登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
尾瀬が原 梅雨の中休み (関東)
img

記録したユーザー

マチピチュ さん

この登山記録の行程

鳩待峠(05:30)・・・山ノ鼻(06:20)[休憩 10分]・・・牛首(07:00)・・・山ノ鼻(07:40)[休憩 20分]・・・至仏山(11:00)[休憩 30分]・・・小至仏山(12:10)[休憩 10分]・・・オヤマ沢田代(12:50)[休憩 5分]・・・鳩待峠(14:10)

総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約915m
下り:約915m
コースタイム 標準:6時間5分
自己:7時間25分
コースタイム倍率 1.22
雨を覚悟で夜行バスで鳩待峠に到着。五時半に山の鼻に向けて歩行開始。それほど寒くはなく薄いヤッケでOK。木道は乾いており快適に進めた。山の鼻は燕の大群が舞っていて人を恐れないのにびっくり。休憩後尾瀬ヶ原へ。木道に出ると、目の前に燧ケ岳が、後ろに至仏山がきれいに見えて素晴らしい景色だった。風もなく湖沼に逆さ燧、逆さ至仏がきれいに映っていた。葉がかなり大きくなっていたが最後の水芭蕉もちらほら見れた。ワタスゲ、カキツバタが盛期。キスゲはまだつぼみが少しといった感じ、羽化したばかりのトンボを発見。
 さて、牛首あたりで引き返し、至仏山へ。登山道は土留めの木枠で整備した階段は、どれもプール、棚状の滝つぼと化しており、足の置き場を慎重に選んで登る。森林限界からは、濡れた蛇紋岩が滑り、これまた慎重に登る。時々降りかえり尾瀬ヶ原と燧ケ岳の展望に癒されながら、ほぼ直登していく。遠く見晴らしの小屋まで望むことができ、奥に会津駒、右に白根山、左に雪が残る平が岳もきれいに見えた。蛇紋岩の大岩を過ぎると高山植物が現れ、高度を上げるにつれてお花畑が広がっていた。待望のお花が見れて、今が最高の時期に思われた。3度ほど”あれが頂上”と騙されつつ頂上へ到着。ヤマケイのコースタイムよりはかかったが、案内マップでは3時間の標準タイムだった。頂上は岩場でそれほど広くはないが、30人ほどがお昼的休憩をしていた。
 おにぎりとコーヒーで休憩後、小至仏山へ。が、前に30名ぐらいのツアーがあり、進まず時間がかかった。尾根道は岩が立っていて登り返しの景色は素晴らしい。残念ながら笠ヶ岳、谷川岳方面の展望は全くなかったのが残念。小至仏山の頂上は岩で狭く休憩はできない。他の人の邪魔になるので早々に岩を降りる。後は、下山あるのみ。大沢田代湿原で癒されながら下る。後ろから、団体が2作るかと思うと、おちおち休憩してられないと思いながらも、静かな歩きだった。前日までの予報が雨だったので、全般的に人が少なく静かな尾瀬を満喫することができ、最高な尾瀬だった。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マチピチュさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    樹木の紅葉が一層、進んでいます。ダケカンバやミネカエデやカラマツも黄葉が鮮やかです
    19年10月18日(金)
    山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    台風の影響で一部で木道が流されましたが大きな影響はありません。紅葉の葉も落ちることなく見頃となっています
    19年10月17日(木)
  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    尾瀬をはじめ山岳地では、天気の良い日の朝方ほど、放射冷却によって冷え込みます。
    19年10月04日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マチピチュ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!