登山記録詳細

沢登り
参考になった 0
裏丹沢‗神ノ川伊勢沢 神ノ川伊勢沢(関東)
img

記録したユーザー

よおいち さん

この登山記録の行程

9:00神の川ヒュッテ
10:00出発
11:00入渓
12:30大滝
16:20稜線
18:30下山


総距離 約14.0km 累積標高差 上り:約2,278m
下り:約2,276m
東北沢山行が長引く雨天により中止になり、7/13-15の連休の中でかろうじて天気がましな7/13だけで行ける日帰り++沢登りを決行することになり参加した。K一さんのプランは興味深いので期待してしまう。
いつもの集合場所に6時集合、曇り空だが全然気にならない。だって沢だし日帰り++だしぃ。
首都高は都心に向かう交通量がおおく、東名に乗ると下りが込みだす。渋滞に耐え圏央道に入り相模原でおり下道で神ノ川ヒュッテに9時過ぎ到着。各自支度を整え10時出発(かかり過ぎ?)。林道の11名でプラプラ歩いてピンクリボンあたりで沢に降りた。のは2名だけで、残りの9名はみんなは誰かの軌跡のとおり少し先のロープが岩のあたりから降りた。今井はこの時間でこの人数ならビバーク必至と覚悟を決めた。viva!ビバークッ!河原で沢靴に履き替え11時入渓。リーダーから実際に上る滝は4つで渓相が素晴らしいと説明、不安があったらどんどんロープを出すの指示。素晴らしい渓相をずんずん進んだ。まえの真琴さんのブルーのアークのザックがいいなぁと思いながら、ちゃっちゃと突っ込まないとと少し焦り気味で進むとほどなくF12段。上段はトラロープつかんでどんどん上る。ロープ出せとのことなので滝の上の土手をのぼり立ち木から30mをフィックス。ほとんどが上がると撤収して最後尾についた。続いてF2-12m 左岸を高巻きし、かまをへつり小さめの滝を超え三ノ沢、四ノ沢出合で一休み(ここで一旦集合の場所)。水分補修しエネルギーチャージして出発。トイ状滝を楽しく歩き(今回フェルトるところがところどころあってフェルトで正解かも?と内心ほくそえんでいた)二段滝にちかづくと奥には大滝っ!F3は下は右側から上段はわたって左から階段状。上がると大滝45M!「おーもいでぇーはーもーのくろ-む。いーろをつけれくれぇーえ」と心の中で叫んでメンバーをまった。ここで休憩。大滝は登らないのでF3上がったところの右側の沢を高巻きし中間ぐらいで尾根側へ登り返し谷の上部へトラバースをしながら滝の方へ。ここではニックがフィックスしていった。最後は立ち木にロープをかけてゴボウで降りた(素早い行動がいい感じ)。その後本流方面へ遡行する。このころから水の冷たさを感じ体力温存のために極力浸かるのをさけた。そのあとF5かF6も高まいて過ぎるとあと消化試合のように遡行を継続。1200m超えたあたりで小さな二俣を左にいくと水量がなくなり浮石が増えてきた。少し登って左手の尾根へあがった。そのあと尾根をつたって、ひたすら ただひたすらに稜線を目指す(沢って最後はこうなる)抜けるしかないのでぬけた。16時過ぎていた。ここで休憩。みんな疲れていたがぐったりさんはいない。これは日の出前に駐車場かも。尾根歩きはみんな快適あるき下山は18時すぎ若干日が陰ってていたが、あっちでヒル悲鳴こっちでもヒル怒号。まさにヒル祭りの様相を呈し幕を閉じた。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、シュラフカバー、ザイル、ロープ、8環・ATC、カラビナ、環付きカラビナ、クイックドロー、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ハンマー、ピトン、ハーケン、ハーネス、ヘルメット、沢登り用シューズ(地下足袋・わらじ)、沢登り用ソックス、沢登り用スパッツ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

よおいちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

よおいち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?