登山記録詳細

その他
参考になった 2
雲取山/雲取山荘で初小屋泊 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

Noob Scouter さん
  • 日程

    2019年4月6日(土)~2019年4月7日(日)

  • 利用した登山口

    鴨沢   三峯神社  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:以下、時系列で記載します。
    4時47分:立川駅青梅線乗車(始発便)
    6時00分:奥多摩駅到着
    6時05分:西東京バス鴨沢西行き乗車(始発便)
    6時40分:鴨沢バス停到着

  • 天候

    初日:晴れ 2日目:晴れ時々曇り
    [2019年04月06日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
鴨沢(06:50)・・・小袖乗越(07:20)・・・堂所(08:38)・・・七ツ石小屋(09:44)・・・七ツ石山(10:30)・・・ブナ坂(10:45)・・・雲取奥多摩小屋(11:27)・・・小雲取山(12:00)・・・雲取山(12:35)・・・雲取山荘(13:10)

【2日目】
雲取山荘(06:40)・・・大ダワ(07:00)・・・白岩山(08:05)・・・白岩小屋跡(08:30)・・・前白岩山(08:55)・・・お清平(09:40)・・・霧藻ヶ峰(10:15)・・・炭焼平(10:55)・・・妙法ヶ岳分岐(11:10)・・・三峯神社(11:25)

総距離 約20.2km 累積標高差 上り:約2,471m
下り:約1,965m
コースタイム 標準:10時間5分
自己:11時間5分
コースタイム倍率 1.10
当日の山行ビデオです
https://www.youtube.com/watch?v=INBSnEyY4jg&list=PL--QO23xU0GX-oHt0mk9O1AdBaYLh45u4&index=6&t=0s

兼ねてより、小屋泊というものをしていなかったので是非経験したいと思い、思い切って今回予約からの山行と相成りました。普段、雲取山は車で小袖乗越まできてからの行って来いばかりでした。今回は小屋泊で時間に余裕ができるので、鴨沢から登って下りは三峰に抜けるルートを選択しました。

まず初めての小屋泊で、ザックの重量も初経験となる重さでした(水と食料抜きで6kgだったので、全部込みで10kgくらいにはなっていたように思います)。
さてこれまでと違い、小袖乗越までも歩いて登らなければならず、その先の堂所まででも相当ヒィヒィ言いながらの歩きでした。堂所でひと休憩入れるも、その先で肩が痛くなり、脚も一回つりました。それまでの軽装での日帰りとは段違いのしんどさでした。最初の、ブナ坂への巻き道で誘惑にかられながらも、新しくなった七ツ石神社にひとめお参りしようと頑張りました。が、最初の分岐を七ツ石小屋方面に入ったとたんに、道が部分的に崩落していました。ここは足取りに注意が必要でした。それ以外にも同じようなところがあり、どうも小屋直下での崩れが一直線にその下の路にも影響を及ぼしている感じでした。

さて小屋でひと休憩後、頑張って石尾根まで上がります。神社は本当に綺麗に直されていて、新鮮な空気感でした。参拝後はそのまま頂上まで上がり、休憩もそこそこに雲取山へ向かいます。軽いアップダウンでも、既にグロッキーな身体にはこたえました。この区間は、小雲取山までがきついですね。巻き道があるところは遠慮なくそっちを選択します。
遠目に避難小屋が見えてくるころ合いで、マラソンで言うセカンドウィンドのような感覚になり、身体がふっと楽になりました。で、山頂に着いたら休憩もそこそこに、雲取山荘めがけて北方へ下っていきます。

そこから先は初めて入っていく道でした。山頂付近の残雪に目が慣れていましたが、打って変わって雪だらけ凍結だらけの急坂がすぐに表れて、本当に同じ山かと文字通り目を疑ってしまいました。先日小屋番さんから予約の返信でアイゼンをもってくるようにと言われていたのが幸いしました。アイゼンのグリップがなかったら、きっとたどり着けなかったように思います。小屋は本当に綺麗な環境で、トイレも気持ちよくつかわせてもらえました。あと玄関近くのストーブでは色んな方々と他愛もない話が楽しく、いい思い出になりました☆

さて日曜日、三峰への下山ですが、かねてより埼玉側に持っている私の印象「秘境ではなく魔境だ」というのを一層強くするような山道でした...雪と凍結はまだよかったんですが、大ダワのもう少し先、芋木ノドッケの巻き道がマジで恐怖でした。細いトラバース道の、曲がる直前の数十センチの斜面が凍結している箇所が多く、足を滑らせたらその先の斜面をなんの抵抗もなく滑落していくのが容易に想像できました。一歩ごとにグリップを確認してから次の足を出す、また木の根っこなどつかめるものがあれば必ずつかむ、というのをしつこいくらいに徹底しました。
この区間に入っていく前段階で、「滑落注意」や「技量、装備、アイゼンに不安な人は引き返して」という看板がしつこいくらいに掲げられていましたが、これは誇張でもなんでもないということを痛感させられました。

白岩山までくれば、そのようなヤバイ箇所はあまりなかったように思います。その先、お清平までくれば雪もなくなり、そのすぐ先の霧藻ヶ峰までくればほとんど危険な個所はなくなりました。そこの人と話をさせていただくと、4月はくだんの巻き道区間で滑落が非常に多いと言われていました。下界の暖かさに騙されてアイゼンなしで突っ込んでいく人が後を絶たないようです。私は小屋への予約したタイミング、またそれによる最新情報を返信でもらえるなど、本当に幸運でした。

無事三峰神社まで下山できたあとは本当にほっとしました。同時に、日を跨いで山にいられたこと、重い荷物を背負いながらも長時間山の中で歩けたこと、経験したすべてが本当にいい思い出であり、今後への経験となりました。
しばらくは小屋泊も出来ない見込みですが、チャンスがあればまたやりたいと思います☆

登山中の画像
登山画像
ヒィヒィ言いながら山頂に到着ですw
登山画像
綺麗な山荘です。
登山画像
小屋の受付前に昼食です。
登山画像
こたつも暖かく、非常にリラックスできました。…
登山画像
山荘内、通路はこんな感じです。雰囲気があって…
登山画像
通路にスケッチが掲げられていていい感じです☆
登山画像
夜明けが美しいです
登山画像
下山路の状態です。雪がすごい残っています。写…
登山画像
芋木ノドッケからの道と合流するポイントです。…
登山画像
ふと景色が開けたところで撮影です
登山画像
三峰神社下山完了です。大分からだを酷使しまし…
登山画像
バスで西武秩父駅まで移動しました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Noob Scouterさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    鴨沢~七ツ石は、倒木などありますが通行可能です。崩壊箇所もありますので、十分な注意の上で入山を
    19年10月16日(水)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山頂付近は台風の強風で葉が落ちてしまいました。二瀬ダムから三峯神社間は現在通行止めになっています
    19年10月15日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Noob Scouter さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!