登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
会津駒ヶ岳・中門岳積雪期登山(滝沢登山口ルート) 会津駒ヶ岳・中門岳(関東)
img

記録したユーザー

たぞ さん
  • 日程

    2019年3月9日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:事前に観光協会に問い合わせを行って、檜枝岐村営野球場駐車場に駐車。駐車可能台数はおそらく十数台分程度です。朝5時半くらいで半分程度埋まっていました。

  • 天候

    快晴
    [2019年03月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

0630 村営駐車場出発
0635 滝沢登山口
1015 駒ヶ岳山頂
1130 中門岳山頂
1235 駒ヶ岳山頂
1520 滝沢登山口
1525 村営駐車場帰着


総距離 約14.8km 累積標高差 上り:約1,463m
下り:約1,463m
会津駒ヶ岳と中門岳の雪山登山をしてきました。会津駒ヶ岳は昨年六月に一度登っていますが、積雪期は初めてで、中門岳は今回が初めてでした。積雪期登山と言いつつ、気温は高めで残雪期登山に近い感じでした。

マイカーで村営駐車場に乗り入れて駐車。すでに何台も止まっていて、残り数台分のところに滑り混ませて停めました。準備を整えて国道を少し歩いてすぐ近くの滝沢登山口に移動します。標識があるのですぐにわかります。

登山口からすでにしっかりと雪が積もっていました。夏は車道なのでもう少し奥からスタートなのですが冬場は国道沿いからスタートになります。しばらく林道を歩いていき、適当なところでスノーシューとストックを装備。この山の特徴なのか、登山者よりもBCスキーヤーの方が圧倒的に多かったです。

夏道とは違うルートで序盤は急登も交えつつ、登っていきます。次第に斜度も緩やかになり、樹林帯を抜けるときれいな雪原と稜線がお目見えします。冬期は閉鎖となる駒の小屋の脇を抜け、駒ヶ岳山頂へ直登。無雪期は展望がほとんどないですが、雪が積もれば話は違いました。360度遮るもののない展望。

間近に尾瀬の燧ヶ岳・至仏山、その間に上州武尊山。至仏山から少し右側に離れたところに平ヶ岳。さらに右手側に行くと越後三山や巻機山が。燧ケ岳の左側には日光白根山が存在感を示します。今回は富士山は見えませんでした。。北の方を見ると飯豊山、吾妻連峰、磐梯山など福島の名峰。素晴らしい景色を拝めました。

その後は中門岳へ向かいました。スキーのトレースが途中まであったので、それをたどりました。雪庇が着いていましたのでその上を歩かないようには注意しましたが、断崖絶壁の上につく雪庇ではなかったので慎重になりすぎたかもしれませんが・・・。注意することに越したことはないですね。

斜面を噴き上げてくる風に乗った粉雪でトレースがかき消される個所がありましたが、特に迷うようなことはない視界だったので新雪の上をスノーシューで楽しみつつ中門岳へ向かう超広い稜線を気ままに歩きました。自分の踏み跡以外に何もないきれいな雪原を歩きつつ、砂漠を歩くのってこんな気分なのかな?と思いながら中門岳へ。地形+雪面のうねりによる細かいアップダウンで意外と疲弊しつつも中門岳へ到着。展望的には駒ヶ岳山頂と大差はない感じです。

その後は駒ヶ岳へ戻り、来た道をたどって下山。特に問題ないかと思いきや、半分予想通りだったとはいえ雪の腐り具合が半端ない・・・。スノーシューがしっかりと雪をとらえるのに、その雪ごとズルっと滑って歩きにくいことこの上ありません。なんとかそのまま下山しましたが、意外と時間を食ってしまいました。

夏山の延長線上で考えてしまっていた部分があったのは反省点です。特に暖冬な今年は雪の腐り具合にも注意を払うべきでした。。とはいえなかなかの登りごたえのある行程を踏破でき、抜群の展望を楽しめたのでとても良い山行になりました。

登山中の画像
  • 駐車場
  • 登山口
  • トイレは使用不可
  • ストックとスノーシューで通しました
  • 下り時は通りませんでしたが、車道を迂回する形でトラバースする箇所がありました。
  • 登山道の様子
  • 登山道の様子
  • 登山道の様子 登り時には雪の状態は良かったのですが・・・。
  • 標高が上がるにつれ展望が開け始めます。
  • 登山道の様子
  • 山頂も見え始めます。
  • 登山道の様子
  • 樹林帯がなくなると気持ちの良い雪原
  • 最後の登り
  • 山頂。バックカントリーの方たちが準備していました。
  • 山頂。どこが最高点かわかりません・・・w
  • 燧ヶ岳、至仏山、上州武尊山
  • 日光白根山
  • 中門岳方面。斜面をそのまま下っていきます。
  • 雪庇。
  • 稜線はそこそこモフモフできました。
  • 樹氷とシュカブラ
  • ノートレースのため体力消耗は大きいのですが、誰も踏んでいない雪に足跡を付けて歩き続けるのがとても気持ち良いです。
  • もうすぐ山頂なのですが、どこが山頂かよくわからない。。GPSで適当にあたりを付けて通過しましたw
  • 自分のGPSによると大体この辺を山頂としていました。雪面は違う場所が最高点だったのでそっちも一応踏んで、と。
  • 樹氷は解け始めてしまい、水がぽたぽた・・・
  • 燧ヶ岳
  • 至仏山
  • 雪面も気温上昇によって溶け始めてました
  • 再び駒ヶ岳山頂
  • 下ります。
  • 天空のお散歩感
  • 標高が下がるにつれて日向部分の雪の腐り具合が酷いことに
  • 一番の問題だったのが林道に出る直前の急登面。ここでかなり時間を食いました。
  • 無事に登山口へ・・・
  • お疲れさまでした。
  • 駐車場へ帰着
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たぞさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    滝沢林道は水場から上は8割が雪上。小屋から山頂~中門岳は雪野原。前爪アイゼンを推奨。
    19年06月12日(水)
    原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    尾瀬ケ原では、ショウジョウバカマ、ワタスゲの花が見ごろです。鳩待峠~山ノ鼻~見晴の木道の雪は、ほとんど消えています
    19年06月06日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たぞ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年6月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...