登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
大雪山 旭岳 - 日本一早い紅葉を見てきました 旭岳(北海道)
img

記録したユーザー

opiro772 さん
  • 日程

    2019年9月17日(火)

  • パーティ

    2人 (opiro772 さん 、奥さん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・宿泊していた旭川のホテルより、約50kmで1時間弱
    ・駐車場は旭岳ロープウェイ駅舎前は有料(500円/日)、そのすぐ下は無料の駐車場となります。

  • 天候

    ・雨のち晴れ、旭岳石室より上の稜線では強風 / 11時過ぎには山頂は雲に隠れました
    [2019年09月17日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

7:08 姿見駅 - 7:34 旭岳石室 - 7:36 姿見の池 - 9:01 金庫岩(休) 9:12 - 9:15 大雪山旭岳(休) 9:35 - 9:42金庫岩(休) 9:58 - 11:05 姿見の池 - 11:10 旭岳石室 -
(紅葉散策) - 12:06 姿見駅

【コース状況】
・こちらのコースも特に危険個所は見受けられませんでした、火山礫のコースなので小さい浮き石等に注意してください。
・風向きによっては地獄谷の噴気活動により硫化水素ガスが流れてくるので、気管支など弱い方は注意が必要です。

【登山届ポスト】
・ロープウェイ姿見駅車内に登山届ポストあり、用紙も用意されています。

【感想】
前夜ホテルで準備をしていたらニュースの天気予報コーナーで「日本一早い紅葉が旭岳で始まりました」と映像とともに姿見駅から紹介されていました。
問題は天気だけ、予報では秋晴れとのことですがさて、どうなる事でしょう?

翌朝旭川のホテルを出ると小雨、旭岳へ向かう途中も雨、駐車場に着いても小雨模様。
天気予報当たってないな~と思いつつ、準備をしてロープウェイに乗車し上に向かうと所々で色づいた木々が出てきました。
姿見駅に着いても雨は降っていましたが、トイレに行っている間に急速に天候回復が始まり、雲の合間から旭岳の山容も薄く見え、外に出ると昨夜の天気予報で伝えられていた日本一早い紅葉が目の前に広がっています。

紅葉が始まった木々を愛でながら旭岳へ歩き出します、雨も降っていたのでしっとりとした紅葉に陽が差し込むと色づいた葉が輝き、違った紅葉もキレイですね。
姿見の紅葉を愛で写真を撮りながら姿見ノ池までくると雲も無くなり、秋空の旭岳と地球の鼓動を間近に感じる噴気活動を横目に本格的な登山道に変わります。
徐々に高度を稼ぐと周囲の景色も開け、本州にはない広大な山域を望め、所々でオレンジに色づいた紅葉がアクセントとなっています。
朝から風が強かったけど、金庫岩が近くに見えるあたりから更に強い風が稜線を吹き渡り時たま来る強風に煽られながらも、標高2290m北海道の主峰 旭岳山頂に立つことが出来ました!
山頂からは東側は大雪山系の山容が目の前に広がっているんだけど初めてなので残念ながら山がわからず。多分あれがトムラウシかな~?なんて勝手に思って山座同定を楽しんでおりました。
(下山して確認すると白雲岳や北海岳・黒岳で、トムラウシは全然違う方向でした)
山頂部は冷たい強風(10~15m前後)で手袋を外すとあっという間に指先の感覚がなくなってしまい、身体も冷えて来ちゃうので名残惜しいけど下山開始です。
(もう少し天候が良ければ裾合平周回も考えていたんですが...)

下山時は風が幾分遮られるニセ金庫岩あたりで秋の日差しで身体を暖め、時たま風に煽られながらも稜線を下り、旭岳石室まで降りてくれば心地良い秋風に変わりました。
その後は噴気活動展望台・姿見平の草紅葉・夫婦池から姿見駅までの散策路の紅葉を写真を撮りながら戻って来ました。

1日目は黒岳周辺の紅葉と旭山動物園を堪能、2日目はガスで視界はなかったけど十勝岳登山、3日目は文句なしの大雪山旭岳と日本一早い紅葉を堪能と充実した休暇を過ごすことが出来ました。
今回初めて北海道遠征登山でしたが、次回はまた違う山を楽しみ北海道遠征を計画出来ればと思っております。

いや~、楽しい3日間でした!

【日帰り温泉等】
・駐車場手前にある旭岳温泉の宿泊施設の数件で日帰り入浴出来ます。
・登山後の観光となると富良野・美瑛には移動時間がかかるので、旭山動物園あたりがオススメかな(夕方の方が動物が活発に活動しています!)。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

opiro772さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

opiro772 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...