登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
スノーシューハイクのはずが・・・ 入笠山(南アルプス)
img

記録したユーザー

ヤマちゃん さん
  • 日程

    2019年2月10日(日)

  • パーティ

    2人 (ヤマちゃん さん 、hrm-ymr さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅出発0330⇒名神⇒中央道⇒諏訪南IC⇒富士パノラマリゾートP0730

  • 天候

    晴れ
    [2019年02月10日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

ゴンドラ山頂駅0856⇒入笠湿原0908⇒首切登山口1005⇒入笠山山頂1021/1101⇒マナスル山荘1125/1212⇒ゴンドラ山頂駅1236

三連休の中日、天気も良さそうなので入笠山でレンタルスノーシューを楽しもうと、嫁さんと二人で3時半に自宅を出発した。
入笠山は南アルプス北端に位置する標高1955mの日本三百名山である。
山腹には富士見パノラマリゾート(スキー場)があり、その駐車場に駐車してゴンドラ(往復1650円)で標高1780mの山頂駅まで一気に登れる。

7時半に富士見パノラマリゾートに着いた。
大きな無料駐車場が複数あるが、まだ時間も早かったので比較的ゲートハウスに近い駐車場に止めることができた。
ゴンドラに乗る前にスノーシューをレンタルしようとしていたら、係の方が来られて「あまり雪が無くアイゼンをお持ちならレンタルはお勧めしません」と親切に言って頂いたので、楽しみにしていたが今回はスノーシューハイクを断念した。
8時半にゴンドラに乗り約10分で山頂駅到着。

スパッツ等の雪山準備をして9時前にスタートした。
しばらくなだらかに下っていくと入笠湿原に着く。
害獣用の扉があるがこのシーズンは解放されている。
夏場は湿原の良い景観なのだろうが、冬は雪原と化している。
更に緩やかな遊歩道を登っていくとマナスル山荘のあるお花畑斜面に出る。
このシーズンはこの傾斜を利用したソリ遊びをする人で賑わっている。
マナスル山荘付近の登山口から登れるが、今回はお花畑斜面を詰めて反対側の首切登山口を目指す。
斜面を超えると笹道となり、その後車道へ飛び出す。
しばらく車道を進むと富士山・八ヶ岳が望めるビューポイントがある。
真正面に八ヶ岳連峰が綺麗に望め、進行方向左手に富士山頂がピョコンと見えている。
10分ほど車道を進むと首切登山口に着く。
ようやくここから本格的な登山道となる。
雪の量からアイゼンまでは必要がなさそうなので、とりあえずアイゼン無しのキックステップで登っていく。
比較的登りやすい登山道を20分ほど登っていくと山頂に着く。
すれ違う人が少なく、おそらくこちらはマイナールートだったと思われる。

山頂は360°の展望が広がり、当日は天気が良かったこともあり、八ヶ岳連峰、南アルプス、中央アルプス、富士山の眺望がすばらしい!!
この眺望が比較的簡単に得られることから、山頂は多くの人で賑わっていた。
特にペット連れの人が多く、ワンちゃん達も被写体として賢くポーズを決めていた。
そんな中、にゃんこを連れてきている人もいて驚いた。
猫は飼い主と一緒の外出をあまり好まず、大暴れするものだと思っていた(少なくとも家の猫はそうである)が、これまた賢く動くことなく被写体としてポーズを決めていた。
しばらく撮影会を楽しみ11時過ぎにメインルートで下山した。
嫁さんはアイゼンを着けたが、なくても安全に下れる程度の降雪であった。

20分でマナスル山荘に到着。
ちょうどお昼頃でもあり中は満席・・・。
ここのビーフシチューが名物とのことで列に並んで注文したが、残1とのことでしかたなく一人分はカツカレーにした。
言い換えると残1がゲット出来てラッキーであった!!
空いた席に座り名物がやってきた。
大き目野菜がゴロっと入り、ほろほろに煮込まれた牛肉が美味しい。
クロワッサンと共に頂いたが、確かに人気があるはずである。
カツカレーの方は辛党の自分にとってはもう少し辛くても良いかな?? と感じた。
ごちそうさまでした。
帰りは入笠湿原までは同じルートを進み、湿原の木段を上って山頂駅に12時半に戻った。

今回は当初の目的であったスノーシューハイクは叶わなかったが、天候に恵まれ山頂では360°の眺望を満喫できた。
雪中山行ほどではなかったが、それなりに雪を味わうことのできた山行であった。

登山中の画像
登山画像
駐車場からの八ヶ岳
登山画像
スキー場
登山画像
ゴンドラからの富士山
登山画像
入笠湿原
登山画像
お花畑斜面
登山画像
展望台からの富士山
登山画像
展望台からの八ヶ岳
登山画像
首切登山口
登山画像
山頂への登山道
登山画像
入笠山山頂
登山画像
二等三角点
登山画像
山頂からの富士山
登山画像
山頂からの南アルプス
登山画像
山頂からの中央アルプス
登山画像
山頂からの八ヶ岳
登山画像
凛々しいワンちゃんと賢いにゃんこ
登山画像
マナスル山荘への下り
登山画像
マナスル山荘到着
登山画像
名物ビーフシチュー
登山画像
カツカレー
登山画像
入笠湿原木段
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

関連する登山記録

もっと見る

ヤマちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...