登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
雷鳥と歩く奥大日岳・大日岳 奥大日岳・大日岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

siroyama さん

この登山記録の行程

【1日目】
室堂ターミナル(08:30)・・・ミクリガ池(08:40)・・・エンマ台(08:54)・・・雷鳥平(09:10)[休憩 5分]・・・新室堂乗越(09:50)[奥大日までに休憩 45分]・・・奥大日岳(12:00)[休憩 10分]・・・七福園(13:10)・・・大日小屋(13:40)[休憩 5分]・・・大日岳(14:00)[休憩 15分]・・・大日小屋(14:30)

【2日目】
大日小屋(06:00)・・・大日平山荘(07:45)[休憩 10分]・・・牛ノ首(08:40)[休憩 5分]・・・大日岳登山口(09:40)

総距離 約15.1km 累積標高差 上り:約1,003m
下り:約2,388m
コースタイム 標準:10時間20分
自己:8時間5分
コースタイム倍率 0.78
 天気は、曇一時雨とあまり良くなく、剱岳等の展望はきかなかった。その分暑くなく助かった。
 室堂から出発する。コースは登りが少なく、体力的に楽だと思われた。室堂から雷鳥平に下り、新室堂乗越に向かう。乗越手前に雪渓が残っていたが、登山道があり良かった。奥大日岳からの展望はなかった。
 稜線には、花が多く咲いていて綺麗でした。また、所々登山道に雪残っていましたが、歩くには支障がなかった。
 奥大日岳下りの登山道脇で、雷鳥の親子に出合う。すぐ傍でもあまり逃げない。少しの間、見ていた。
 また、大日岳の登りで雷鳥に会う、少しの間並走す。下りでも、雷鳥に会い、登山道を、15mくらい一緒に歩く。人をあまり警戒しないみたいです。また、大日岳も展望がきかなく残念でした。
 ランプの宿大日小屋は、こじんまりしていて大変良かったです。
 大日小屋からは、大日平までは、割と急な下りでした。大日平は木道が整備されていて、木道歩きが長い。牛ノ首からも下りがきつかった。
 下山後、時間があったので、称名滝を見学する。すごい迫力でした。その後、バスで立山駅に向かい、帰路に着く。
 今回の山行は、雷鳥に祝福された登山で、とても良かった。

登山中の画像
登山画像
室堂、ガスで視界がない。
登山画像
 みくりが池
登山画像
 雷 鳥 平
登山画像
室堂方面を望む。
登山画像
新室堂乗越手前の雪渓。
登山画像
奥大日方面望む。
登山画像
2511m地点。
登山画像
奥大日岳の登山道。
登山画像
雪の残る登山道。
登山画像
奥大日岳山頂
登山画像
大日小屋の道標
登山画像
奥大日岳下りの雷鳥
登山画像
奥大日岳の下り道。
登山画像
弥陀ヶ原を望む。
登山画像
  鎖 場
登山画像
中大日岳を望む。
登山画像
  鎖 場
登山画像
七福園入口
登山画像
大日岳の雷鳥。
登山画像
大日岳山頂
登山画像
大日岳登山道の雷鳥。20m一緒に登山道を歩く。
登山画像
大日小屋
登山画像
大日平への下り道。
登山画像
 大 日 平
登山画像
大日平山荘
登山画像
 牛ノ首
登山画像
登山道入り口
登山画像
 称 名 滝
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

siroyama さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

siroyama さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雪
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年1月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?