登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
奥多摩町の狼に会いに 御前山 御前山(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2019年5月19日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:栃寄観光用駐車場 (栃寄森の家、体験の森)
    無料、駐車台数:40台、トイレは有りません。

  • 天候

    はれ時々曇り
    [2019年05月19日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

栃寄観光用駐車場(07:58)・・・山の神の祠取付き(08:32)・・・取付き戻り(09:15)・・・江戸小屋尾根取付き(09:31)・・・九竜(重)山(10:34)・・・鞘口山(11:33)・・・御前山(12:36-13:28)・・・栃寄観光用駐車場(16:01)


総距離 約13.5km 累積標高差 上り:約1,765m
下り:約1,761m
奥多摩町にも狼が生息しているとのことで、レコを頼りに赴きました。

栃寄観光駐車場に車を止め、車で登って来た道を引き返します。
栃寄沢コース登山道入り口を過ぎ、車道が右に分岐する道が林道井戸入線となります。
特に標識は有りませんが分岐路はここだけなので迷うことはないでしょう。
ダートの道は余り利用されていない感じで15分ほど歩きますと谷側に石仏、山側に石積みの有る階段が山の神の祠の取付きとなります。
踏み跡は明瞭でしたが緑が濃くなると歩きにくくなるかもしれません。
鉄塔の左脇を過ぎ比較的急な尾根沿いを登ると標高630m付近にひときわ大きな大木の元に祠が有りました。
狼像は非常に素朴な感じで檜原村とは違った趣がありました。
踏み跡はこの先も有り、江戸小屋尾根に合流するものとも思われますが私の技量では無さそうですので、ここで引き返す事としました。

江戸小屋尾根は 954m 九竜(重)山 手前の眺望の良い場所まで急登ですが新緑の森を存分に楽しめ、その後アップダウンを繰り返し鞘口山手前の急登を登りきれば合流となります。

下山の栃奇沢ルートは自然林が良い感じで、避難小屋から急な下りが続き、その後、巨岩の沢沿いを降ります。
なお、沢は水量が少なく途中で川床に消えている箇所もみられました。

残すは奥多摩町の十二天大山祇神山の神 (不老林道の先)なのですが・・・

反省点としては御前山手前で膝に違和感が有り、下山はサポーターで凌ぎましたがダメージを受け、また出直しです。

登山中の画像
  • 栃寄観光駐車場に車を止め出発です。 この時間で2台のみ
  • 登って来た道を戻り、登山口を過ぎた右に分岐する道が林道井戸入線となります。
  • 谷川にこの石仏のある場所が目印です。
  • 山側の石段が有るある場所から山の神の祠に向かいます。
  • 急な登りですが踏み跡は明瞭に有り、鉄塔の左脇を通り、尾根沿いに登ります。
  • 朝蜘蛛の糸を払いながら進むと標高630m付近の大木の元にひっそりと祠がありました。>この先にも続く踏み跡がみられましたがここで引き返しました。
  • お目当ての山の神の祠に到着
  • 凄く素朴な彫りの狼です。
  • 左の子
  • 右の子
  • 早々に目的を達成してしまいましたが先に進みます。
  • ハンショウヅル
  • 鉄梯子の有る場所から江戸小屋尾根に取り付きます。
  • 写真では判りにくいですが急な上りが続きます。新緑に萌えましょう。
  • 954mピーク手前のこの開けた場所まで急登で、小河内ダムが望めました。
  • 954m 九竜(重)山に到着。
  • 伐採により開けた尾根沿いを進みます。
  • 江戸小屋山
  • アップダウンを繰り返し鞘口山手前で最後の急な上りです。
  • 鞘口山に到着。 一度来た場所に出るとほっとします。
  • 一番苦手な階段
  • 予定より遅れて御前山に到着。
  • 雲が出てきて眺望が望めないので、山頂を探索。
  • フデリンドウ
  • 避難小屋から栃奇沢沿いのルートで下山開始
  • 急な下りが続き、どんどん高度が下がります。
  • シロヤシオの広場なる道標を発見。徒歩10分、期待して進む。
  • 下草のシロヤシオ発見!
  • 付近を探索すれど蕾もなし。標高1100m位で期待しましたが残念!
  • 付近は良い感じの森です
  • 残念ながら立ち入り禁止でした。 休憩の予定でしたが通過。
  • 沢沿いの良い感じの場所で欲を言えば水量が欲しかった。
  • 駐車場に無事到着。おつかれさまでした。 (朝と全く同じ光景で本日の利用2台?)
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    てんてんさん、こんばんは!

    山の神のオオカミ像、行ってこられたのですね~!
    その後の九重山と江戸小屋山も歩かれ、すっかり御前山にハマられたのではないでしょうか(笑)。

    次は不老林道の十二天でしょうか、、、。林道歩きには暑さ対策もお忘れなきよう、、、レコを楽しみにお待ちしています。

  • てんてん さん
    ガバオさん
    こんにちは。

    ガバオさんの足跡を辿り、御前山を巡り山の神のオオカミに会うことができました。
    残すは十二天ですが・・・とてもガバオさんの足跡は辿れそうにありませんので、林道往復かと思いつつ楽しく悩んでおります。

    ありがとうございます。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年6月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!