登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
満開の木下沢梅林と小仏・景信山ハイク 景信山(関東)
img

記録したユーザー

西東京猛虎会 さん

この登山記録の行程

大下バス停(8:45)-木下沢梅林(8:55着・9:15発)-
小仏峠(10:40)-景信山(11:20着・12:00発)-
明王峠(13:10)-相模湖駅(15:10)


総距離 約12.9km 累積標高差 上り:約750m
下り:約803m
高尾の木下沢梅林が満開!との情報に、早速見に行ってきました。今回は梅林に小仏峠から
明王峠まで行き、相模湖に下る道を初めて歩きました。

JR高尾駅前は登山者でごった返している何時もの状況に小仏行バスは3台連ねての運行!
それでも全員が着席出来ないのですから、どれだけ多くの乗客が居た事か・・・・・

大下バス停で下車、ここから梅林までは10分弱。満開の梅を目当てに多くの方々が思い思いの
ポジションで撮影に没頭していました。さて、この梅林は景信山東尾根(バリエーションルート)の
取付きで、登山者を観察していたらご夫婦1組のみが東尾根へ。やはり余り知られていない様です。
梅林からは道なりに進んで小仏峠へ。この道は良く整備されています。

小仏峠からは縦走路に合流し景信山へ。山頂付近からは丹沢方向と都心方向の眺望が楽しめました。
景信山は何処から登って来たのか大勢の登山者で賑わっていました。我々も名物きのこ汁を食し
明王峠方向に進みますが、雲行きが怪しくなり明王峠で遂に小雨模様・・・・・

止むのを待っていても寒いので相模湖方向に下山します。この道は初めて通りましたが静かで
良い道でした。登山道を下りきった所が「与瀬神社」。この神社は本殿横に神楽殿も備えた
立派な神社に感動!勿論お参りを済ませて参道を下ったら「中央道」「中央線」を跨ぎ、
国道20号線の鳥居に辿り着き、つまり国道20号の鳥居から線路と高速道を跨いでの境内に
驚き!やはり行って良かった!が感想です。

相模湖駅到着5分後に上り方向の電車が入線はラッキー!早めの帰宅となりました。

次は何処で花を愛でようか計画しよう!

登山中の画像
登山画像
JR高尾駅のバス乗り場。多くの登山者が列をな…
登山画像
木下沢梅林の満開の梅です。暫し付き合い下さい…
登山画像
皆さん、思い思いのポジションで撮影しています。
登山画像
奥が景信山東尾根の取付き。
登山画像
相方も満開の梅を堪能しています。
登山画像
では出発しましょう!
登山画像
風景が春めいていました。
登山画像
この煉瓦造りのアーチ橋は明治33年に中央線の…
登山画像
小仏バス停方向に進みます。
登山画像
相方は水仙の撮影中!
登山画像
忘れてました。下車した大下バス停です。
登山画像
多くの登山者を乗せたバスが横を通って行く。
登山画像
白梅とユキヤナギ。
登山画像
馬酔木が咲いている。
登山画像
ワンコは爆睡中(笑)
登山画像
こちらは桜。もう直ぐ開花ですね!
登山画像
土筆の子が恥ずかしげに顔を出します~♪(笑)
登山画像
小仏バス停。因みにお手洗いは故障中。
登山画像
味の有るバス停です。
登山画像
この道標からスタートです。
登山画像
先を歩く相方。
登山画像
スミレも咲いていました。
登山画像
こちらはアブラチャン。
登山画像
登山口に着きました。
登山画像
良く整備された道を進む。
登山画像
小仏峠。ここでも多くの登山者が休憩中!
登山画像
で、タヌキさんにこんにちは!
登山画像
守屋さんの売店は休業でした。
登山画像
景信山に向かいます。
登山画像
この撮影スポットは有名ですね。
登山画像
山頂へ、最後の登り。
登山画像
山頂付近から大室山方向。
登山画像
こちらは蛭ヶ岳方向。
登山画像
奥が大山で、手前は小仏城山。
登山画像
そして都心方向を望む。
登山画像
山頂ではミツマタが咲き始めていました。
登山画像
今日のランチはコンビニおにぎりに、景信山名物…
登山画像
デザートはコーヒーと「イチゴクレープ」&「チ…
登山画像
チョコまで食べたらカロリーオーバーですね(笑)
登山画像
忘れちゃいけない景信山の山名板。
登山画像
賑わう山頂。
登山画像
相方は景色を堪能しています。
登山画像
午後の部スタート、陣馬山方向に進む。
登山画像
振り返っての山頂。今日は登山者が多かった。
登山画像
こんな誘惑、困るんですよねぇ(笑)
登山画像
途中の伐採された箇所から尾根を振り返る。
登山画像
底沢峠。スルーします。
登山画像
こちらは明王峠です。ここでも多くの登山者が休…
登山画像
相模湖方向に下山します。
登山画像
階段を下ります。
登山画像
その先は歩き易い道です。
登山画像
林道と交差する所。突っ切ります。
登山画像
最初の分岐です。
登山画像
この最初の分岐は相模湖方向へ進みます。
登山画像
大平小屋跡。休憩スポットですね。
登山画像
東屋(小屋)前にはしっかりと「大平」と。
登山画像
この付近の道標は「彫刻」なのに驚き!
登山画像
歩き易い杉樹林帯を進む相方。
登山画像
孫山分岐は与瀬方向へ。
登山画像
途中の展望の良い所からは眼下に相模湖。
登山画像
相模湖駅も俯瞰出来ます。
登山画像
相方も景色堪能中。
登山画像
そして与瀬神社に着きました。
登山画像
狛犬様(阿形)
登山画像
こちらは吽形。良く見ると小狛犬様まで居られま…
登山画像
荘厳なる御本殿。
登山画像
判り難いですが、本殿前の石段は急です。
登山画像
石段の先、この橋の下は・・・・・
登山画像
中央道です。奥は相模嵐山です。
登山画像
国道20号まで来ました。何とここからが境内で…
登山画像
鳥居脇の道標。駅に向かいます。
登山画像
相模湖駅前交差点を左折すれば・・・・・
登山画像
僅かな移動でゴールのJR相模湖駅です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、カップ
【その他】 アミノバイタル
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

