登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
松生山から浅間尾根 内蔵ノ助山、払沢ノ峰、松生山、天領山、入沢山、浅間嶺、浅間尾根、一本松、御林山、数馬の湯(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年1月26日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:32→山手線→代々木4:42~56→中央線→立川5:37~44→五日市線→武蔵五日市6:14~22→西東京バス→笹平6:48

    復路:温泉センター13:23→西東京バス→武蔵五日市14:21~32→五日市線→拝島14:49~52→青梅線→立川15:04~15→南武線→武蔵小杉15:47~52→東急目黒線→武蔵小山16:02

  • 天候

    晴れのち雪
    [2019年01月26日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

笹平バス停314m6:50→松生山登山口6:52→701m地点7:35→内蔵ノ助山783m7:48→払沢ノ峰858m8:03→松生山933.7m8:32~41→天領山936m8:46→入沢山930m8:51→浅間嶺890m9:03~15→人里峠9:25→一本松930.2m9:49→猿石9:59→浅間尾根登山口バス停分岐10:04→数馬峠10:14→仲ノ平分岐10:37→御林山1078.4m10:44~11:00→仲ノ平バス停11:25→数馬の湯11:28

合計4時間38分


総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約1,359m
下り:約1,026m
1月26日(土)は、冬の定番の浅間尾根をバリエーションルート扱いになっている松生山から縦走して来ました。

松生山の道は、古いガイド本を見ると必ず「笹藪」と書かれているのですが、現在は笹藪は一切ありません。それどころか全線ほぼ一般道と言っていいぐらい良く踏まれており、迷いやすい箇所には立派な標識も立てられているので、多少山慣れた人なら何の問題もなく登れます。ただ下の方がひたすら急坂なので下りは避けた方が良いかもしれません。

まず、武蔵五日市駅から数馬行のバスで笹平まで行きます。多少日が延びたので始発バスで行って6時50分スタート。

バスの進行方向に2~3分進むと、右手に電波塔の立っている畑があるので、その中の道をを突っ切ります。すると林にぶつかったところに最初の標識が出てきます。あとはほぼ一本道。

急坂をひたすら登って行くと、地図上の498m地点はなんとなく通りすぎて、その後地図に載っていない小ピークを3つほど越えます。次の701m地点も同じような小ピークなのですが、2019年1月現在は割りと新しいピンクのテープがあるのですぐにわかります。いつまであるかは定かではありませんが…。

701m地点を過ぎると、木々の間から今までの小ピークとは違う顕著な山頂のが見えてきます。それが内蔵ノ助山で、山頂は手書きのプレートがあるだけの展望のない場所ですが、ここを越えると傾斜も徐々に穏やかになり、周囲の雰囲気も暗い植林よりも冬枯れの明るい自然林が増えて良くなってきます。

昨夜舞った雪がほんの少し残る道を進んで行くと、払沢ノ峰の先で大きく西に方角を変える尾根の先に、本日の目的地である松生山が見えてきます。

払沢ノ峰山頂は本宿へと下る別のバリエーションルートが分岐する場所で、そちらにの踏み跡に引き込まれないように立派な標識が立てられています。東側がやや開けていて、木々の下から東京方面が望めます。

払沢ノ峰から先は完全に気分の良い尾根歩きになって、まず最初に尾根が西に方角を変える小ピークに着きます。ここにも間違った方向に進まないように標識が立てられています。

次の867mピークは、特に何もない場所なのですが、木の下にお地蔵さんか道祖神のようなただの石が2つあります。これもいつまであるかわからないですが…。

867mピークと松生山の間にあったとされる松生峠は、867mピークから鞍部まで下り、松生山へ上り返す途中にあったはずなのですが、南北に横断する峠道が見つからず、結局どこだかわかりませんでした。

で、そのままズルズルと進み、松生山には8時32分に到着!登山口から1時間40分かかりました。山頂には電波施設があり、そのお陰で伐採されていて、笹尾根の向こうに富士山が良く見えます。反対側には大岳山を中心に鋸尾根と馬頭刈尾根が良く見えます。景色を見ながら休憩!

