登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
田代山湿原・帝釈山 (猿倉登山口より往復) 帝釈山(関東)
img

記録したユーザー

O.Y. さん
  • 日程

    2019年9月27日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:猿倉登山口(南側)の駐車スペースに駐車しました。(車 30台ほど停められます)
    猿倉登山口の駐車場は北側と南側の2カ所有ります。北側にはトイレも有りました。

    ※湯ノ花温泉から猿倉登山口に至る県道350号線は登山口手前10Kmから部分舗装のラフダート道となります。急カーブ連続箇所有り、所々陥没箇所や大きめの落石も散見されました。パンクのリスクや車高の低い車は底を擦る可能性もあるためスピードは控えた方が賢明でしょう。

    県道350号線の栃木県側は全面通行止めとなっています。

  • 天候

    快晴
    [2019年09月27日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

06:57 [06:00] 猿倉登山口(南)
07:53 [07:15] 小田代
08:14 [07:35] 田代山湿原 ※休憩 4分 [20分]
08:34 [08:15] 田代山避難小屋 ※休憩 5分 [無し]
09:32 [09:25] 帝釈山 ※休憩 90分 [60分]
11:51 [11:25] 田代山避難小屋 ※休憩 4分 [無し]
12:29 [11:54] 小田代
13:40 [12:44] 猿倉登山口(南)

※[ ]は計画タイム


総距離 約9.4km 累積標高差 上り:約1,025m
下り:約1,025m
【コース状況】
国立公園内の為か全体的に整備された登山道で歩きやすいです。
湿原内や登山道に木道もあります。
帝釈山手前からは岩場の急登でハシゴ場が2カ所ほどあります。


【周辺情報】
帰路の途中の国道400号線沿いにある「塩原温泉 華の湯」で入浴。
大人一人 ¥700でした。
猿倉登山口から80分ほど (約60Km)
無色透明のお湯で肌がツルツルになります。

※次回は湯ノ花温泉や木賊温泉に立ち寄ってみたいと思います。


【感想】
到着時、猿倉登山口の先客は1名のみでした。登りはじめて直ぐに下山してきたおじさんとすれ違い少し会話。前日に避難小屋に泊まり天体撮影をしてきたとの事でカメラ2台と三脚2台、シュラフ等々かなりの重装備でした。どうやら停まっていた車はこの方の物のようでした。

木々の紅葉はまだまだ(先ほどのおじさんのお話しだと例年よりも遅れているとの事)でしたが草紅葉は見頃が始まっている印象でした。

平日だった為か、帝釈山手前まで誰とも合わず早朝の田代山湿原を一人占め出来ました。また、帝釈山山頂からは会津駒ヶ岳や燧ヶ岳、日光の山々など360°の大展望を満喫出来ました。殆どの方は馬坂峠から登られているようで、猿倉登山口からの入山者は僕だけだったようでした。

久々の秋晴れ予報で前日まで栃木の高原山 (釈迦ヶ岳・鶏頂山)か悩みましたが、結果としてこちらを選んで正解でした。

登山中の画像
  • 本日の朝飯。 孤独のグルメ in 上河内SA下り 「特性ダレ焼肉定食」¥800
  • 本日の山行のスタート & ゴール地点。 数100m手前の北側駐車場にはトイレも有りました。 平日の為か自分も含めて2台のみでした。
  • 到着してから知ったのですが、ここも尾瀬国立公園だったんですね。
  • 登山口の案内図。
  • 整備された木段で歩きやすいです。
  • 登りはじめて直ぐに水場があります。
  • 急登が終わって一気に視界が開けると木道が現れます。
  • 小田代に到着。 小田代から100mほど登れば田代山湿原です。
  • 田代山湿原に到着しました。 湿原内の木道は反時計回りの一方通行となっています。
  • 青空を映す弘法沼。
  • 田代山山頂です。 木賊温泉への分岐でもあります。
  • 草紅葉が進んだ田代山湿原。
  • 木々の紅葉がまだまだだったので、綺麗な赤がとても映えます。
  • 草紅葉と緑、青空のトリコロール。
  • 木道途中の分岐。
  • 立派な弘法大師堂(避難小屋)。
  • 内部も綺麗です。 弘法大師像が祀られています。
  • 新しいトイレ。とても綺麗です。
  • 熊の目撃情報有り。 熊鈴 ヨシ!
  • 避難小屋脇から帝釈山を目指します。
  • 鬱蒼とした樹林帯。
  • 綺麗な木道が整備されています。 途中で林業関係者の方が登山道整備をされていました。お疲れ様です。
  • 帝釈山手前のハシゴ場①。
  • 帝釈山手前のハシゴ場②。
  • 帝釈山山頂に到着。 広い山頂で360°の大展望です。昼休憩としました。
  • 帝釈山山頂にて一枚。
  • 帝釈山山頂より燧ヶ岳。
  • 帝釈山山頂より日光白根山。
  • 帝釈山山頂より左から会津駒ヶ岳、大戸沢岳、三岩岳。
  • 帝釈山山頂より日光連山。
  • 再び湿原に戻ってきました。
  • 厳しい環境なのか枯れ木も目立ちました。
  • 緑と赤のコントラストが綺麗です。
  • 開放的な湿原の景観を満喫できました。
  • 青空にポツッと雲がひとつ浮かんでいました。
  • 田代山湿原より高原山。 ハンターマウンテン塩原スキー場の斜面も見えます。
  • 火の用心の看板。 三井の井桁マークが付いています。
  • 帰りに水場に立ち寄りました。
  • 綺麗な水で冷たくて美味しいです。 コップもありました。
  • 登山道入口の沢。
  • 猿倉登山口に無事到着、お疲れ様でした。 結局、猿倉登山口から登ったのは僕だけだったようです。
  • 塩原温泉 「華の湯」にてサッパリしました。
  • 塩原街道沿いの無料駐車場にて小休憩。 天狗岩です。紅葉の時期に来てみたいです。
  • 帰りの晩飯。 孤独のグルメ in 上河内SA上り 「うわさの唐揚げ定食」¥850 食後のデザートに「とちおとめソフトクリーム ミックス」も頂きました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、GPS機器、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

O.Y.さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    滝沢登山道支障なし。ハクサンコザクラ咲き始め。7/1より感染症対策して営業中。宿泊は要予約
    20年07月02日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

O.Y. さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!