登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
秋の白馬三山縦走 (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ウマウマ さん
  • 日程

    2019年9月26日(木)~2019年9月28日(土)

  • 利用した登山口

    自然園駅   猿倉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:栂池ゴンドラ横駐車場(有料:¥500/日)
    トイレ有り
    ゴンドラ+ロープウェー(片道:¥1920)で登山口へ

  • 天候

    初日:晴れ、2日目:晴れ,3日目:曇り
    [2019年09月26日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
自然園駅(08:50)・・・天狗原(09:47)[休憩 10分]・・・白馬大池山荘(11:20)[休憩 30分]・・・小蓮華山(13:15)[休憩 10分]・・・三国境(13:57)[休憩 10分]・・・白馬岳(14:47)[休憩 25分]・・・白馬山荘(15:20)

【2日目】
白馬山荘(07:00)・・・白馬岳(07:10)[休憩 30分]・・・白馬山荘(07:48)[休憩 10分]・・・村営頂上宿舎(08:06)[休憩 10分]・・・杓子岳分岐(09:01)[休憩 30分]・・・鑓ヶ岳(11:02)[休憩 60分]・・・鑓温泉分岐(12:24)・・・白馬鑓温泉小屋(14:10)

【3日目】
白馬鑓温泉小屋(06:25)・・・小日向のコル(07:51)[休憩 15分]・・・猿倉(09:50)

総距離 約22.8km 累積標高差 上り:約2,340m
下り:約2,934m
コースタイム 標準:15時間50分
自己:13時間5分
コースタイム倍率 0.83
初日:栂池高原からゴンドラとロープウェーを乗り継いで登山口のある自然園駅へ。約25分間、登山前の空中散歩。ビジターセンター横が登山道入口。登山開始早々階段状の急な登り。天狗原まで約1時間、水はけの悪い登山道をひたすら登る。後半に水場が現れると間もなく木道に変わり天狗原に着く。この時期の天狗原は紅葉一色のハズだが、今年は気温が高く殆ど色付いていなかった。それと台風のせい?、色付いてる葉はくすんで今一の色合い。期待していただけに非常に残念。天狗原一帯は平坦な木道だが、乗鞍岳へは安山岩の積み重なる急登。1時間ほど登りつめると乗鞍岳の平坦な台地に変わり、大きなケルンのある山頂に着く。山頂から白馬大池までは白馬大池を眼下に見ながらの緩やかな下り。ただ石がゴロゴロしていて歩き難い。大池を左手に眺めて30分ほど下ると白馬大池の標柱、目の前には白馬大池山荘がある。山荘の前はキャンプ指定地で広々とした平坦な場所。ベンチもあり、景色も良くて休憩にもってこい。白馬大池から先はハイマツ帯を抜けると雷鳥坂の広い尾根に出る。ここからは白馬岳への縦走路で、ザクザクした眺めの良い稜線を緩やかに登りながら、船越の頭、小蓮華山、三国境と辿り、最後にヤセ尾根の馬ノ背を過ぎれば白馬岳山頂。山頂は360°の大展望。山頂は比較的広いが、長野側は切れ落ちているので注意。山頂より10分ほど下ると日本最大の山小屋、白馬山荘。
2日目:白馬岳を往復し、杓子岳、白馬鑓ヶ岳を目指す。杓子岳・白馬鑓を目の前に眺めながら山荘を15分ほど下り登り返して丸山へ。丸山からは正面に立山・劔が望めるようになる。杓子岳分岐までジグザグに下り杓子岳分岐で頂上を目指す。10分ほどの砂礫の急登で頂上。杓子岳標柱があり、360°の展望。白馬岳から来た登山道、目指す白馬鑓への登山道が見渡せる。白馬鑓側の杓子岳分岐まで下って杓子岳巻き道と合流し鑓ヶ岳鞍部に下る。登り返しで小鑓まで急登だが、その後は山頂まで広い尾根歩きで気持ちが良い。白馬鑓山頂は360°の展望。五竜や鹿島槍が見え、目指す鑓温泉までの道のりも見える。山頂は結構広いので景色を見ながらの休憩に良い。山頂から急なガレ場を30分ほど下り鑓温泉分岐、左に折れて更に下り鑓温泉へ。鑓温泉まではひたすら下りで、大出原を過ぎるとクサリが多くなるので要注意。雪渓が見えてくると硫黄泉の匂いが漂い白馬鑓温泉小屋が見える。
小屋宿泊、温泉良し、食事も最高。山に来て生野菜が食べれた。ただ枕が無かった。
3日目:小屋からテント場を横切り、苔むした滑りそうな斜面を下り、いくつかの沢を越えながら小日向のコルまで下る。登り返すと背後に宿泊した小屋が斜面に建っているのが見える。登りきるとあとは登山道を折り返しながらひたすら下りるだけ。
最終日は曇ってしまったが、二日間天気に恵まれ最高の稜線歩きが出来た。ただ初日はキツかった。交通機関がもう少し早いのがあれば、もっとゆっくり出来た山旅になったのだが。

登山中の画像
登山画像
天狗原
登山画像
白馬乗鞍岳
登山画像
白馬大池
登山画像
三国境
登山画像
白馬岳山頂
登山画像
白馬岳と白馬山荘
登山画像
杓子岳山頂
登山画像
白馬鑓ヶ岳山頂
登山画像
白馬鑓温泉
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ウマウマさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    7/15から営業再開(宿泊要必要)。大雪渓は落石要注意(アイゼン+ピッケル必要)
    20年07月08日(水)
    唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    7/15から営業。ただし宿泊テントとも要予約(予約方法はHPを必ず参照のこと)。
    20年06月25日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ウマウマ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。