登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
御荷鉾山 東御荷鉾山→西御荷鉾山(上信越)
img

記録したユーザー

ジョーロ さん

この登山記録の行程

法久橋8:00→大鳥屋山9:45(10)→妹ヶ谷不動尊下降点10:45(15)→東御荷鉾山11:55(5)→投石峠12:25→西御荷鉾山13:20(20)→桐ノ城山14:00→石尊山14:15→若御子山北峰14:30→若御子山南峰14:40(10)→万場15:25 合計7時間25分(標準タイム8時間55分)


総距離 約14.4km 累積標高差 上り:約1,729m
下り:約1,698m
初投稿です。
過去年に数回、マイカー登山を無雪期におこなってました。
最近は家族で車が取り合いとなり、昨年から電車バスでの登山をしてます。
前の週は奥武蔵の山々を縦走。
そしてこの日、上州御荷鉾山へと行きました。

電車で高崎線新町駅へ。
始発のバスに乗り1時間ほど揺られ法久で下車。
電車バス登山のメリットを生かしワンウェイのルートです。
今回の登山にあたり「目黒駅は品川区」さんの記録を参考とさせていただきました。
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=128202

地図のルートは林道を辿りますが、「目黒区は品川区」さんの書き込みによると法久橋のわきに旧道がありそこから入れるとのことでそちらのルートを取りました。

天気は快晴無風、誰もいない寂しい道を一人で登る。
最高です!

順調に歩みを進め「神流工房」と書かれた表札のある方へ右折。
そこからすぐ「至みかぼ山」のピンクの表札がありそこを左折。
私はGPSを持ち合わせておらず地図で現在位置を確認。
東御荷鉾山へ登る尾根の入り口と判断しました。

さて、登りは続くものの尾根道ではなく、これは東御荷鉾山の南斜面に迷い込んだと思い、進行方向右手に広がる急な斜面を登ることにしました。

枯葉に覆われ踏み跡のない斜面を暫く上るとやっとこさピークに到達。
ここが東御荷鉾山?
ずいぶんと寂しい頂上です。
標識もありません。
まあこんなものだろうと思い、更に西に見える大きな山塊「西御荷鉾山(実は違う)」を目指すべく尾根らしきところを探し下ります。

地図を見ると途中に「釜伏山」というピークがあるようで、周りを見渡すとそれらしき小山があり立ち寄ったのち、さらに尾根上のルートを下ります。
ところが段々と谷に入ってゆきます。
地図ではありえない状況です。
完全に自分の位置を見失いました。
とりあえず隣の尾根をめざし急斜面を両手両足でよじ登る。
やっと尾根上にでて、尾根伝いに西を目指します。
そしたら林道に出ました。

やれやれやっと投石峠と思いきや、なっ、なんと、表札には「妹ヶ谷不動尊」を示す文字が。
暫くの間混乱が収まりません。
地図でこの分岐点を探すと、ここが東御荷鉾山の取りつきであることが判明。
では、さっき登った山は何? どうしてこんな状態になったの?
どうやら、「神流工房」の表札があった場所を東御荷鉾山の取りつきであると勘違いしたところから迷走が始まったようです。
さっきのピークは「大鳥屋山」で、その後かなり険しい谷に入っていたことが地図から読み取れました。
標準コースタイムよりはるかに速いペースで進んでいるつもりでしたが、この迷走のお陰でコースタイムをオーバー。
このままだと予定していた帰りのバス、14:50発はおろか16:30発も間に合いません。
急ぎ出発します。

きつい尾根を登ることしばし、東御荷鉾山山頂へ到着。
さっきの大鳥屋山とちがい立派な山頂でした。
しばし南側の眺望を堪能した後、大した休憩も取らず本日の最高到達点、西御荷鉾山を目指します。

下りは半分駆け降りる勢い。
バスに乗り遅れたら帰れなくなる!
下りでタイムを稼ぎ、登りは我慢のイーブンペース。
そしてなんとか西御荷鉾山山頂に到達。
北斜面のルートには、いつ降ったのかわかりませんが雪がほんの少し残ってました。
西御荷鉾山の山頂は南側だけでなく、北側の眺望も楽しめます。
浅間山、榛名山、赤城山をはじめ、更にその向こうにある雪をかぶった山々がきれいに見えました。
冬の澄んだ空気だからこそ堪能できる景色ですね。
ここはちょっと時間を取って20分ほど滞在し、良い眺めを見ながらエネルギー補給をしました。

