登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
白砂山 白砂山 堂岩山 八間山(上信越)
img

記録したユーザー

Tatsu さん
  • 日程

    2019年5月23日(木)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:野反湖駐車場利用(無料 トイレ有)

  • 天候


この登山記録の行程

白砂山登山口(05:10)・・・ハンノキ沢(05:30)・・・地蔵峠(06:00)・・・堂岩山(08:00-08:25)・・・堂岩分岐(08:33)・・・白砂山(09:45-10:20)・・・堂岩分岐(11:25-11:35)・・・八間山(13:20-13:30)・・・白砂山登山口(14:40)


総距離 約14.3km 累積標高差 上り:約1,221m
下り:約1,223m
ハンノキ沢先に崩落個所あるが、慎重に行けば問題なし。
堂岩山手前は残雪により夏道は全くわからない。ピンクテープを当てにせず、地図とGPSで行く方がよい。

以前から行って見たかった白砂山。なんと言っても200名山だ。
山行記録を拝読すると、まだまだ雪があるようだったので、1週間あけて行ってみた。

駐車場には登山口の近くに1台。ずいぶん早い。

歩き始めて早々にマイヅルソウやショウジョウバカマ、エイレンソウが目にはいる。
例年であれば、終盤でしか見られない花たちだ。

ハンノキ沢にくると、水量は少なく、怪しげな木橋を渡る。北斜面のためか登山道に残雪のかかる箇所がいくつかあるが、全く問題はない。順調に高度をかせぎ、地蔵山をすぎ、シラビソ尾根に至る。ここから、水場分岐までの間で
1箇所、残雪が多く夏道のわかりにくい箇所がある。私は結局コースからずれてしまい、10m程藪こぎをすることになった。

水場分岐からは野反湖が一望できる。

問題はここからだった。
水場分岐から堂岩山までのおよそ700m、残雪で全く夏道は見えない。遠方まで目を凝らすと、比較的高い位置にピンクテープがある。これを目標に進んだ。その結果、コースとは大きくはずれ、結局、またもや10m程藪こぎをする羽目に。

ここで夏道が見えない場合は、ピンクテープに頼らず、地図とGPS で進むことをお勧めする。

悪戦苦闘しながらも、ようやく堂岩山に到着。一面真っ白。積雪は1m程度。ここにくるまでも同様だったが、足跡がほとんどない。または消えている。往生しました。

山行記録では、降り口に苦労したとの記述もあったが、ここは地図とGPS で難なくクリア。
降りると南斜面。まるで別世界だった。

白砂山までの稜線がくっきり見える。上信越の山々を好きな訳は、標高の割りに森林限界が低く、稜線歩きが楽しいことかな、などとあらためて思ったりもするほど素晴らしい眺め。

進み行くと、ここもまた以外に残雪が多い。アイゼンも準備したが、全行程を通じて使用せず。踏み抜きは要注意だが、稜線の雪上歩行は案外気持ちがいい。ちょっと癖になりそうだ。

直前の急登に喘ぎつつ、無事山頂に。360℃の絶景。いやー、来てよかった。惜しむらくは花には少し早かったこと。

山頂でであった方と言葉を交わす。
BCをやりにきたそうで、今年は雪融けが遅く、北斜面(私が迷ったあたり)は6月一杯雪が残りそうなので、今年は道迷いが増える、とのこと。また、ピンクテープ(特に高い位置についているもの)は、BCや雪山の人向けだそう。

その後は、順調に歩みを重ね、少ないながらも花を楽しみ、無事到着。

帰り際、富士見峠のシラネアオイの保護群生地を見て帰路についた。

不慣れな雪道を行き、久々のロングコース、青空と少ないながら花を堪能。完全燃焼の1日だった。
次こそ花を見に、雪融けを見計らって谷川岳か平標山でも行ってみよう。

登山中の画像
登山画像
朝の野反湖
登山画像
野反湖駐車場にある登山口
登山画像
まだ咲き始めのショウジョウバカマ
登山画像
ハンノキ沢渡河地水量は少なかった少々怪しげな…
登山画像
歩道が崩落しているが、ロープも設置してあり、…
登山画像
エイレンソウが咲き始めこれからのものがいっぱ…
登山画像
至るところにあるマイヅルソウもやっと蕾がチラ…
登山画像
イワナシも咲き始め
登山画像
北面の登山道は雪に覆われている箇所も
登山画像
水場分岐からは野反湖が一望
登山画像
前も 後ろも 右も 左も一面雪夏道は全くわか…
登山画像
ピンクテープを頼りに進むと
登山画像
コースからどんどん外れていく
登山画像
堂岩山山頂積雪は1m位
登山画像
これからは目指す白砂山
登山画像
この稜線を行く
登山画像
堂岩山を振り返る北斜面と南斜面では季節が違う
登山画像
シャクナゲもまだまだ
登山画像
残雪もまだまだ続く
登山画像
猟師ノ沢ノ頭から堂岩山を見る
登山画像
苗場山が顔を出す
登山画像
白砂山が近づいてくる
登山画像
ヒメイチゲ
登山画像
結構キツそう
登山画像
イワカガミもまだまだ
登山画像
コバイケイソウかな?
登山画像
あと少し
登山画像
雪融けは着実に
登山画像
山頂
登山画像
苗場山
登山画像
谷川岳(右)~平標山(左)
登山画像
谷川岳をズームアップ
登山画像
ミネザクラ?も2輪のみ開花
登山画像
オオバキスミレ
登山画像
キレイだね~
登山画像
八間山
登山画像
左に見えるは堂岩山、中央右に白砂山、奥の稜線…
登山画像
ムラサキヤシオもまだまだ
登山画像
スミレサイシンだと思うけど自信がない
登山画像
おまけ保存地区でシラネアオイも咲き始め残念な…
登山画像
おまけ車道で
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Tatsu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。