松生山から軽く下って上り返すと、数馬峠までの浅間尾根の最高峰である天領山336mに着きます。ここは木に手書きのプレートがあるだけの何もないピーク。

でも次の入沢山は伐採地上のピークで、浅間嶺より高く、松生山のように余計な電波施設もないので、本日一番景色の良い山頂でした!富士山はもとより、大岳山と御前山の間に雲取山方面や、先週に引き続き光る東京湾なども見えました。

入沢山からジグザク下ると、払沢ノ滝から時坂峠経由で上ってきた通常の浅間尾根の縦走路と合流し、上り返すといつもの浅間嶺に着きます。富士山が絶景のはずなんだけど、今登ってきた松生山や入沢山の方がより絶景だったので、イマイチ感動が薄いです。でもこの後休憩に適した場所はなくなるのでまた休憩。

浅間嶺から下の東屋のところまで下りて、道が錯綜しているので多少ウロウロした後、いよいよ浅間尾根の縦走路に入ります。しばらく尾根の北側を行くので、道が昨夜の雪で白くなっていました。でもアイゼンやスパッツの必要はなし。

まず人里峠に着いて、その後、道が崩落しているか何かで迂回路に入ります。そこを抜けると、浅間石宮という古い石祠があり、しばらく上りが続きます。上りきったところが一本松の入口で、馬頭観音の裏側に山頂へ行く踏み跡があるので寄って行きます。山頂には三角点がありました。

再び縦走路に戻り、猿石という巨岩を過ぎると、少し前まで伐採地で見晴らしが良かっただったところに出て、ほどなく浅間尾根登山口バス停分岐に着きます。時間は10時4分で、浅間嶺から約50分かかりました。浅間尾根はこの先も三頭山まで続きますが、一般的なハイキングコースとしての浅間尾根はここで終わりです。

でも10時半頃温泉に着くのはさすがに早すぎるので、時間潰しに御林山まで行くことにします。この道が意外と大変でした!

御林山までの道は、次の分岐である林道が通っている数馬峠までは、今までと変わらぬ緩やかなアップダウンの道なのですが、そこから標高差約200mをひたすら上るようになります。たいした標高差じゃないんだけど、おまけとして登ると結構しんどいです。

でもなんとか仲ノ平分岐に越えて、その先もう少し進むと、昔は赤テープと踏み跡しかなかった御林山山頂分岐にも立派な標識が立っていて、急斜面をよじ登ると山頂に着きます。浅間尾根登山口バス停分岐から40分かかりました!

御林山山頂は、ちょっと前まで植林の中の展望のない地味な場所だったのですが、先週の麻生山に続いてここも南側が伐採されて、展望が得られる山頂になっていました!多少雲がわいてきた関係でこの日は見えなかったけれど、笹尾根の上に富士山が見えるんだろうな-。どこもかしこも景色が見えるようにすればいいってもんじゃないと思うけども。

でもお陰で日当たりも良くなったので、11時まで日向ぼっこしながら最後の休憩をとります。

御林山からは、三頭山まで行って行けないことはないんですが、そうすると温泉まで戻るのが大変になるので、先程の仲ノ平分岐に戻って仲ノ平バス停に下山します。この道は下り始めに岩場のような急坂があるので注意!

仲ノ平バス停に着くと、車道の先に数馬の湯が見えるので、そこを目指して歩くと5分かからず数馬の湯に着きます。前に温泉センターという別のバス停もあります。11時半到着。まだ午前中だけどギリキリ許される時間。

数馬の湯は檜原村の日帰り温泉施設で、泉質はアルカリ性単純温泉で料金は土日820円。三頭山の都民の森に近いので、都民の森行の急行バスが運行されている春から秋にかけての週末は混みますが、バスが運休になる冬は空いています。でもこの日は凍結した三頭大滝を見にきた団体がいたので結構混んでいました。
たまにそういうこともあります。

温泉に入った後、バスが13時23分までないので中の食堂に寄って、先週の東京都産の地粉のうどんに続き、東京都産の舞茸の天ぷらがついたうどんを食べました!今回はうどん本体は東京都産じゃないと思いますが、舞茸は北秋川のバスの終点の藤倉の奥にある秘密工場で作られている正真正銘の東京都産です。

椎茸は町田産とか八王子産とか東京でも結構作っていて珍しくはないんですが、舞茸は結構レアです!