さて、あとは下りです。
なんとか16:30のバスには間に合いそうですが、せめて着替えはしたいし、16時までにはゴールしたい。
一気に駆け下りようかと思ったら、若御子尾根は思いのほか険しく、慎重に降りないと危険です。
またこの尾根はアップダウンがあり途中にいくつもピークがあります。
多少の登りでも、私のなよった両足にはきつく、直ぐに息が上がります。

最後のピーク、若御子山南峰に到着、あとは登りは無いようです。
竹林を過ぎ、若御子尾根入口から林道に出て、そして舗装路を辿り家々の間を通り抜け、何とか万場バス停へ到着。15:25でした。

バス停は待合所がありトイレもきれいで快適でした。
汗ビッショの服を着替え、重い靴も履き替え、快適な身なりで16:30のバスに乗り岐路へつきました。

これまで雪山はもちろん、冬に登山はしてませんでした。
でも、1,000m前後の山でもそれなりに登りごたえはあるし、葉が落ちていて視界を遮るものは少なく思いのほか景色が堪能できるし、何といっても空気が澄んでいて低山でも遠くの山々まで見渡すことができる。
正直、侮っていました。。
もうすぐ花粉の季節ですが、それまでにもう何回か近くの低山ハイクに挑戦しようと思います。

登山中の画像
登山画像
法久橋のわきにある旧道ここからスタート
登山画像
すぐにこんな感じになりますこの先は更に荒れた…
登山画像
20分くらい上ると廃校がありました
登山画像
30分くらいで林道へ出ます「みかぼ山」と書いた…
登山画像
神社がありました
登山画像
要所にピンク色の表札があり安心して登れます
登山画像
また林道へ出ました林道を左へ進みます
登山画像
「神流工房」と書かれた表札がありましたここを…
登山画像
直ぐに例のピンク色の表札が見えました左へ曲が…
登山画像
尾根を探しながら道なき道をよじ登りピークへ到…
登山画像
尾根を下るとまたピークらしきところがこれが釜…
登山画像
先に見える大きなピークこれこそ本当の東御荷鉾山
登山画像
完全にルートをロスト・・・とにかく尾根沿いに…
登山画像
やれやれ、やっと投石峠に出たかと思いきや、な…
登山画像
東荷鉾山の取りつき尾根入口に案内図があります
登山画像
苦しい登りがつづき、やっとこ頂上らしい気配が…
登山画像
立派な祠がありました
登山画像
頂上へ到着当然ですが、立派な山の頂上はこんな…
登山画像
山頂からは両神山がきれいに見えました
登山画像
そして南東方向には武甲山が
登山画像
ひと休みして西御荷鉾山をめざします
登山画像
尾根を下り、そしてまた登り西御荷鉾山の頂上が…
登山画像
立派な祠北を向いてました
登山画像
これが正面
登山画像
西御荷鉾山に到着!
登山画像
南東方面
登山画像
西御荷鉾山は北の山々も見えます北西方面、浅間…
登山画像
真北方向、榛名山
登山画像
そして北東方面、赤城山ほか
登山画像
素晴らしい眺望を堪能して下山尾根を下ると林道…
登山画像
暫く進むと桐ノ城山へ分岐する林道が見えてきます
登山画像
こんな感じこっちへ進みます
登山画像
またしばらくすると若御子尾根への分岐です
登山画像
鳥居がありますこっちへ進みますここからしばら…
登山画像
桐ノ城山
登山画像
苦労して登った東御荷鉾山(右)、そして西御荷鉾…
登山画像
石尊山直下
登山画像
石尊山山頂
登山画像
若御子山北峰
登山画像
若御子山南峰
登山画像
ひたすら下り若御子尾根入口へ到着
登山画像
立派な林道へ出ました
登山画像
舗装路をひたすら下り、無事万場バス停へ到着
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジョーロさんの登山記録についてコメントする

登った山

関連する登山記録

もっと見る

ジョーロ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...