西東京猛虎会さんの登山記録についてコメントする
  • プックルファザー さん
    西東京猛虎会さん、今晩は。

    見事な梅林ですね。梅の香りが漂ってきました。
    今日は秩父でもにわか雨が有りました。高い山々は雪の様です。
    そんな肌寒い日には、中から温めるのが一番ですが、私は、シングルモルトの「白州」が大好物です。あの幟があったら、間違いなく「登山中止」です。(笑)

  • 西東京猛虎会 さん
    プックルファザーさん、こんにちは。

    コメント、有難う御座います。

    木下沢梅林の満開の梅は見事!の一言でした。実を言いますと先月、景信山東尾根で登った
    時の梅林は「数輪」程度の開花で、辺り一面冬模様でしたが一気に春が来ました。

    景信山で丹沢方向を望むと、大室山や蛭ヶ岳は雪景色でしたので、まだまだ肌寒い。
    この日も明王峠の小雨に小さな霰が混じっていました。そんな時は体の中から温めるのが
    一番の考えには共鳴です(笑)

    この日の山頂では白州を呑んでいる人は見掛けませんでしたが、それでも周りには
    日本酒・ビール・チューハイを既に呑んでおられる登山者が多々・・・・・私達も登山中止に
    なる直前で誘惑を振り切る事が出来て良かったです。(笑)

  • ガバオ さん
    西東京猛虎会さん、こんにちは。

    木下沢梅林、素晴らしいですね~。 尾根一面が彩られて、写真から花の香りが漂ってくるようです!。
    山崎と白州の幟も気になりますが、更に気になるのが明王峠から与瀬神社への道ですね。特に与瀬神社には少なからぬご縁を感じているのですが、いい感じの狛犬がいることも分かりましたので、是非いつか歩いて見たいと思います!。

    ところで今回はマイカーではなかったようで。・・・となれば、電車に乗る前にかどや食堂で一杯かと思いましたが。。。?(笑)

  • ミーグル さん
    西東京猛虎会さんこんばんは。
    見事な梅ですね。今が最盛期といったところでしょうか。ハイクされている方もだいぶいらっしゃいますね。お昼がうまそうです。
    またレポ楽しみにしています。今週末は荒島岳まで行ってきます。

  • 西東京猛虎会 さん
    ガバオさん、こんにちは。

    コメント、有難う御座います。

    木下沢梅林の満開の梅、見事でした!当日はもう少しだけ遅出でしたら、梅林の中の散策が
    出来たのですが、どうしても午後の天気が気になって外からの撮影になってしまいました。
    梅は終盤ですが、次の春の花を楽しみたく思います。

    与瀬神社ですが、撮影した狛犬様はご本殿前で、実は街道沿いの鳥居にも別の狛犬様が
    鎮座なされ、違った楽しみ方が出来る筈ですので機会が有れば是非!

    当日ですが、実は高尾駅付近のコインPに駐車した関係で、かどや食堂には中を覘いたの
    ですが、殆んど下山後の登山者で店内がジャックされていました。

    次は立ち寄ってみたいですが、一杯が一杯になりそうな気が・・・・・(笑)

  • 西東京猛虎会 さん
    ミーグルさん、こんにちは。

    コメント、有難う御座います。

    この梅林は見事ですよね!今年の春はあちこちで梅を愛でていますが、最盛期と言う
    意味では、ここが一番でした。

    現場、何と高尾駅からタクシーで乗り付けて来るリッチな登山者グループも数組有り、
    やはりここ目当ての方が多かったですね。当日は一体何処から登って来たのか、
    景信山は人で一杯!しかも酒盛りされておられるグループも有り、下山は大丈夫か?
    と心配にもなってしまいます。

    さて、これで梅も終盤、次は花桃やカタクリ・イワウチワなど、楽しみが当分続きます
    ので、春は嬉しい意味で忙しいです(笑)

    次は荒島岳ですか!レコを楽しみにしております。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

西東京猛虎会 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...