舞茸うどんを食べたら、後はバスで武蔵五日市駅まで戻ります。この日は南岸を低気圧が通過ということで、朝は快晴だったのにバスに乗っている途中で雪が降ってきました。五日市に出たらやんでたけど、天気の急変にはご用心!

多摩百山 コースNO.30 笹平から松生山、浅間嶺展望台、上川乗
http://www.jac-tama.or.jp/tama100.jac-tama.or.jp/course/course_30.html

檜原温泉センター数馬の湯 | 東京都西多摩郡檜原村の温泉
http://kazumanoyu.net/

登山中の画像
登山画像
数馬行のバスで笹平下車!
登山画像
バスの進行方向に2〜3分進むと電波塔の立って…
登山画像
林に入るとすぐに標識あり!
登山画像
701m地点。何も無いが、2019年1月現在、ピンク…
登山画像
内蔵ノ助山。手書きの標識だけしかないが、この…
登山画像
内蔵ノ助山の少し先から見えた松生山!
登山画像
昨夜ちらついた雪が薄らと残っている。
登山画像
払沢ノ峰山頂。立派な標識が、本宿方面の踏み跡…
登山画像
払沢ノ峰からの都心方面の眺め!
登山画像
払沢ノ峰の少し先の道が西に直角に曲がる地点。…
登山画像
867mピーク。道祖神のようなただの石がある。
登山画像
気持ちの良い冬枯れの稜線歩きが続く!
登山画像
松生山山頂到着。電波施設がある。
登山画像
松生山の山頂標識とバックは大岳山!
登山画像
標識の下には三角点あり。
登山画像
そしてお約束の富士山です。少しあとの浅間嶺の…
登山画像
松生山〜浅間尾根ハイキングコースの最高地点(※…
登山画像
でも次の入沢山は絶景の伐採地です!
登山画像
入沢山から見下ろした浅間嶺!バックは三頭山!
登山画像
入沢山から見えた光る東京湾!
登山画像
入沢山から坂道をジグザグ下ると、時坂峠からの…
登山画像
浅間嶺到着!バックに富士山!
登山画像
富士山拡大!でもやっぱり松生山は入沢山の方が…
登山画像
浅間嶺から見た御前山と大岳山!
登山画像
浅間嶺下の休憩所。この周辺、道が錯綜している…
登山画像
休憩所下から浅間尾根縦走路に入ります。
登山画像
出だしは北斜面なので雪がうっすら残った道を行…
登山画像
人里峠に着いた。この先迂回路あり。
登山画像
浅間宮という古い石祠がある。昔はここが富士山…
登山画像
坂をひたすら上って一本松入口に到着。
登山画像
この馬頭観音の後ろに一本松山頂への踏み跡あり。
登山画像
一本松山頂。三角点あり。展望は無し。
登山画像
猿石という大岩がある。
登山画像
少し前まで伐採地だったところからの展望。戸倉…
登山画像
浅間尾根登山口バス停分岐に到着。一般的な浅間…
登山画像
林道の通っている数馬峠に到着。ここからも下り…
登山画像
数馬峠の少し先にある首がおちて乗せてあるだけ…
登山画像
仲ノ平分岐はもっと先の立派な標識がある場所で…
登山画像
御林山入口に立派な標識が立てられていた。昔は…
登山画像
御林山山頂です。なんとなく嫌な予感がしたんだ…
登山画像
その南側の展望です。多少雲が出てきてこの日は…
登山画像
仲ノ平分岐まで戻って、仲ノ平に下りてきました…
登山画像
数馬の湯に到着!
登山画像
入浴後、東京産のひのはら舞茸を使ったうどんと…
登山画像
数馬の湯前の温泉センターバス停から武蔵五日市…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?