11月29日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モリゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!