登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
高清水山・高落場山・草沼山  パワースポットの水芭蕉の縄ヶ池  富山県南砺市城端 高清水山・高落場山・草沼山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

JA9EOQ さん
  • 日程

    2019年5月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:南砺市城端の縄ヶ池の駐車場まで、林道を利用して行きます。国道304号線から「縄ヶ池」矢印の標識の通り林道高清水線に入り縄ヶ池を目指すか、今回利用した林道赤祖父線と表示のある林道を利用しました。
    道は舗装してありますが、狭いので対向車に気を付けて、退避場所等を覚えながら通行します。写真の表示の通り林道関係者のみOKとなっていますが、自己責任で行きます。国道304号線からら今年も通行止めで行けませんでした。井波町の閑乗寺公園から林道を利用して行けるはずですが確認していません。

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

繩ヶ池入口(10:00)・・「竜の背中道」入口(10:09)・・林道交差点(登山口)(10:36)・・お月様の頭(10:48)・・旧オエズコの頭(10:53)・・
高清水山(11:01~11:08)・・旧オエズコの頭(11:15)・・
お月様の頭(11:18)・・林道交差点(登山口)(11:26)・・
ひだまり峠(11:36)・・高落場山登山口(高清水山側)(11:53)・・
三方尾根(12:00)・・兜ブナ(12:11)・・登山道合流点(12:22)・・
高落場山(12:28~13:13)・・登山道合流点(13:15)・・兜ブナ(13:38)・
林道交差点(登山口)(13:52)・・草沼山(13:57~14:00)・・
繩ヶ池入口(14:34)

連休中、天気予報が変わり天気が良い日に休み重なり、どこへ行こうかと悩んだ末、3年ぶりの高清水山、高落場山へ行こうと前日寝る前に決め、今朝、NHKの「チコちゃんに叱られる」を見始めたものの、後ろ髪をひかれる思いがしたものの(髪の毛はもともとないか)いざ登山口へ

正規ルートの国道304号線から入ろうとしたものの、毎年この時期、入口には通行止めの柵、
それではと、少し戻り、林道赤祖父線から突入しました。
林道入口の看板(林道関係者以外通行禁止)を気にしながら縄ヶ池駐車場へ
沢山の山菜取りの人が林道道筋にいました。
また、この縄ヶ池駐車場へは、井波町の閑乗寺公園の手前に右に入る林道があり、この林道からも来れると思いますが確認していません。

登山道には、少し残雪のある個所はあるもののアイゼンまでは必要ありません。また、高清水山から高落場山への林道はチョット残雪が多かったです。
今回、登山者は私のほか1名のみで、高清水山は、今日の一番乗りで高落場山、草沼山は2番乗りでした。

ヤマレコやヤマップにも登載します

登山中の画像
登山画像
国道304号線から入る「縄ヶ池」に行く林道入り口…
登山画像
通行止め関係者は、柵をづらして入り元に戻して…
登山画像
林道「赤祖父線」の入口ここにも「縄ヶ池」入口…
登山画像
林道「赤祖父線」の入口白い看板の上に「縄ヶ池…
登山画像
林道「赤祖父線」の入口ただし、  「林道関係…
登山画像
縄ヶ池の駐車場駐車場は広いので、ハンググライ…
登山画像
縄ヶ池の駐車場戻ってきたら、ちょっと車両が増…
登山画像
縄ヶ池への入り口ここから高清水山への登山口へ…
登山画像
縄ヶ池の水芭蕉
登山画像
縄ヶ池の水芭蕉よくわかりませんが、桜でたとえ…
登山画像
水芭蕉来週あたりが満開ですかね?
登山画像
縄ヶ池
登山画像
縄ヶ池にある高清水山への登山口「竜の背中道」…
登山画像
「竜の背中道」からの眼下の縄ヶ池
登山画像
「竜の背中道」から見える有名な・・・・の滝
登山画像
高清水山の第2登山口「竜の背中道」を登ってきま…
登山画像
「お月様の頭」との標柱のある個所まあ、見晴ら…
登山画像
「オエズコの頭」あたり「お月様の頭」から2~3…
登山画像
「オエズコの頭」あたり高清水山方向
登山画像
「オエズコの頭」あたりから高清水山方向「オエ…
登山画像
「オエズコの頭」あたりからの景色
登山画像
高清水山山頂
登山画像
高清水山山頂
登山画像
高清水山の山頂標柱にタッチ
登山画像
高清水山山頂から道宗道の赤祖父山方向残雪があ…
登山画像
高清水山山頂からの景色
登山画像
高清水山の「お月様の頭」を降りたところから見…
登山画像
「お月様の頭」を降りたところから見える景色
登山画像
「お月様の頭」を降りたところから見える景色
登山画像
高清水山の第2登山口から高落場山へ行く林道残雪…
登山画像
林道なのか雑木林なのか残雪のため迷うなー
登山画像
林道途中の「ひだまり峠」のモニュメントかな
登山画像
こんなに林道長かったかなー行けども行けども残…
登山画像
高清水山側の登山口をうっかり10mほど過ぎてしま…
登山画像
三方尾根三差路、ここは左へ行きます。右は草沼…
登山画像
ここから始まる奇怪なブナ林が始まりますまずは…
登山画像
ぞうさんブナここからより、反対側から見た方が…
登山画像
反対側こち側の方がゾウに見えます
登山画像
ブナコブこれは、以前から変わらないなー
登山画像
うさぎブナ以前よりは見えなくなったなー、まし…
登山画像
でも、ここのブナ林はいつ来ても、なんだか楽し…
登山画像
最後は「兜ブナ」
登山画像
若杉集落跡からの登山道との合流点手前残雪が多…
登山画像
高落場山山頂
登山画像
高落場山山頂
登山画像
高落場山山頂にも三角点がないので標柱にタッチ
登山画像
高落場山山頂からの景色
登山画像
山頂定食カップ麺と安物のドリップコーヒー
登山画像
次の草沼山への行く手を阻む大木
登山画像
草沼山山頂
登山画像
草沼山三角点タッチやっとあった今日最初の三角点
登山画像
草沼山からの景色
登山画像
高落場山登山口(縄ヶ池側)左側が林道です。
登山画像
高落場山登山口(縄ヶ池側)
登山画像
途中、ハンググライダーが見えました
登山画像
私にはできない、ハンググライダー(誰もやれとは…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

JA9EOQさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

JA9EOQ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?