登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
紅葉始まる唐松五竜縦走 唐松岳、五竜岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

VAN さん
  • 日程

    2019年9月25日(水)~2019年9月27日(金)

  • 利用した登山口

    八方池山荘   アルプス平駅  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:高速バス、バスタ新宿〜白馬八方バスターミナル
    復路:アルピコ交通バス、白馬五竜BS〜長野駅東口BS

  • 天候

    1日目:午後晴れのち山頂付近ガス。夕方晴れる。静穏。2日目:午前晴れ。午後山頂付近ガス。夕方晴れる。静穏〜冷たい南西の風。3日目:午前晴れ。東の風。
    [2019年09月25日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
八方池山荘(14:02)・・・第三ケルン(14:40)[休憩 52分]・・・八方池山荘(16:05)

【2日目】
八方池山荘(04:38)・・・第三ケルン(05:18)[休憩 50分]・・・丸山(07:18)・・・唐松岳頂上山荘(08:16)[休憩 4分]・・・唐松岳(08:33)[休憩 10分]・・・唐松岳頂上山荘(09:05)[休憩 25分]・・・最低鞍部(11:03)・・・五竜山荘(12:17)

【3日目】
五竜山荘(04:38)・・・五竜岳(05:18)[休憩 18分]・・・五竜山荘(06:39)[休憩 63分]・・・大遠見山(09:04)・・・小遠見山(10:01)・・・地蔵ノ頭(10:49)・・・アルプス平駅(11:03)

総距離 約20.0km 累積標高差 上り:約2,124m
下り:約2,440m
コースタイム 標準:13時間50分
自己:12時間25分
コースタイム倍率 0.90
仕事をサボっ… 自主的働き方改革を断行した甲斐があった。全日程にわたって好天。これ以上ない山行となった。

ルート概況
八方尾根:危険箇所なし。よく整備されていて歩きやすい。唐松山荘手前の巻道は崩落のため閉鎖中。
唐松岳頂上山荘〜五竜山荘:牛首から大黒岳にかけてクサリ場、急峻な斜面のトラバースがある。
五竜山荘〜五竜岳:本ルート核心部。険しい岩稜帯のクサリ場。クサリのない箇所もあり、初歩的なクライミングスキルを要求される。ルート上のマーキングを見落とさないよう注意。
遠見尾根:危険箇所なし。小さなクサリ場が何箇所かある。距離は長いが晴れれば後立山連峰を見渡せる。


唐松岳頂上山荘〜五竜山荘間にある大黒岳について、山と高原地図「鹿島槍・五竜岳」(2019年版)では、牛首の南2511mピークを大黒岳としているが、国土地理院地図およびヤマタイム背景地図では、さらに南に位置する2393mピークを大黒岳としている。山と高原地図の方が間違えているものと思われる。

五竜岳登頂時、夜明け前に出発したが、ルートを見失い危険な場所に迷い込んでしまった。途中で気づいて引き返したが、薄暗いなかマーキングを見落とした。

下山後エスカルプラザで入浴しようと思ったところ、週末しかやっていないとのことなので注意。

八方尾根〜五竜山荘携帯水量:水2.5L お湯0.5L
使用水量:水1.5L お湯0.5L

五竜山荘〜遠見尾根携帯水量:水2L お湯0.3L
使用水量:水1.5L

気温
1日目:八方池:17℃
2日目:八方池山荘:7℃、八方池:10℃、唐松岳:9℃、尾根上:14℃
3日目:五竜岳:5℃、五竜山荘:12℃、大遠見山:15℃、白馬五竜BS:25℃

登山中の画像
  • バスタ新宿から高速バスで白馬八方バスターミナルまで。
  • 白馬八方に到着。
  • ゴンドラリフト料金は各種割引あり。帰ってきてから気がついた…。
  • ゴンドラリフトを乗り継いで八方池山荘に到着。素泊7,000円
  • 宿泊手続きを済ませて八方池へ。
  • 山頂付近にガスがかかってイマイチ。
  • 明朝に期待。
  • 夕方にガスは晴れる。
  • 白馬村の夜景。
  • 2日目、夜明け前に出発。
  • 朝日に染まる白馬三山。
  • 完璧である。
  • 唐松岳を目指す。
  • 扇雪渓はなくなりそうなほど小さくなっていた、
  • 不帰キレット全貌。いつか踏破したい。
  • 唐松岳巻道は通行止め。
  • 主稜線にあがると眼前に立山、剱岳が現れる。
  • 荒々しい山容に圧倒される。
  • 分岐にザックをデポして唐松岳山頂に向かう。
  • カヤクグリ?
  • 五竜岳の後方に槍、穂高。
  • 黒部川と富山湾。
  • 唐松岳山頂。
  • 唐松岳頂上山荘のテント場はアップダウンが大変そうだ。
  • ザックを回収して五竜山荘に向かう。いきなり牛首の難所。
  • 標準コースタイムの1.5倍かけて慎重に岩場を抜ける。
  • これが2511mピーク。
  • 山と高原地図だと「大黒岳」になっている。
  • 国土地理院地図ではその南2393mピークが大黒岳である。山と高原地図だと近いはずの最低鞍部になかなか着かなくて混乱した。
  • 厳しい岩場が続く。
  • 五竜岳が遠く感じる。
  • 大黒岳ピークの南側にあるケルン。この辺りが最低鞍部。
  • シラタマノキ。
  • 小さな池塘にサンショウウオの幼生。
  • やっと五竜山荘に到着。
  • 朝のうちに作っておいた昼食を食べてテント設営。幕営料1,200円
  • 水は有料。1L100円。
  • テント場の夕暮れ。
  • 五竜山荘からの夜景。たぶん大町市方面。
  • 五竜岳と天の川。
  • 3日目。未明にアタックザックで五竜岳へ出発。
  • 五竜岳が赤く染まる。
  • 山頂到着。山頂は広くない。
  • 剱岳と幻想的な空の色。
  • 夜明け。
  • 影五竜。
  • 登りでルートを間違い、ここを直登しようとしていた。明るくなって帰りに見ると大きくバツ印がついてた。暗くて見落としていた。死に近づいた瞬間である。気をつけたい。
  • テント場に戻り撤収。遠見尾根から下山開始。
  • 白岳山頂。
  • 遠見尾根。長い下りでウンザリしそう。
  • 少しだけクサリ場がある。
  • ベニテングタケ(毒)?
  • 名残惜しくて、何度も振り返る。
  • 遠見尾根はリンドウ多い。
  • 大遠見山から鹿島槍と八峰キレット。いつか攻略したい。
  • 中遠見山。
  • 鹿島槍ヶ岳とカクネ里氷河。
  • スタート地点の八方池山荘が見える。
  • 後立山連峰のオールスター。
  • 地蔵ノ頭。ゴールまでもう少し。
  • リフト乗り場。400円。使わずにこの下のゴンドラ乗り場まで10分歩く。
  • 高山植物園の中を歩く。
  • ゴンドラ駅ゴール。一気に下界へ。
  • エスカルプラザで昼食。蕎麦のガレットなんぞ食す。オシャレすぎて死にそう。
  • 閑散としたペンションを見ながらバス停まで30分歩く。
  • 高速バスは満席で予約できなかったので、アルピコバスで長野駅まで行き、新幹線で帰路につく。少々高くついたが大幅に早く家に着いたので良しとしよう。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
【その他】 ヘルメット、モバイルバッテリー
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

VANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

VAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?